今日はブルース・リーではないの?


北海道のお客様


北海道は帯広から沢山のお客様が来られちょりました!大型バスから降りられてきて開口一番、「ありゃあ!?今日はブルース・リーの格好ではないの?」


「....................................。」


どんな情報を聞いて竹虎に来られちゅうがやろうか?


竹虎四代目


いっつも、こんな格好やと思うちょりました?いや、待ってちや......そう言うたらこんなページがある!こんな自己紹介ページやったら仕方ないにゃあ、ははは。


まあ、それはさておき、南国土佐と北海道いうたら随分と離れちゅうは離れちゅうけんど、帯広やら、十勝じゃあと聞きますと、どうしたち学生時代に自転車で北海道一周した時の事を思いだすがぜよ。今はどうか分かりませんけんど当時は帯広には、ワシらあみたいな旅行者のために無料で宿泊できる施設があったちや。そこでは全国から集まった思い思いの旅人たち...。徒歩の人がおる、自分らあと同じ自転車もおる、バイクもおれば何と、三輪車で周りゆう強者がおったがじゃあなかったろうか?


帯広あたりは、旅行の後半に差しかかっちゅうきに疲れもたまっちょりました、それでも地平線のつづく十勝平野を走りぬけ日高山脈を越える日勝峠やったろうか?ここは急な坂道で曲がりくねった道が続いて山越えは、まっこと(本当に)キツかったちや。汗まみれになって峠で休んだ後、道路脇に清流が流れよったきに服のまま仲間と飛び込んだがです!ああ、懐かしいちや。


竹虎本店


そうそう、卒業して高知に帰ってきてからも北海道の北見市には何回か行きよりましたぞね。高知市と姉妹都市という事でデパートの催事があったがです。ほんで来られたお客様が「ええっ!?竹!!!」と、驚きますきにこっちがビックリして聞いたら、北海道には竹が無いという事を、その時初めて知ったがです。


けんど、今回お越しいただいた皆様も日頃は竹に触れることもあんまり無いようで日本唯一の虎竹をこじゃんと関心を持ってご覧いただき、工場の作業風景では今までこんなに、いっぱい写真撮られた事はあったかしらん?言うばあデジカメや携帯、ビデオで撮っていただいたがです。帯広は最低気温が2℃という事やき高知では半袖やった皆さん、帰ったらびっくと寒かったがやないですろうか?













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/24862

« 竹ねり2011年 | Main | 大規模竹炭工場 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.