虎竹花籠に投げ入れ


虎竹花籠


花は、まっことエイもんですちや。ほんの一輪で心が和む部屋の空気も優しくなってくる気がしますぞね。たまたま花材がありましたきに、手近にあった虎竹の花籠に投げ入れしてみたがです。竹の花籠は、ただそれだけで置かれちょっても今ひとつピンと来ないものちや。


けんど、どうですろうか?こうやって花が入ったら、途端に花籠もイキイキと息を吹き返したように見えるちや。花活けをして、いっつも思うのは籠は名脇役にならんとイカン言う事ぞね。


竹籠だけを並べて、その編み込みの素晴らしさや形の優美さを誇ることもエイですけんど、花を活けて引き立て役になった時の籠の美しさに勝てますろうか?竹は地面の下で手を握りおうて助け合うて生きちょります。誰かと響き合うことには、こじゃんと長けた植物やき、花活けにしても自然に一つになれるがぜよ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25419

« 雑誌「野菜だより」に掲載いただいた竹籠 | Main | 9月1日の「ザ!鉄腕!DASH!!」をご覧ください。 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.