新品の竹皮草履


竹皮草履


長く愛用した竹皮草履が履けなくなったがです。前ツボが外れただけやったら何とか修理もできますけんど、先端部分の編み込まれた竹皮まで少しほどけてきちょりました。それでも、毎日毎日、靴から履き替える度ずっと履き続けちょりましたが、ついに力尽きたがですろうバラバラ...と、細く短冊状になった竹皮がほどけてしもうたちや。


たまたま竹皮草履の男性用をあまり製造していなかった事もあって、ちっくと品薄でしたきに数日は普通のスリッパで過ごしよりました。けんど、やっぱりイカン。改めてしみじみと感じましたぜよ。竹皮草履の気持ちのエイ履き心地が染みついた足にはどうしても我慢できんがです。


「足が、もう限界にきちゅうきに...」


職人さんに男性用を急いで編むようにお願いしましたぞね。そして、昨日ようやく出来上がった草履を履けるいつもの平穏な毎日がやってきましたちや。大袈裟なようですけんど、ずっと愛用し続けゆう方やったらお分かりいただけますろう。


けんど、真新しい竹皮草履というがはエイにゃあ。足を入れた時に、ピシッとして前ツボのワラの高さがあったり、形が足に馴染んでなかったり、久しぶりの新品の草履の感触を楽しみましたぜよ。昨日の今日やけんど早から足に馴染み始めちゃある。もう明日には自分の右足、左足それぞれに寄り添うようにフィットするようになってくるがぞね。まっこと、竹皮草履の凄さに感服するがです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25519

« 足元キラリ、竹林の地下足袋 | Main | 気むずかしい竹炭窯 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.