虎竹コースター


虎竹コースター


日本唯一の虎竹は、まさに虎のような模様が竹の表皮に入った竹ながです。まだら模様になった柄のデザイナーは虎竹の里の大自然。人の力の及ばない天然の柄をそのままに楽しむのには、竹を細く割って竹ヒゴにするのではなく少しくらい幅広に割った竹をそのまま使用するのがエイがです。


今回新しく作りました虎竹コースターも淡竹の仲間で、それほど太い竹が多いとは言えない虎竹を使い出来るだけ幅が細くならないよう、それでいて丸みの部分が残らず、カップを置いた時に安定感があるようにフラットになるように竹を割っちょります。上側部分が竹を縦に並べるとしたら、ウラの下側面はクロスになるように横置きにならべて上下の竹を貼り付けて仕上げられます。こうする事により歪みや反りを極力抑えたコースターになるがです。


日によっては何倍もコーヒーを飲む事もありますけんど、ずっと前からこの虎竹コースターにカップを置いて使うてきましたぞね。自分の使いゆうものは虎竹そのままの色合いですけんど、いよいよ今回、皆様にご紹介できるようになったコースターには、ちっくと深みのある色合いが欲しいにゃあと思いまして職人さんにお願いして漆で仕上げて頂くようにしたがです。

ご家庭の食卓や、会社のデスクが、ちっくと温かい雰囲気になるがではないですろうか?お茶の時間はホッとくつろぎ、和らぐ大切な時ですのでこんな名脇役がおったら、こじゃんと楽しくなると思いゆうがです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25555

« 田辺小竹さん「水の恵み」 | Main | 織田作之助の大阪 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.