雑誌「Free&Easy」和風アクセの男前活用法


雑誌「Free&Easy」


雑誌「Free&Easy」9月号に掲載いただきましたぞね。まっこと、いつも雑誌社の皆様には竹虎のような田舎の小さな竹屋にお声掛けいただいて、社員はおろか、山の職人や地域の皆様を代表して、こじゃんとお礼を申し上げたいがです、ありがとうございます!


さて、この雑誌様は確か8月号にも白竹八ツ目手提げかごを取り上げていただいたばかりながですが、今回の拍子に「DAD'S STYLE」と書かれてちゅうように、感度の高い男性向けのファッション誌であり、有名な海外ブランドというよりも自分の目で品質を確かめ、自分らしい魅力的な生き方をしていく提案が多いように思います。


雑誌「Free&Easy」虎竹手提げ籠


そんなファッション誌ですので和風アクセのと男前活用法などという他ではあまり見ることのない特集があるがですろう。ジャパンブルーと呼ばれる日本の藍色コーディネイトに、白山眼鏡店のメガネ、そして虎竹の手提げ籠。むむむ、悪くない。


特に白山眼鏡店は、昔から好きな眼鏡店で、学生の頃には、目も悪くないのに梅田に出るたびに店に立ち寄ってました。最後はにわざわざ東京までメガネを見に行った事もあるくらいぜよ。大阪とは、また違うお洒落な雰囲気に気後れして店に入ったものの、高価なものばかりで一本も買うことができず帰ってきたのも懐かしい思い出ですけんど、そんなメガネと竹虎の手提げが、何十年も経って一緒に雑誌にのるとは、まっこと嬉しいものですにゃあ。


ただ、一点、ちっとくモノ言いいたい事があるがぜよ。和風アクセの男前活用法という事やったら都会の格好の良いモデルさんも、もちろんエイろうけんど、和風のモデルと言えば、どうぜよ、この土佐の高知におりますろう?


竹虎四代目、虎竹手提げ籠,作務衣,さむえ,SAMUE


今度の撮影ではオファーを待ちよりますぞね(笑)。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26034

« 「世界でまとう虎斑竹」今朝の毎日新聞掲載 | Main | ベランダでも土用干し »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.