洗濯竹籠(角)のある暮らし


洗濯竹籠(角)


この脱衣籠は本当に美しいのです。もともと楕円形に編まれる米あげざるだった竹籠を出来る限り角ばって製作したいと思い、随分と職人さんには骨を折ってもらっていますがその分他には見ることのない脱衣籠となっちょります。


洗濯竹籠(角)


底に力竹のように見える幅広の三本竹は重たくなった竹籠を片方を持ってズルズルと引きずりながら運ぶ際の滑りを考えた工夫です。もちろん今でも農家さんでは実用品としても使われることのある竹細工ではありますがさすがにこれだけ丁寧に仕上げられた籠は外で乱暴に使うことはできません。


洗濯竹籠(角)


生真面目な職人の手仕事が伝わってきそうな素朴な温もりを感じる竹の脱衣籠、こんな竹のある暮らしで、ちっくと豊かな気持ちになってもらいたいと思うがです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26585

« 台湾からの訪問団 国立台湾工芸センター | Main | 国産青竹踏みのこだわり »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.