四種類の竹抱き枕


竹の抱枕


それにしてもニューヨークは毎日すごい日差しが照りつけて暑かった。空気が乾燥していて過ごしやすいと良く聞きますがいやいや滞在中は湿気も高くて南国高知の真夏ぐらいの感じやった。そんな猛暑にまだ身体が慣れていないのか、ちっくと(少し)目眩を覚えそうでしたが、実はまだ太陽がカンカン照っているうちは良いのです。これが、これからの雨続きの梅雨時になりますと更に不快指数はウナギのぼりとなり、ジメジメ、ムシムシの蒸し暑く寝苦しい夜がやってくるのです。


竹細工はひとつひとつ竹材の用意から完成まで手仕事で時間がかかるものばかりです。なので、まだまだ夏の事など考えもしていない春先から試作をして用意していた竹抱き枕は今年のは四種類にバリエーションも増やしちょりますぞね!


真竹抱き枕


例年の白竹抱き枕六ツ目70センチからご要望をいただいておりました長めの100センチサイズが新登場です。さらに、真竹の磨きの竹ヒゴを使い弾力を活かすことにこだわった長さ100センチサイズの抱枕が今年の人気となりそうな予感。本格的な夏到来の前にご用意しとうせよ。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26613

« 42年前の腕時計、SEIKOファイブアクタス | Main | 虎竹ミニトング »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.