バンブードームの夜 in bambu indah


bambu indah、John Hardy、James Stark、竹虎四代目


実は今回急にバリ島にまでやってきたのはJohn Hardyさんに会いたい一心やったのです。もちろんGreen schoolの竹建造物や竹工場は知っていましたので、どうして拝見したいと思いやってきましたが、後のgreen villageや、ここbambu indahは元々よく知らずにやって来ました。なんの予備知識もなかったから余計に感動があったのかも知れません。


bambu indah、バンブーインダ


竹虎では「竹のある暮らし」を皆様にご提案していますが、bambu indahを一言で表現するなら「竹のある楽園」です。こんな美しい緑の中に調和したモダンな竹が現れる、それが次から次へとだから自分など頭がついてきません。けんど、心は素晴らしいです。のびのびと竹の世界に解き放たれて感じている、だから本当に夢かと思うような場所なのです。


bambu indah、竹の橋


この竹の橋の曲線は何だろう?すべて竹で出来た構造物です、思わず座りこんでしまうのです。


green village、竹の橋


確かgreen villageにも大きな橋がかかっていましたが、竹素材を使用しながら形は全く違うものでした。Green school, green village, bambu indahを通して、そう言えば同じ建物や形がありません。すべて違う、そして、それぞれが素晴らしい。これも竹が教えてくれる事ですろう。


bambu indah、竹テーブル


この竹テーブルの脚をご覧ください。竹節をここまで芸術的に見せてもらうと自分が竹の表情を何一つ知らずに来たのではないか?とさえ思わされてしまいます。


bambu indah、竹テーブル


そして、竹テーブル。


bambu indah、竹テーブル


ガラスを一つ一つ竹節に合わせて削ってはめ込まれています。あまりの格好良さに声が出ないのです。


bambu indah、John Hardy、竹虎四代目(山岸義浩)


ふと「今夜ここに泊まっていけ」John Hardyさんが言うてくれました。指さしているのは山の上のバンブーテント。


bambu indah、バンブーテント


そこからは見えませんので、この時には一体どんな所なのか分かりませんでした。しかし、せっかく言うてくれているので予約しているホテルをキャンセルして泊めていただく事にしたがぜよ。そもそもバリには2泊しかしないので、その日が最後の夜だったのです。


John Hardyさんが言うから何かあるのだろう。バンブーナイトが始まります。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26704

« John Hardy氏の竹工場 | Main | バンブーナイト in bambu indah »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.