信じられない根曲竹の玉入れ籠


根曲竹玉入れ籠


これは、かなり珍しい根曲竹で編まれた玉入れ籠、恐らくご覧になられるのは初めての方ばかりではないかと思っています。根曲竹というと、その強さから様々な実用性の高い籠に使われてきましたが材料の関係からこのような大振りな籠はあまり製作されていません。


竹材の調達は昨年の内にすべて済ませていますので、どうしても欲しくて特別に編んでもらったものの2個しか出来ません。玉入れ籠用としては2個セットで使わねばなりませんが、1個はお客様にご紹介させていただき残ったひとつ自分の観賞用として手元にひとつは置いておこうと思っています。


根曲竹玉入れ籠


素朴な感じがどうにも格好が良いので手近で使えないかと思案していましたところ、チリ箱や雑誌入れにはサイズ的に大きすぎるのですが逆さにしてみると根曲竹のしなやかさと強さが活きてきます。高さが45センチですので仕事場の机の横におくサイドテーブルにピッタリです。書類など軽めのものはもちろんですが、重量のあるバックなどでも、さすがビクともしないのです。雪に鍛えられた根曲竹の強さを改めて感じる贅沢な道具となりました。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26848

« 竹製の電気自動車「竹トラッカー」危機一髪 | Main | Manzanillo(マンザニーロ)からXalapa(ハラパ) »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.