リニューアルした竹ティッシュケースについて


竹ティッシュケース


竹の集成材を使った竹ティッシュケースをリニューアルしました。集成材は竹を貼りあわせて一枚の板状にしたものを加工できるので丸竹材からは製造しづらかったものが可能になり竹製品に幅ができました。新しくするにあたり少し重厚なものがよいかと思って、竹板の厚みを9ミリで試作してもらいました。


竹ティッシュケース


このような竹製品は、出来あがった状態も目にとまったり手にとったりする部分では大事ではありますが、一番大事なのは使い勝手なのです。持った時にやや重みのあるのが気になりましたが、なるほど中身のティッシュボックスを入れて使ってみますと重量があるだけに安定感があります。


竹ティッシュボックス


しかし、室内でも持ち運ぶこともありますし、この重さは少し問題かと思いました、測ってみると720グラムあります。そこで6ミリの竹板に変更して同じサイズで作ってみますと重さは約460グラムまで軽くなり快適にご愛用いただけるようになりました。女性の方でも、お年寄りの方々でもストレスなくお使いいただける重量感です。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26859

« 土佐網代(とさあじろ)の籠をお楽しみに | Main | 価値ある細き山道 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.