「関ジャニ∞クロニクル」で横山さん、安田さんが走ったように...!


世界竹会議、World Bamboo Congress


東京に遅れること2週間、一昨日地元高知で放送された「関ジャニ∞クロニクル」で自分が力を入れて説明していました「WBC(世界竹会議)」には、さっそく親族からも問い合わせが来ています(笑)番組の中でもお話しさせてもらいましたが、日本ではあまり知名度がありませんので「WBC」と言えば、World Baseball Classicなど野球かボクシングかと思われる方がほとんどです。


しかし、竹しか知らない自分が「WBC」と言う時の「B」は、「Bamboo」の「B」、「World Bamboo Congress」つまり「世界竹会議」なのです。世界竹会議とは、3年に1度世界各国持ち回りで開催され、地球規模で500名もの竹関係者の集まる世界大会であり、竹のオリンピックみたいなものです。


世界竹会議、World Bamboo Congress


今回、8月にメキシコ・ハラパで開催される第11回世界竹会議(11th World Bamboo Congress Mexico)に日本人として只一人の基調講演のため竹虎四代目が登壇させていただく事になりました。そこで、せっかくの機会でもあります、日本代表の気概をもって行くのであれば世界から集まる竹人達にもテレビの中で関ジャニ∞の横山さん、安田さんが横浜中華街を走られたと同じように、日本唯一の虎竹で製作した電気自動車竹トラッカーを見てもらい、一緒に乗ってもらって乗り心地の良さと、竹の可能性を体感いただきたいと考えているのです。


番組では写っていませんでしたが中華街を走り終えたお二人の興奮さめやらぬお顔、「いや~!楽しかったわ!」と言われる歓喜のお声が忘れられません。行ったこともない異国の地ではありますが、きっとあのような笑顔に会えるのだと思うとワクワクしてきます。


マンザニーロからハラパ


ところが、ひとつ問題があります。


それが竹トラッカーの運送費用です。コンテナを貸切り日本から遠くメキシコはマンザニーロの港まで船に輸送し、その後はメキシコ国内を世界竹会議の会場であるハラパまで1000キロの陸送です。往復にかかる費用が何と302万円!この運送費用を捻出するために竹虎ではクラウドファンディングを準備しようとしています。


竹トラッカーと竹虎社員


皆様!日本で此処でしか成育しない不思議な虎模様の竹と100年向き会い、守り続ける田舎の小さな竹屋を応援いただけませんでしょうか!?世界から集まる竹人達を、たった700人しかいない小さな虎竹の里の竹でアッと言わせたいのです。クラウドファンディング「世界竹会議メキシコ出場決定!日本唯一の虎竹電気自動車で世界中の人を乗せて走りたい!」近日公開予定です。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26897

« 高知県の皆様お待たせしました!本日放映さんさんテレビ「関ジャニ∞クロニクル」 | Main | 35年生、飴色手提げ籠バック »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.