第11回世界竹会議メキシコ(11th World Bamboo Congress )、世界竹大使とは?


世界竹大使(World Bamboo Ambassador)


世界竹大使(World Bamboo Ambassador)とは具体的にどのような事をするのか実はあまり知らないのですが、この世界竹会議メキシコでの基調講演を契機にこのような役目を頂戴する事になりました。社員には、「自分達は虎竹のエバンジェリスト(Evangelist=伝道者)」だと常々言ってますので、もしかしたら同じような事であり、それが国際的になったのかなあと理解しています。


柴田昌三先生、竹虎四代目


今回の竹会議には、世界50カ国近い国と地域から竹専門家が参加されていましたが、現在、世界竹大使(World Bamboo Ambassador)は世界に45名おられて、日本には国際竹類協会理事、日本竹文化振興協会理事長でもあられる京都大学の柴田昌三先生が只一人の世界竹大使として竹を発信し続けて下さっています。


第11回世界竹会議メキシコ(11th World Bamboo Congress )


国や地域、人種、言葉の壁を越えて、これだけ竹に関心が高い方々が集まる機会はそうありません。


第11回世界竹会議メキシコ(11th World Bamboo Congress )


まさに竹の根が地中で縦横無尽に繋がっているように、竹に志を持つ方々が国際的なネットワークで手を結ぶというのは素晴らしい事だと思いますし、代表をされているフランスのMichel Abadieさんにも、アメリカのSusanne Lucasさんにも「竹の心」を感じています。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27076

« 伝統の箕作りに伐り倒された棕櫚の木 | Main | 蟹江一平さんが虎竹の里にやって来た!NHK旅番組「ぐるつと四国 軽四キャンピングカーがゆく」 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.