春の行楽にカジュアルな籐かごバッグ


籐手提げ籠バッグ


籐(とう)は日本にはない植物ですので籐細工の材料として主にインドネシアなどから輸入されています。しなりがあり、軽くて強いという特性を持つていますので、家具などにも多用される素晴らしい素材です。


数年前までは、このナチュラルな籐を使った昔のお母さん方が買い物に愛用していたような手提げ籠バッグがありました。非常に腕のよい職人さんでしたが、お仕事ができなくなってからは竹虎ではずっと欠品だったのです。しかし、あれから何年も経ってようやく綺麗な籠を編む職人さんが現れ籐買い物籠が復活しました。


籐手提げ籠バッグ


以前の籐手提げ籠バッグとの一番の大きな違いは二本になった持ち手部分です。デザイン的にも格好が良く、耐久性もアップして言うことなし、これからの春の行楽シーズンに外にお出かけする機会も増えるのではないでしょうか?物の出し入れがしやすく、丈夫で自然な色合いの籐手提げ籠バッグなら、もっと気軽にお花見も楽しめそうです。


籐手提げ籠バッグ


ナチュラルな細工に対して、籐素材を染めてから編み込む染籐のバッグは落ち着いた感じでお洒落にお持ちいただく事ができます。一見どこにでもありそうな籐の籠ですけれど、サイズ感が絶妙で、奧行きがキリッと引き締まっていてシャープにお使いいただけます。


籐手提げ籠バッグ


熟練の籐職人が編み上げているので実用性や堅牢性は当然の事、この手提げ籠バッグの使いやすい優れた一番の特徴は持ち手部分に隠されています。


バッグは手に提げるばかりでなく、室内、あるいは車内で置いておく場合も多いものです。そのような時にも、持ち手と本体取り付けジョイント部分に大き目の籐製の輪が付いていますので両方の持ち手がパタンとコンパクトな形で本体に添って折れますので邪魔になりません。実際にご愛用いただく女性の方々の声を聞きながら少しづつ改良して完成された籐籠バッグなのです。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27371

« 静かなる竹工房 | Main | オエダラ(オイダラ)箕 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.