便利な内籠付のピクニックバスケット、網代弁当箱


虎竹ピクニックバスケット


9月に入ってもやけに暑い日が続いていますが、それでも朝晩は少しづつ過ごしやすくなってきました。もう少し日差しが和らぐと行楽にもよい季節です、虎竹ピクニックバスケットも活躍する機会があるのではないかと思います。


ピクニックバスケット雑誌掲載


先日雑誌「ステーション」に掲載いただいた白竹三段ピクニックバスケットのように大好きなものを沢山詰めてお出かけいただければと思います。


内籠付ピクニックバスケット


元々三段になっている弁当箱は人気ですけれど、一段タイプの竹ピクニックバスケットに内側に二段底の付いた便利なタイプが誕生しました。外のランチタイムに必要なお箸やフォークなどのカトラリーからお手拭きなど色々と収納できるスペースができて本当に使いやすいのです。


内籠付ピクニックバスケット


自分のように箸袋を持たれる方でしたら、もう一品のおかずでも良いでしょうしビスケットやチョコレートなど食後のデザートを入れてもよいかも知れません。皆様のアイデア次第で自由にお使いいただけます。


網代弁当箱


少し大きめの網代弁当箱も内籠をつけた二段式が新たに仲間入りしています。
それにしても竹の弁当箱には竹製のスプーンやフォークが似合います、スプーンなど口当たりの大切なものは一つ一つ丁寧に手作りされる国産しか使えません。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27582

« 竹トラッカー、虎竹の里を走る | Main | 変わりゆく竹肌の魅力 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.