初夢作務衣


竹虎四代目(山岸義浩)、南の島


2020年、遅い初夢。青い空、白い雲、美しい海と緑が目にまぶしい南の島にやって来ました。ビーチサンダルや素足に水着でのんびりとくつろいでいる人々の中に作務衣と足元は龍馬ブーツ!完全に違和感ありです。


暑くないのか...!?


もちろん汗もかきます、そのために首には竹虎タオルも巻いてます(笑)


竹虎四代目(山岸義浩)、作務衣


暑ければ、暑いなりに、反対に寒ければ寒いなりに下の服を脱ぎ着して一年通して北から南まで何処に行っても着こなせるのが作務衣の良いところです。さすが禅僧の僧侶が毎日の仕事(作務)をするための言わば作業着だっただけあって動きやすく、少しくらいの体格の違いがあっても着用できる機能的な作りでもあります。


竹虎四代目(山岸義浩)、作務衣


夢の中まで作務衣、今年もずっとこれかも知れません。


虎竹アーマー


もしくは、これ(笑)。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27765

« 虎竹春財布 | Main | 縦ヒゴ手提げ籠バッグ »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.