縦ヒゴ手提げ籠バッグ


真竹籠


は日本各地にあって昔から使われてきただけあって何とも不思議な思いにかられる事がある。古老の職人が庭先で近くで伐採してきた真竹を割っている、何ができあがるのかと思っていたら手提げ籠バッグ。元々昔から編んでいた籠を、人から頼まれて持ち手を付けた買い物籠に作るようになったと言う。なるほど、ズシリとくる丈夫さを感じさせる重さと筏底になった四隅の足に若い頃から手に染み込んだ熟練の仕事が見え隠れする。


初めて見た時には少し驚いた、ここからはずっと遠く離れた山の中に暮らす懇意にして頂いている職人と、そっくりな籠の作りをしていたからだ。幅1.5センチ程度の縦ヒゴをゴザ目編みにかぶせる技法は珍しい。


真竹手提げ籠バッグ


真竹で編まれた手提げ籠バッグをこうして見てみると足が効いている。かなり身の厚い竹だから孟宗竹かも知れないと思ってたずねてみたが、やはり真竹。良質な真竹が多い土地柄の生みだした竹細工のひとつだ。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27766

« 初夢作務衣 | Main | 関ジャニ∞の高知公演、クロニクルでご一緒したお二人が!? »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.