虎竹ボールペン、100年

虎竹ボールペン


もう十年近く自分は虎竹の水性ボールペンを使っている、大阪の熟練職人が「あんたならコレ使いなはれ」と手作りしてくれたものなので手放せない。今度、新しくできた虎竹ボールペンも悪くない。しかし、やっぱり次の虎竹は万年筆にしたいと思っている。


虎竹の里


どうしてだろうか?この竹は間口にしてわずか1.5キロの幅しかない虎竹の里と呼ぶ谷間の山にしか成育しない。


虎竹の里、職人


整備され。


日本唯一の虎竹


育まれ。


虎竹の山出し


山出しされる。


虎竹、竹虎四代目


100年同じことを繰り返している。


トラックバック(0)

コメントする