50年、時間職人の手付きランチボックス

白竹手付きランチボックス


角物の竹弁当箱やランチボックス、ピクニックバスケットは色々な大きさ、形、持ち手のありなし、あるいは二段や三段があったり、内蓋付きなどもあります。更に虎竹で製作したものまでありますので、現在作られている竹細工の中ではかなりバリエーションの豊富な製品です。


白竹手付きランチボックス、竹虎四代目(山岸義浩)


ところが、この手付きのタイプは今まであまり見た事がありませんでした。それもそのはず、実は50年前に作られたものを復刻したものなのです。左右の竹の色目を見比べていただきますと一目瞭然ですが、茶色っぽい方の籠は初めからこのような色ではありません。元々は片方の白竹と同じように真っ白い竹肌だったのが、長い年月の間に自然とこのような渋い深みのある風合いに経年変色しているのです。


白竹手付きランチボックス、竹虎四代目(山岸義浩)


竹虎では「時間職人」と呼ぶこの経年変色。この昔の手付きの籠は一度も使われる事なく倉庫に眠っていたものなのに、このような美しい色合い。復刻した手付きランチボックスも、このような風格が出るまで長く長くご愛用いただきたいと願っています。





トラックバック(0)

コメントする