和みの竹のある暮らし

茶碗籠


竹籠がひとつあると台所が和みます。この茶碗籠は淡竹(はちく)で編まれた昔ながらの重厚な作りが特徴です。口巻が磨きといって竹表皮部分を薄く剥いでいるので変色が激しく、表皮を残して編み込んだ本体部分との色目のコントラストが本当に格好いいと気に入っています。


虎竹スクエアバスケット


先日、新しく仲間入りした虎竹スクエアバスケットを台所に持ってきました。


虎竹スクエアバスケット


調味料など小物を入れても良いようです。


角碗かご


四角い茶碗籠は場所を有効に使えるので人気です。実際かなり使いやすいので、このような籠を編む職人さんが少なくなりまたが、いつまでも続いて欲しい技のひとつです。


飯籠


貫禄の飯籠があると落ち着きます。


虎竹スクエアバスケット


小物を入れて使ってみました。


虎竹籠


虎竹スクエアバスケット


ダイニングテーブルや洗面台でも虎竹スクエアバスケットを使ってみました。一つの籠で雰囲気の変わる生活を楽しんでください。



トラックバック(0)

コメントする