花籠のある暮らし、染縄抜篭

 
<br>
花籠 染縄抜篭


竹細工と言えば花籠がスター選手のようにも感じていましたが、近年では竹花籠はあまり需要もなく時代の移り変わりとしか言いようがありません。けれど、この染縄抜篭と名前のついた花籠のように存在感のある竹編みを見ていると何処かに光の当たるステージがあるのではないか?そんな思いにかられてしまいます。


<br>
花籠 染縄抜篭


確かに新しい竹籠ではないものの、そんなに昔に編まれたものではありません。竹を染めて編み込んだ後にホコリ入りという加工を施し編地から雰囲気を漂わせています。


花籠、竹虎四代目(山岸義浩)


確かな技に裏打ちされた竹籠はやはり立派です、手にした感触が全く違います。だから余計に惜しいと思わせるのです。


<br>
花籠 染縄抜篭持ち手


<br>
花籠 染縄抜篭


竹の素材自体の事や使い方、あしらいを熟知していた職人達がプロとして作った籠の数々を知ってほしくて今になって竹花籠を見返しているのです。


トラックバック(0)

コメントする