最後の寿司バラ職人

バラ寿司用竹ざる


この竹細工を見て何か分かる方は少ないと思います。緻密に編まれた網代編みを六ツ目で補強した二重編みですが底の竹ざるに上蓋がピタリと閉まるように製作されています。


寿司バラ、竹虎四代目(山岸義浩)


このような竹ざるを寿司バラと呼んで、寿司飯を作る生活道具として使うのは鹿児島県と宮崎県だけです。寿司飯を作るための細かい網代編み、乾燥を防ぐ上蓋、どれも最後の寿司バラ職人らしい確かな技で仕上げられています。

 
寿司ばら


縁部分や六ツ目編みには孟宗竹、真竹を使い、繊細な網代部分には節合いの長い蓬莱竹を使います。




素晴らしい出来映えの寿司バラについてはYouTube動画でもご紹介しています。


寿司飯を作る蓋付きザル


蓬莱竹の寿司バラ


寿司バラは何と言っても蓬莱竹の網代編みだと思います。節間が長い株立ちのバンブー系の竹で鹿児島や宮崎など温かい地域では良く護岸竹としても見られ防災面でも役立って来た竹です。直径約45センチのこの竹ざるにも節がなく編み込み面は手で触れるとツルツル、なるぼとこれなら美味しい寿司飯が作れそうだと感心します。


蓬莱竹(ほうらいちく)の事をご存じない方は是非こちらのYouTube動画もご覧いただけると嬉しいです。まさに土地の守り神なのです。




「虎竹の里の暮らし」が地球のこどもに掲載されました

 
地球のこども、Children of the earth


「地球のこども」は公益社団法人日本環境教育フォーラムが年二回発行されている機関誌です。今回は、寒さを楽しむ、温もりを感じる冬号に虎竹の里の暮らしを取り上げていただく事になりました。


地球のこども、Children of the earth


それぞれの地域には、ずっと伝統的に続いてきたその場所ならではの季節の風物詩があるのではないかと思います。しかし、虎竹の里でご紹介いただいた干し野菜は全国各地どこでても見られる冬の光景です。


四ツ目編みエビラ籠


ただ、その道具であるエビラ籠は珍しいものかも知れません。元々は養蚕の盛んな頃の蚕棚として使われていた物を、蚕を飼す事がなくなり干し野菜に転用したのが始まりです。


干し大根、シイタケ


今日も晴れ渡っている寒空の虎竹の里では、当たり前のように大根やシイタケを庭先に干しています。夏ほどではないにせよ、南国の強い日差しにカラカラになった野菜の旨みをギュッと濃縮されています。


エビラ籠竹職人


田舎では普通のサイズも都会では少しオーバーサイズと言われる方もおられます。半分サイズのものをご用意していますので、残った野菜は是非干し野菜として食べ残しを減らすだけでなく、栄養価もアップし、何より美味しくなる野菜を知っていただきたいと思います。




奇跡...思わず口からでた言葉、スズ竹丸ざる60センチ

 
スズ竹ざる


「奇跡」などと言うと大袈裟に聞こえるかも知れませんが、実は本当にレアなのです。そもそも、このような大きなサイズのスズ竹細工は職人さんが少なくなり珍しくなっていた所にスズ竹の開花があり材料自体が無くなってしまいました。初めての方でしたら少し不思議に思われるかと思いますけれど、竹の開花は60年とか120年とかサイクルが非常に長いのです。そしてその代わりに一度花が咲くと皆で申し合わせたように枯れてしまいます。


スズ竹は数年前から予兆があって段々と竹材の質が落ちており、温暖化が主な原因だと言われていたものの、実は120年ぶりの開花が始まったのでした。青々と茂っていた竹林が、まるで枯れススキのようになって、それがずっと向こうまで続く光景...いやいやもしかしたらもう少し山に入ればと思って進んでみても、やはり同じ。茫然としてしまう竹林を見ているだけに、このような綺麗で60センチものサイズのあるスズ竹丸ざるは貴重という他にないのです。




熟練の技の結晶、虎竹四ツ目ざる

 
虎竹四ツ目ざる


これは、かなり珍しい虎竹四ツ目ざるです。40センチサイズの巻き縁、四ツ目編みになった見た目のインパクトも強烈で「40センチ×虎竹×四ツ目」という組み合わせは初めてご覧になられる方ばかりではないかと思います。今まであまり見る機会も少なかったと言うのは、この巻き縁に虎竹のざるの秘密があるのです。


孟宗竹竹皮


虎竹の里で成育する虎竹は最初から虎紋様が付いている訳ではありません。筍の季節に竹林に入る方が、竹皮模様をご覧になられて「あれが虎模様ですか、あのまま育って色づくのですね」と言われた事がありますけれど、実はこのような模様の入る筍は全国各地で多く見られる孟宗竹や真竹です。


虎竹竹皮


虎竹は淡竹(はちく)の仲間なので筍の皮には模様がありません。そもそも竹皮は成長の過程で落ちて無くなりますので、色合い自体には全く関係もないのです。そして、画像にある虎竹の竹皮から少しだけ見える稈の色合いはいかがでしょうか?真っ青な色合い、まるで真竹のようです(笑)。


虎竹四ツ目ざる


とても、虎竹とは思えないような色合いの若竹が3年、4年と成長すると美しい虎模様が表れてきます。もちろん年数が経っても色づかない竹も近年は多いのですが...。そこで、この虎竹四ツ目竹ざるですけれど、巻き縁にもしっかり虎模様が入っているので当然3年竹です。


虎竹四ツ目ざる、竹虎四代目(山岸義浩)


青竹細工の場合には巻き縁は柔らかく使いやすい若竹(1年竹)を使います。ところが虎竹の場合には若竹には色がありませんので一本たりとも伐採しません。つまり、縁巻には扱いづらい材質の竹を使いこなして、これだけ綺麗な仕上げにしているのが凄いのです。自分が一目惚れするのもお分かりいただけるのではないでしょうか。




竹ざる、YouTube動画再生回数100万回

 


この竹ざるは何の変哲もない昔から作り続けられてきた普通の国産竹ざるだ。日本唯一の虎竹は淡竹(はちく)の仲間だが、日本三大有用竹でもあり日本最大級でもある孟宗竹や竹編みに一番多用されている真竹などの竹材も高知には多いのでそれらの竹を使った竹細工は昔から盛んに行われてきた。


もともとは簡単な竹編みであれば、どこの農家でも家族の使う物は自分達で作っていたものだが、さすがに専門性の高い箕は誰でも作ることはできない。それに竹ざるや背負い籠など比較的に簡単な竹編みも竹職人に任せて、自分達は畑仕事に専念した方がよい...、そうやって竹編みの専業職人が自然とできてきた。


国産竹ざる


交通不便な山間地域の多い四国でも交通機関の発達や軽四トラックでの行商ができるようになると竹細工を遠くに届けられるようになり更に竹仕事に専念するようになった。そんな時代の父や祖父の技を見よう見真似で覚えた竹ざるだ。


熟練の竹職人


今やYouTubeでは様々なジャンルの動画を見ることができる。自分も「竹チューバー」を名乗り商標登録までして取り組んでいる(笑)、盛り上がっているのだとは思う。しかし動画自体が毎日世界中でアップされ増えているので実は再生回数10万回以上は全体の1%以下だと言う。そんな中、この100万回は凄い、そして何よりも100万回で「高評価」が1万人を超えているのが職人の長い竹人生を認めてくださっているようで心から嬉しい。


篠竹の笊をご存じですか?

篠竹底編み足付ざる


篠竹は竹という名前がついているものの太さはボールペンほどの細さしかない笹の仲間です。職人の仕事に行くと、この竹材を割って竹ヒゴにして大量に保管してあってその日に使う竹ヒゴは前日から水に浸けてあります。


篠竹底編み足付ざる


編み上がって乾燥させると篠竹特有の堅さが表皮に現れますが、元々その年に生えた若竹ばかりを伐採し使用しているので水からあげたばかりの竹ヒゴは柔軟性があり扱いやすいのです。


篠竹底編み足付ざる


この篠竹ざるの特徴は通気性の良さ、堅牢な篠竹の性質を活かして網代編みした底の四隅を足にして底が床面つかないように工夫されています。無骨な表情の竹ざるなのに、こんな細かい心配りをしてくれるのかと嬉しくなってきます。


篠竹底編み足付ざる


篠竹底編み足付ざる


油抜きするでもなく、自然のそままの素朴な竹肌はまさに竹林にある竹そのもの。飾らない寡黙がこの篠竹細工の魅力のひとつです。


篠竹底編み足付ざる、竹虎四代目(山岸義浩)


この篠竹を更に極細な竹ヒゴに仕立てて緻密に編みこんだ竹ざるもありますが自分の好みではありません。篠竹は昔ながらのこのざっくり編まれた風情が素晴らしいのです、野菜の水切りでも麺類を盛るにしても重宝する一枚です。




新しい白竹やたらざる

白竹やたらざる


これからは暑い夏に向かって竹ざるの季節です。日頃あまり竹に馴染みのない方でも、ざる蕎麦などで涼を味わう機会は多いと思います。笊には青竹や白竹など色合いの明るい竹材が好まれますが、今回白竹でちょっと変わった笊が編まれてきました。ヤタラ編みとは「やたらめったら」という言葉から来ているように、キッチリとした編み方ではなく職人の感性で自由に編み込まれています。

 
白竹やたらざる


竹ザル


底の足部分に使われているのは籐です。籐にあまり注目されてる事はありませんけれど、これほど違和感なく竹細工に多用され、しなやかで使いやすい秀逸な素材はありません。この足部分も籐があってこそ編むことのできる細工です。


柄付きの横編みざる

 
竹お玉


茹で上がった食材をすくいとるのにも、水切りするのにもキッチンにひとつあれば何かと便利な持ち手付きの竹お玉なのですが、実はよくご覧いただくと丸ざるに持ち手を取り付けているのではありません。何と一本の丸竹の片方を細く割って、その部分を編み込み丸いザルに仕上げているのです。


米研ぎざる


米研ぎざるの出来栄えの良いものが少なくなりました。このような横編みは竹細工の代表的なものですし海外製造も沢山あって見慣れているのか気にされる事も少ないですが実は本当に使える籠にするのは難しいのです。ただでさえ大変な竹ざるを一本の竹の先端に編み上げる今では希少な一品です。




漆仕上げの渋い虎竹網代ざる

 
虎竹網代ざる、竹虎四代目(山岸義浩)


普通は網代編みした竹ざるというと、これからの季節には土用干しなどに活躍する60センチ、40センチサイズの大きな竹ざるをまず思い浮かべます。ところが、この虎竹を使った網代編みざるは暮らしの中で日常使いするものとは少し違って漆仕上げで小振りでもあり、どうやって使うおうか?と考えてしまう高級感漂う作りです。


虎竹網代ざる


縁巻


竹ざる裏


裏面も縁のあしらいと言い、漆を塗布した竹ヒゴの色合いといい綺麗です。


虎竹ざる


虎竹網代ざる


工芸品と呼べそうな逸品の竹ざるには虎竹という素材は最適だと、つくづく感じます。


青竹蕎麦ざるの雨模様

真竹蕎麦ざる


青竹そばざるの季節がやって来る。渦になった編み込みを一面に広げると、まるで水面に降る雨模様のよう、スズ竹蕎麦ざるなどと見た目が良く似ているけれど、青竹表皮を活かした竹ざるは硬く丈夫だ。これから青さが抜けてきて晒の白竹のような色合いになってきて、それから段々と飴色への変化する。


蕎麦ざる


お蕎麦屋さんからのご要望が一番多い竹ざるという事からも、その実用性の程がうかがえる。大が約24センチ(8寸)、小が約21センチ(7寸)の2種類のサイズ、一般のご家庭なら一生使えるに違いない。


蕎麦ざる


網代編みからのヒゴ回しが熟練の技を感じさせる、近くでじっくり見てもやりは凄腕。日本の夏にはやはり、こんな本物の竹ざるが必要だ。