メキシコを疾走する竹トラッカーをYouTube動画にまとめました。

竹トラッカー、竹虎四代目(山岸義浩)


日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」でメキシコはハラパの街を疾走した時のYouTube動画をまとめてみました。せっかく海外まで遠征して走るという事で数台のカメラで撮影いただいていましたけれどそれぞれバラバラになっていましたので、これをご覧いただければ「メキシコラン」が分かるという物にしたかったのです。


おっと、竹トラッカーのメキシコランや、そもそも竹トラッカー自体をご存知ない方のために少しだけご説明しないといけないかと思います。竹トラッカーは、日本唯一の虎竹の事を沢山の方に知って欲しいと思い製作した電気自動車の事です。竹は継続利用可能な唯一の天然資源ですので環境にやさしい電気自動車としてクラウドファンディングを利用して製作させていただきました。完成した直後には「チャレンジラン横浜」と称して高知から横浜まで1000キロを充電を繰り返しながら11日間かけて走破しました。


メキシコ、ハラパの街


2018年に第11回世界竹会議(World Bamboo Congress Mexico)での基調講演のお話しをいただきましたので一度も行った事もありませんでしたが、きっと美しいであろうメキシコのハラパ(Xalapa)の街を竹トラッカーで走りたいと思って、今度はメキシコランへの挑戦が始まります。


竹トラッカー、竹虎四代目(山岸義浩)


まず最初に立ちはだかった壁はメキシコまでの輸送です。電気自動車である竹トラッカーにはリチウム電池で走るのですけれど、そのために海上輸送できる業者さんが少なく輸出がとても難しいことが分かりました。簡単に考えていたものの日本からメキシコはマンザニーロ港まで船で運び、そこからトラック輸送で更に1000キロ走ったハラパまでの往復となりますから運送代金が何と300万円と驚くほど高額でした。


世界竹会議、竹虎四代目(山岸義浩)


けれど、やはり多少の苦労があったにせよ、そうしてメキシコまで竹トラッカーを運んだことには意義がありました。世界50カ国の国と地域から500名もの竹専門家の方々が集まる機会は世界竹会議の他にはありません。この機会に多くの方に日本の竹を知ってもらえたのではないかと思います。


メキシコラン


そして、ついに念願のメキシコラン!ホテルロビーから、現地の方々に用意いただいた専用スロープを使い外に出て、メキシコの道路を走りだした時には感無量でした。緑に囲まれ調和のとれた美しいハラパの街を走ります、助手席には現地スタッフの方が交代して同乗されます。皆さん、嬉々として乗り込んで来られるので自分まで嬉しくなりました。道路脇に竹トラッカーを停めると道行く人から声をかけてもらいます。ハラパの中心街の公園に立ち寄ると、あれよあれよという間に人だかり!カメラで撮っていただき最高のメキシコランでした。


応援いただいた竹プレート


このメキシコランの実現にも全国から沢山の方々の温かい応援がありました。今ふりかえってみても皆様には感謝しきれないほどです。


竹虎ノボリ旗


コロナウィルスによって昨年の世界竹会議台湾は今年に延期になっています。この秋の開催に向けて動きだしているようですが、もし開催できるようなら今度は竹トラッカー台湾ランです(笑)。思うよりも沖縄から近い国なのでもしかしたらフェリーでも出ていないかと思っていましたが、どうやらなようです。またチャレンジがはじまります。





「真っ直ぐでエイがぜよ」10年前の言葉に

2021年書初め「変」


2021年の書初めは「変」。昨年は大きな時代の曲がり角だと言われます、様々な分野でドラマチックな変化が起こり今年は更にそのスピードが加速していくのではないかと思われます。しかし、変化は急にはじまった訳ではなく常に少しづつ、少しづつ動いています、それが自分達の暮らすゆっくりとした時が流れる田舎ですら肌で感じるほどの早さで移ろいだしていると言う事かも知れません。


竹虎四代目(山岸義浩)


多くの皆様のご愛顧のお陰で、今年竹虎は創業127年目を迎えさせていただきました。日本に会社は400万社ありますけれど、その中で100年続いている会社はわずか2%程度だったと思います。この竹虎の歴史を、虎竹の文化を守り続けていきたいと強く思っていますが「守る」=「変わる」です。自分達も竹と長く向き合い続ける中で商材を変え、売り方を変え、本社所在地まで変えてきました。


大変な年を迎えて、ちょうど10年前の自分の姿に励まされています。「真っ直ぐでエイがぜよ」本当です、のように真っ直ぐにしか行けないのです。






もう一つの竹虎マント

竹虎マント


今年の年賀状のために「土佐のムレータ」を作ったお話しを昨日はさせてもらいました。YouTube動画で製作の様子をご覧いただけましたでしょうか?昔ながらの手法をつかい全ての工程が手作業です、だからこそあんなに温もりのある旗が作られるのだと感心しました。


ところが、昨年末に実はもう一枚プリントで作ってもらっていたマントがあるのです。これは昔からのお知り合いの手ぬぐい屋さんにお願いして製作いただいたもので、日本唯一の虎竹柄の中央に白抜きで竹虎ロゴマークをドンと入れてもらいました。こちらのマントは手染めのフラフに比べれば手軽ですし虎竹が鮮明に生地にプリントされていて納期の早さやコストに技術の進歩を思います。


何よりお世話いただいた手ぬぐい屋さんは竹虎がインターネットで情報発信を始めてから一番最初に虎竹の里を訪ねて来ていただき竹林までご案内した方なのです。もう20年も前の事です、当時大手食品メーカーさんをクライアントに持って大活躍されていたデザイナーの方と一緒に来高されてましたけれど、その素晴らしい感性に触れ自分達の方向性が間違っていないことを指南いただき非常に心強く思い感激したことが忘れられません。


なので、こちらのマントにも思い入れがあります。年末年始は結構付けたまま仕事もしてましたし出かけもしてました、怪訝そうに見られる事もありますけれどマントと言うと格好だけのものではありません。実際に肩にかけてみると温かいので寒い今年の冬にピッタリです(笑)。



土佐のムレータ

竹虎2021年賀状


例年、竹虎四代目年賀状は友人知人の他に12月にお買い物いただきました200数十名様のお客様には元日にお届けさせていただいています。そして、新春にお買い物を頂きました皆様にもお渡しさせてもらう場合がありますので、この30年ブログをご購読いただく方の中にもB5サイズとなりました特大の年賀状をお手元にお持ちの方もおられるかも知れません。


竹虎前掛け


新春早々大きくてご迷惑おかけしたのではないかと若干心配もしていますが、2020年は思いもしない大変な一年でしたので新年の挨拶状に自分達の意気込みを込めると自然とサイズが大きくなってしまったのです。ポイントは赤いマントだったと思います、闘牛士の使う赤いフランネルの布をムレータと言うそうです、大好きな竹虎のシンボルであるロゴマークを入れたムレータをどうやって作るか...?





インターネットで探してみると色々なメーカーさんがあって手軽に作れそうです。ところが遠くばかり見ていて忘れがちになりますが、高知には土佐伝統の染物があるのです!鯉のぼりの季節によく見かけるフラフと呼ぶ旗がそれ、馴染みのない方には漁師さんが船にかざる大漁旗を思い出してください。紹介いただいた三谷染工場さんにお伺いして実際に近くで拝見してコレだと直感しました。


ミナモトタダユキ、竹虎四代目(山岸義浩)


そうして染め上がった土佐ならではのムレータは虎竹の里に似合います。撮るのは一流ですが撮られることは少ない写真家ミナモトタダユキさんも笑ってくださっているので良かったのだと思います(笑)。






2021年、明けましておめでとうございます!

201228607.jpg


皆様、2021年明けましておめでとうございます!今年もが天を目指して真っ直ぐに伸びていくように、竹に節があるように節目を持って、竹の地下茎のように沢山の方々と手と手を繋ぎあって、丑年らしくゆっくりとゆっくりと前に向かって進んでいく一年にします。


今年も「NO BAMBOO NO LIFE」よろしくお願いいたします!






虎竹の里より今年最後のご挨拶、この一年ありがとうございました!


須崎市安和は四国の高知県高知市から更に西に向かって高速道路で40分ほど走った所にある静かな谷間の村です。地方と言われる地域の中でも時代に取り残されたような小さな集落ですが、この虎竹の里でしか成育しない不思議な虎斑竹があります。日本の竹が忘れられ、竹文化が次々と消えていく中で虎竹の里の果たす役割はますます大きくなっていると感じています。今年は誰も体験した事ないような一年であり、大きく変る節目の時でありました。変わって良い事も、そうでない事もあるものの竹虎は皆様のお陰で2020年の最後の日をこうして無事に迎えられています。本当にありがとうございました。来年は丑年、ゆっくりとでも立ち止まらず前進続ける年にします。



今年は楽しみにしていた世界竹会議台湾が開催できなかったので、せめて9月18日の「World Bamboo Day(世界竹の日)」には世界の竹人の皆さんに何か発信出来る事をしたいと思い青竹踏み体操を作って当日にYouTubeライブ配信しました。青竹踏みは竹虎が2000年から毎年地元大学生を中心として開催しているインターンシップで、当たり前の健康具としてどこのご家庭にもあると思っていたら、何と今の若い方々が青竹踏みを知らない事にショックを受けて普及に力を入れている製品です。


特に今年は新型コロナウィルスでステイホームが続いて運動不足の方も多いと思います。いつもの青竹踏みの使い方にプラスしてストレッチの要素を入れたリズミカルで楽しい体操を考案したのです。世界竹の日に世界中の竹を愛する皆様に、ご自宅で過ごされる皆様に竹で健康に、竹で元気になってもらいたいと願いをこめて竹虎社員一同で届けした事が今年の大きな思い出です。来年もこんな社員と共に、前を向いて竹のように真っ直ぐに、パワフルに進むだけです。





竹虎四代目、カレンダーについて語る

竹虎カレンダー2021


今年も残すところ今日と明日だけとなりました。コロナウィルスによって社会は大きく変化したと思いますが、それに従い自分たちの暮らしや仕事も予定されていたスケジュール全てが変わりました。変わって困った事、変わったからこそできるようになった事いろいろあってプラスなのかマイナスなのか恐らく「人間万事塞翁が馬」なのかも知れません。


さて、自分が大学四回生の時から続けている新年の写真付き年賀状ですけれど、2021年の年賀は少し事情があっていつもより郵便局さんに預けるのが遅く本日30日となっています。例年よりゆっくりなのでギリギリまで粘って出来るだけ年賀に手書きの言葉を入れようと思いお一人様づつの宛名を見ていました。そうすると、あれは今年の事だったか?去年の事だったのか?少しイレギュラーな一年だったせいか分からない事があります。確認のためスケジュール表を改めて見直してみてコロナ前とコロナ後とで明らかに意識や行動が変わっています。


相変わらず変わらないのは虎竹の里の竹と自分達の仕事です。来年のカレンダーは今年新しく登場して仲間入りした竹達を選んで掲載しています。大きく変わった世界で、やはり変わらない虎竹に少しホッとします。


青竹踏み体操


虎竹ショルダーバッグ


虎竹万年筆


虎竹網代弁当箱


虎竹ランドリーバスケット


虎竹スクエアバスケット


渡辺竹清作文庫





土佐のフラフ、三谷染工場さんで竹虎ロゴマークを染め上げてもらう

フラフ、三谷染工場


フラフをご存知でしょうか?高知ではお馴染みの色鮮やかな染めの旗の事です。由来はオランダ語ともフラッグとも聞いてますが、とにかくここ高知県土佐山田町は他の町とはちょっと様子が違うのです。田園風景の続く中を走ってきて、ひとつ裏通りの細い通りに入ると目が覚めるような色鮮やかな、のぼり旗や大型の旗フラフがはためいて賑やかなのです。


土佐山田、三谷染工場


ちょっと不思議な華やかさを感じながら親子で染め職人をされている三谷染工場さんにやって来ました。実は新春用に竹虎のロゴマーク入りの旗を設えたいと色々考えあぐねてましたが、高知で旗と言えフラフしかありません。


フラフ、三谷染工場


明治35年といいますから竹虎と同じように100年続く歴史ある会社様です、これだけ有名な地元の染め物なのに実は仕事の様子を拝見させていただくのは初めてでした。


フラフ、三谷染工場


子供の誕生を祝うだけでなく、農作業の合間に休むための日除けや大きな風呂敷としても使われてきた実用性もあり、とにかく手仕事のぬくもりが伝わる地域の工芸品なのです。


竹虎四代目(山岸義浩)、三谷染工場


さて、どんな風に仕上がって2021年をどう彩ってくれるのか。楽しみです。






日本唯一の虎竹アーマー登壇!高知西高校グローカル探究「NO BAMBOO NO LIFE」

竹虎四代目、山岸義浩


日本唯一の虎竹アーマー装着で高知西高校グローカル探究の授業に登壇させて頂きました!もちろん最初からこのような格好で若い皆様の前に出ようなどと思っていたわけではありません。高校生の反応は何となく分かっていました、自分だって学生の頃に知らない大人がこんな奇抜な格好で出てきたらかなり引いてしまいます。


竹虎四代目、虎竹アーマー


しかし学生の方に対して毎回お話しさせていただくテーマは「NO BAMBOO NO LIFE」。竹のない生き方など無いと言うのであれば、これも一つの分かりやすい伝え方かも知れないと思ったのです。


虎竹アーマー楽屋


ところが、自分でやると決めたものの虎竹アーマーで学生服の方々を前にするとなると普段より何やら緊張します。サプライズで出ていくために、ずっとステージ横の控室にいるとドキドキしてきました(笑)。


虎竹アーマー講演


今年はコロナウィルスでマスクをせねばなりませんけれど、マスクの一番ダメなところは相手の表情が分かりづらい事です。前にお話ししていると内容が伝わっているのか?いないのか?結構よく分かるものですが学生の方々の反応がいまひとつ掴めません。


竹虎四代目(山岸義浩)


興味のあるジャンルのお話しではなかったかも知れませんが、いつものように田舎の小さな自分達の会社が、どうやって地域資源の虎竹を県外のお客様のお手元に届けているのかをお話しします。


竹虎四代目(山岸義浩)


質問をさせてもらうと、さすがに高校生らしいしっかりした発言をされます。虎竹の話も思ったより熱心に聞いてくれているようで安心しました。


高知西高校グローカル探究「NO BAMBOO NO LIFE」

高知西高校グローカル探究「NO BAMBOO NO LIFE」


青竹踏み体操


実は今回は9月18日の世界竹の日(World Bamboo Day)にYouTubeでライブ配信もした青竹踏み体操を披露させても頂きました。この日の事を少しでも覚えておいてもらって、将来何かの機会に思い出してもらえると笑顔で踊ってれた社員も喜びます。






「こんな年賀状はいらない。」竹虎年賀状2021年が届く!

201204501.jpg


竹虎カレンダープレゼントのお知らせを昨日の30年ブログでさせて頂きました。更に只今竹虎では竹虎四代目の年賀状企画も開始しました。これは、今月20日までに竹虎ウェブサイトで3300円(税込)以上のお買い物していただいた皆様から抽選で221名様に、何と1985年から35年間に渡って続いている竹虎四代目の新春挨拶状をお届けするというものです。今年の年賀はスペインはビトリアでのボックスカートレースの様子をハガキにしておりました。来年は一体どんなものなのかっ!?「こんな年賀状はいらない。」などと言わず、是非楽しみにしてもらいたいものです(笑)。


201204503.jpg


来年は丑年...残念ながら、まだお教えすることは出来ませんけれど今年も写真界で大活躍されているカメラマンのミナモトタダユキさんがわざわざ虎竹の里までお越しいただいて撮影してくれました。この20年間に渡って竹虎ウェブサイトで使用している多くの画像は自分が撮っていますので竹の写真については若干分かっているつもりでいました。しかし、さすがに今回は本物の写真家との違いをまざまざと感じています、これが人を魅了する画像かと思いました。何年か撮ってもらってようやく偉大さを知る事になった年賀状は、お正月早々にトップページでも公開しますのでお楽しみに!