新荘川の竹

新荘川の竹


虎竹の里からもすぐ近くに流れる新荘川は高知県津野町から須崎湾に注ぐ24.1キロの二級河川です。美しい自然の多く残された高知には最後の清流と言われる四万十川や、仁淀ブルーとして近年知られる仁淀川がありますが、この新荘川は日本で最後にニホンカワウソが確認された川として有名です。


しんじょう君、竹虎四代目(山岸義浩)


小さい頃にはこの川を泳ぐカワウソの姿をテレビニュースで何度か観ましたし、生存を調べるための調査団が度々来られてもいました。最後には近くを走るタクシードライバーに使い捨てカメラが配られて、何とか姿を見つけられないものかと地域一丸となって頑張っていた事もあります。とうとう、2012年に環境省から「カワウソ絶滅宣言」が発せられましたものの、現在ではマスコットキャラクターゆるキャラ「しんじょう君」のモチーフとして生きています。


蓬莱竹、シンニョウチク


しかし、今回はこの新荘川のニホンカワウソではなく川岸に続く竹林に注目したいと思っています。日頃、優しく穏やかな流れの両岸に当たり前のように思って見ている竹林が、実は台風でも来れば一変して恐ろしい濁流となり水害を起こしてきた大自然への備えとして機能してきたのです。


護岸には南方系で株立ちの高知ではシンニョウチクとも呼ばれる蓬莱竹(土用竹)が植えられているのを多く見かけますけれど、新荘川では真竹や女竹など小振りな竹が密集して生えています。場所によっては竹林が二重になっている所もあり度々大水に悩まされてきた事を知る思いです。


竹根


「灯台下暗し」の言葉どおり地元を遠く離れた地域で竹の防災力を考える機会は多々あるものの新荘川は近すぎて見過ごしていた部分がありました。強靭な竹の根は縦横無尽に伸びて土をがっしりと掴み天然の鉄筋コンクリートとなります、もう少し先になりそうですが、地震の時には竹林に逃げろと教わってきた竹の力をこの川でも検証できればと思っています。




総務省ふるさとづくり大賞個人表彰(総務大臣表彰)伝達式

 
210217050.jpg


総務省主催の「令和2年度 ふるさとづくり大賞」にて竹虎四代目(山岸義浩)が個人表彰(総務大臣表彰)を受賞させていただきました。ふるさとづくり大賞は全国各地でそれぞれのこころを寄せる「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体、個人を表彰することにより、ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的としています。


210217605.jpg


210217607.jpg


東京での表彰式がコロナで中止のため、室戸市むろと廃校水族館さん、お茶生産の津野町三原大知さんとご一緒させていただいての「ふるさとづくり大賞」、今年は県庁にて行われました。全国21団体、8名なので高知県の受賞率は異常に高い!魅力ある産品の豊かさと、何より強い郷土愛を感じます。


210218501.jpg


地域の大切な資源、そして「宝」である虎斑竹を地域・人とその技術を活用して海外にまで発信していることを評価していただきました。竹虎が100年にわたって地道に築き上げてきた歴史が認められた結果だと考えています。こうした日本にとどまらず世界に向けて発信を続けていくことがやがて大きなうねりとなり、高知県須崎市安和の虎竹の里に帰ってくると信じ、挑戦を続けていきます。


210217058-2.jpg


210217051.jpg


今回はせっかくの受賞式なので日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」で走っていきました。うまくしたもので、虎竹の里から高知県庁まで乗っていくと電池が無くなるタイミングです。ドアもなければ、当然暖房もない竹トラッカーですが温かい日差しに助けられました、春はそこまで来ています。




これぞ土地の守り神!百年蓬莱竹

蓬莱竹に驚く竹虎四代目(山岸義浩)


今日は驚いています!本当にビックリして目が飛び出しそうでした(笑)一体何があったのかをお話させていただきたいと思います。最後に更に詳しくお分かりいただけるYouTube動画も用意してありますので是非ご覧いただけると嬉しいです!


竹虎四代目(山岸義浩)、護岸竹


竹は「衣食住」全てに関わり古くから人々の暮らしの身近にあって、なくてはならない存在だったのですが、実は防災という面からも大きな役割を担ってきました。小さい頃から「地震の時には竹林に逃げろ」と教わってきましたけれど、これは強靭な竹の根が天然の鉄筋コンクリートと呼ばれるほど縦横無尽に走り地面をしっかり固定しているからなのです。そこで、護岸工事の発達していなかった当時から治水のための堤防、護岸などには竹が植えられ今に至っています。


蓬莱竹伐り株


四国や九州など温かい地域では南方系の蓬莱竹(ほうらいちく)、高知県ではシンニョウチクと呼び親しまれてきた株立ちの竹が多くみられます。真竹や淡竹と違い竹根が伸びていかないのが特徴で、川の合流地点や急流点などピンポイントで川岸を補強したい時にはこれほど便利な竹はなかったはずです。ところが、この蓬莱竹が見事に伐採されていたのです!


蓬莱竹伐り株、竹虎四代目(山岸義浩)


しかし怪我の功名と言いましょうか、伐竹いただいたお陰で蓬莱竹の株の様子を皆様によくご理解いただけます。一本一本、非常に堅牢でしなりのある竹が、これだけ密集して生えているのです。


シンニョウチク、蓬莱竹断面


別名「沈竹(ちんちく)」と呼ぶこともある蓬莱竹。空洞であるはずの竹の稈部分が、水に沈むほど厚みのある身が特徴でもあります。この竹材を使う竹細工は地元でも多くはないものの、小物入れや弁当箱にも編まれていました。鹿児島日置の箕として知られる竹細工は、この蓬莱竹をうまく活用した一番有名で美しい逸品です。


孝行竹、蓬莱竹根


この竹根を御覧ください、何という生命力!ものすごいパワーを感じます。「波動」という言葉をご存じでしょうか?世界的にも有名な経営者の方で竹を好きでたまらなくて目には見えない力に魅かれると言われていましたけれど、この力強さを見ると分かる気がします。


竹虎四代目(山岸義浩)、蓬莱竹


次々生える子供たちが親竹から離れませんので孝行竹という名前もあります。色々と名前がある事から考えても、身近で皆に愛されてきた竹だという事なのです。


蓬莱竹伐り株と川


この季節は雨も少なく静かな川の流れです、ところが台風銀座とも揶揄される南国高知にあって集中豪雨などが一旦あればこのゆるやかな景色は一変してゴーゴーと大きな音をたてる恐ろしいような流れになります。


シンニョウチク、竹虎四代目(山岸義浩)


その急流を受け止め、人命と財産を守りつづけてきた蓬莱竹。まさにこれが、土地の守り神なのです。




第12回世界竹会議台湾TAIWAN(12th World Bamboo Congress Taiwan)

台湾からの贈り物


台湾の黄さんから美味しそうな贈り物が届きました。竹の産地である南投県はお茶作りでも有名な地域で何処に行っても香り豊かなお茶を頂きます。お茶を入れる所作も型にはまったものではなく会話が弾むような楽しいものなので宿泊していた所のご主人に一度丁寧に指導してもらいました。そういえば日本に帰って道具も揃えたまま一度もやらずじまいです、今回年期の入ったお茶も送っていただきましたので、この機会に再チャレンジせねばと思っています。


お菓子の中には筍のクッキーがあります。これは以前にも頂戴した事があって竹虎の社員も喜んでいます。台湾は竹への取り組みは日本の何倍も進んでいます、工芸や建築、アートへの竹の活用には目を見張るものがありますが、筍をお菓子に加工している事ひとつ取っても自分たちの何歩も先を進んでいるように感じます。


世界竹会議メキシコ、11th World Bamboo Congress


そんな台湾で第12回目となる世界竹会議(12th World Bamboo Congress)が昨年の秋に予定されていました。コロナウィルスで一年延期となった今年はどうでしょうか?海外の早いところではワクチン接種が始まりましたのでこれからに期待したいところです。


世界竹会議メキシコ、11th World Bamboo Congress、Michel Abadie


前回のメキシコ大会では日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」を船で運びメキシコはハラパの街を
走る事ができました。できるなら世界竹会議台湾でもこの電気自動車の走る雄姿を見ていただきたいものです。




命と財産も守り続けてきたのは私達(竹)です。

 
徳島、四国三郎、吉野川


高知から北に向かって高速道路を走って行く、川之江東JCTを過ぎて徳島自動車道に入ると池田町辺りからずっと吉野川を見ながら進んむことになります。そこで、いつも思うのが川の両岸で風に揺られている達の事です。今日は穏やかな流れで美しい川面も、一旦豪雨となれば坂東太郎の利根川、筑紫次郎の筑後川とならび日本三大暴れ川に数えられる四国三郎吉野川は表情をガラリと変えて恐ろしい濁流となります。


台風銀座の高知に生まれ育った自分でもゴーゴーと凄まじい音を立てて大きな真っ黒なうねりとなって流れていく川の濁流には慣れる事がありません。できれば一生見なくてもいいとさえ思う洪水は、治水工事の技術が進んだ現代でも毎年のように日本のどこかで多大な被害があるのです。ましてや昔ならどうだったのでしょうか?護岸用として植えられた竹林は吉野川に沿ってグリーンベルトのように伸びていますが、まさにこれがライフラインとして地域の人々の命や田畑、財産を守り続けてきたのです。


千葉県、小糸川


前にもお話いたしました千葉県、小糸川の曲りくねった川の流れの両岸にも植えられているのが竹。縦横無尽に伸びてそれぞれの竹がしっかりと繋がって天然の鉄筋コンクリートと言われる強さが堤防の決壊を防いできたのです。「命と財産も守り続けてきたのは私達です」上空から見ると誇らしい姿はそう言っているように感じました。


高知の護岸竹、蓬莱竹


暖かな気候の高知では護岸竹と言えば蓬莱竹が良く見かけられます。地元ではシンニョウダケとも呼ばれる南方系の株立ちの竹で孟宗竹や真竹、淡竹のように根が広く伸びて行かず株が大きくなっていくだけなので好んで植えられたようです。川の流れが急な場所や合流する所にピンポイントに生えてるのを見かけますので昔の人々が無くてはならない水の扱いに苦労してきた事が忍ばれます。この蓬莱竹については、先日ショッキングな大事件がありましたので近々この30年ブログでお話する予定です。


竹虎は365日24時間営業

 
竹林


あれは先の年の暮れ、夜の8時過ぎに一本の電話があったのです。たまたま受話器を取るといきなり電話の向こうで女性の方が落ち着いた声で話しだしました。「ご自宅で水漏れや何かお困りごとはありませんか?」クリスマスも間近の、こんな夜にと少し困惑して話もそこそこに断って電話を切ったのでした。


「営業の電話を、どうして夜にてしくるのか」


食卓に座り直した自分がそう言うと、ずっと横で聞いていたヨメが言いいました。


「あなたもお偉くなられましたね...」
「竹虎が倒産しかけていた時はどうでした?」


東京のデパートで土下座して買ってもらっていたのではないか、慣れない営業で3時間玄関で待たされたあげく追い返されて悔しくて泣いて帰ってきたのは誰だったのかと続きます。電話の方は、きっと年末に資金繰りが大変で電話営業されているのでしょうね?コロナで外出が減り、夜はどこの家にもご主人が在宅している、だから、わざわざこんな時間にかけているのではないですか?


「お偉くなられましたね?」


そう言われてハッとしました。当時と比べれば確かに少しは生活も楽になって人並みに食べていけていけています。しかし、すっかり忘れていましたけれど当時の名刺には「竹虎は365日24時間営業」と書いていました。それが今ではどうでしょう、東京のデザイナーに作ってもらって格好だけは良くなって、でも自分は何をしているのか?


正直反省しました、そして何かできることはないかと考えてすぐに思い当りました。会社の留守番電話です、竹虎の電話は終業の午後5時30分から翌朝8時まで誰も電話を取っていません。一体いつから、そんな殿様商売のような会社になったのか、父親も早朝6時から電話に出ていたのに。今年の書初めは「変」。とにかくやり方を変えないと自分達の将来はありません。そこで、さっそく留守番電話をやめて終業時からの電話、土日の休日の電話は自分の携帯に転送する事にしたのです。


先週から開始して一番最初の転送電話は、高知新聞さんからふるさとづくり大賞の総務大臣賞記事掲載についてでした。幸先よいスタートだと思いながらも、電話で先様と声を交わす事の大切さを改めて感じています。




メキシコを疾走する竹トラッカーをYouTube動画にまとめました。

 
竹トラッカー、竹虎四代目(山岸義浩)


日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」でメキシコはハラパの街を疾走した時のYouTube動画をまとめてみました。せっかく海外まで遠征して走るという事で数台のカメラで撮影いただいていましたけれどそれぞれバラバラになっていましたので、これをご覧いただければ「メキシコラン」が分かるという物にしたかったのです。


おっと、竹トラッカーのメキシコランや、そもそも竹トラッカー自体をご存知ない方のために少しだけご説明しないといけないかと思います。竹トラッカーは、日本唯一の虎竹の事を沢山の方に知って欲しいと思い製作した電気自動車の事です。竹は継続利用可能な唯一の天然資源ですので環境にやさしい電気自動車としてクラウドファンディングを利用して製作させていただきました。完成した直後には「チャレンジラン横浜」と称して高知から横浜まで1000キロを充電を繰り返しながら11日間かけて走破しました。


メキシコ、ハラパの街


2018年に第11回世界竹会議(World Bamboo Congress Mexico)での基調講演のお話しをいただきましたので一度も行った事もありませんでしたが、きっと美しいであろうメキシコのハラパ(Xalapa)の街を竹トラッカーで走りたいと思って、今度はメキシコランへの挑戦が始まります。


竹トラッカー、竹虎四代目(山岸義浩)


まず最初に立ちはだかった壁はメキシコまでの輸送です。電気自動車である竹トラッカーにはリチウム電池で走るのですけれど、そのために海上輸送できる業者さんが少なく輸出がとても難しいことが分かりました。簡単に考えていたものの日本からメキシコはマンザニーロ港まで船で運び、そこからトラック輸送で更に1000キロ走ったハラパまでの往復となりますから運送代金が何と300万円と驚くほど高額でした。


世界竹会議、竹虎四代目(山岸義浩)


けれど、やはり多少の苦労があったにせよ、そうしてメキシコまで竹トラッカーを運んだことには意義がありました。世界50カ国の国と地域から500名もの竹専門家の方々が集まる機会は世界竹会議の他にはありません。この機会に多くの方に日本の竹を知ってもらえたのではないかと思います。


メキシコラン


そして、ついに念願のメキシコラン!ホテルロビーから、現地の方々に用意いただいた専用スロープを使い外に出て、メキシコの道路を走りだした時には感無量でした。緑に囲まれ調和のとれた美しいハラパの街を走ります、助手席には現地スタッフの方が交代して同乗されます。皆さん、嬉々として乗り込んで来られるので自分まで嬉しくなりました。道路脇に竹トラッカーを停めると道行く人から声をかけてもらいます。ハラパの中心街の公園に立ち寄ると、あれよあれよという間に人だかり!カメラで撮っていただき最高のメキシコランでした。


応援いただいた竹プレート


このメキシコランの実現にも全国から沢山の方々の温かい応援がありました。今ふりかえってみても皆様には感謝しきれないほどです。


竹虎ノボリ旗


コロナウィルスによって昨年の世界竹会議台湾は今年に延期になっています。この秋の開催に向けて動きだしているようですが、もし開催できるようなら今度は竹トラッカー台湾ランです(笑)。思うよりも沖縄から近い国なのでもしかしたらフェリーでも出ていないかと思っていましたが、どうやらなようです。またチャレンジがはじまります。




「真っ直ぐでエイがぜよ」10年前の言葉に

 
2021年書初め「変」


2021年の書初めは「変」。昨年は大きな時代の曲がり角だと言われます、様々な分野でドラマチックな変化が起こり今年は更にそのスピードが加速していくのではないかと思われます。しかし、変化は急にはじまった訳ではなく常に少しづつ、少しづつ動いています、それが自分達の暮らすゆっくりとした時が流れる田舎ですら肌で感じるほどの早さで移ろいだしていると言う事かも知れません。


竹虎四代目(山岸義浩)


多くの皆様のご愛顧のお陰で、今年竹虎は創業127年目を迎えさせていただきました。日本に会社は400万社ありますけれど、その中で100年続いている会社はわずか2%程度だったと思います。この竹虎の歴史を、虎竹の文化を守り続けていきたいと強く思っていますが「守る」=「変わる」です。自分達も竹と長く向き合い続ける中で商材を変え、売り方を変え、本社所在地まで変えてきました。


大変な年を迎えて、ちょうど10年前の自分の姿に励まされています。「真っ直ぐでエイがぜよ」本当です、のように真っ直ぐにしか行けないのです。




もう一つの竹虎マント

 
竹虎マント


今年の年賀状のために「土佐のムレータ」を作ったお話しを昨日はさせてもらいました。YouTube動画で製作の様子をご覧いただけましたでしょうか?昔ながらの手法をつかい全ての工程が手作業です、だからこそあんなに温もりのある旗が作られるのだと感心しました。


ところが、昨年末に実はもう一枚プリントで作ってもらっていたマントがあるのです。これは昔からのお知り合いの手ぬぐい屋さんにお願いして製作いただいたもので、日本唯一の虎竹柄の中央に白抜きで竹虎ロゴマークをドンと入れてもらいました。こちらのマントは手染めのフラフに比べれば手軽ですし虎竹が鮮明に生地にプリントされていて納期の早さやコストに技術の進歩を思います。


何よりお世話いただいた手ぬぐい屋さんは竹虎がインターネットで情報発信を始めてから一番最初に虎竹の里を訪ねて来ていただき竹林までご案内した方なのです。もう20年も前の事です、当時大手食品メーカーさんをクライアントに持って大活躍されていたデザイナーの方と一緒に来高されてましたけれど、その素晴らしい感性に触れ自分達の方向性が間違っていないことを指南いただき非常に心強く思い感激したことが忘れられません。


なので、こちらのマントにも思い入れがあります。年末年始は結構付けたまま仕事もしてましたし出かけもしてました、怪訝そうに見られる事もありますけれどマントと言うと格好だけのものではありません。実際に肩にかけてみると温かいので寒い今年の冬にピッタリです(笑)。


土佐のムレータ

 
竹虎2021年賀状


例年、竹虎四代目年賀状は友人知人の他に12月にお買い物いただきました200数十名様のお客様には元日にお届けさせていただいています。そして、新春にお買い物を頂きました皆様にもお渡しさせてもらう場合がありますので、この30年ブログをご購読いただく方の中にもB5サイズとなりました特大の年賀状をお手元にお持ちの方もおられるかも知れません。


竹虎前掛け


新春早々大きくてご迷惑おかけしたのではないかと若干心配もしていますが、2020年は思いもしない大変な一年でしたので新年の挨拶状に自分達の意気込みを込めると自然とサイズが大きくなってしまったのです。ポイントは赤いマントだったと思います、闘牛士の使う赤いフランネルの布をムレータと言うそうです、大好きな竹虎のシンボルであるロゴマークを入れたムレータをどうやって作るか...?




インターネットで探してみると色々なメーカーさんがあって手軽に作れそうです。ところが遠くばかり見ていて忘れがちになりますが、高知には土佐伝統の染物があるのです!鯉のぼりの季節によく見かけるフラフと呼ぶ旗がそれ、馴染みのない方には漁師さんが船にかざる大漁旗を思い出してください。紹介いただいた三谷染工場さんにお伺いして実際に近くで拝見してコレだと直感しました。


ミナモトタダユキ、竹虎四代目(山岸義浩)


そうして染め上がった土佐ならではのムレータは虎竹の里に似合います。撮るのは一流ですが撮られることは少ない写真家ミナモトタダユキさんも笑ってくださっているので良かったのだと思います(笑)。