竹の地下茎レーダー

筍


手入れがしっかり行き届いた竹林は本当に気持ちが良いものです、ウグイスの上達した鳴き声を聞きながら進んで行くと筍がようやく顔をのぞかせていました。高知では孟宗竹の筍は既に大きく伸び上がっていたり、皮を落して竹になりつつありますから、さすがに北の筍は気温が低いとみえて少し遅いようです。


イノシシの食害にあった筍


京都など名産地の筍は地面の下にあるうちに収穫していますが、それは筍が空気に触れて光が当たると硬くなるからです。だから、この竹林で一番のグルメは、どうやらイノシシかも知れません。土中にある柔らかくて美味しい筍を鋭い嗅覚で探り当て食べてしまっています。


淡竹の筍、竹虎四代目(山岸義浩)


筍は、まず孟宗竹、その次に淡竹、真竹と続きます。暖かな虎竹の里では孟宗竹はおろか淡竹の仲間である虎竹の筍もグングン伸びています。今シーズンも沢山の筍を頂きました、しかし食したのは全て孟宗竹であって虎竹の筍は今まで一度も食べた事はありません。淡竹なので絶対に美味だと思うのですが、虎竹はやはり多く成長させてから伐採する竹なのです。


竹


さて、初めて案内頂いたちょっとだけ小振な北の竹林。あちこちに曲りくねって伸びる生命力の塊のような竹根の見える山道を歩いて、竹はやはり魅力的だと改めて感じます。


竹根


先日の30年ブログでお話したように竹は無数の竹根で繋がり助け合って生きています。昔から地震の時には竹林に逃げろと教わってきたように、まさに天然の鉄筋コンクリートのようなのです。縦横無尽に地下茎が走るからこそ、地殻の変化に敏感に反応して開花すると言う話も聞きます。


そうなれば地下茎は土の中に張り巡らされたレーダーのようです。敏感に変化を感じて人間に知らせるために竹は花を咲かせているのでしょうか?120年に一度しか花が咲かないという神秘さから開花は不吉な事の前兆ともされてきました、真偽はさておき備える心は必要です。


続・直島の壁竹

 
三分一博志氏


直島では三分一博志さんという凄い建築家の方が活躍されていました。土地の風を長期にわたって計測し、歴史を学び、その場所に最適な建物を創るられているのです。改装中の古い民家の壁は漆喰、そして壁竹が見えています。


三分一博志氏建築の直島ホール


関心のない方でも地中美術館の名前くらいは聞いた事があるのではないでしょうか?こちらの三分一博志さん設計の直島ホールも半分地中に埋もれることによって空調の必要がないとの事でした。見た目の美しさにも目を奪われますけれど、島を吹き抜ける風を上手につかまえて夏でも涼しく快適に過ごせる構造に驚きます。


内田真一氏、竹虎四代目(山岸義浩)g


三分一博志氏の直島ホール、内田真一氏、竹虎四代目(山岸義浩)

竹と水


建築中の社員寮となる予定の建物を拝見させていただきました。半割にした竹樋をたっぷりの水が流れています、なんと地下水を汲み上げ屋根裏を通し循環させる事で各部屋にもエアコンが必要ないそうです。


三分一博志氏の建築


水は各部屋の出入口前にある池に注いでいました。ドアを開けるとこんな水辺があるとは、素敵すぎて寮から離れられなくなるのでは?と心配になりました(笑)。


水の冷却


黒電話、竹虎四代目(山岸義浩)


今日はいろいろ楽しく勉強させてもらいましたので、壁にあった黒電話を使います。空から見ている祖父に届いたでしょうか。


直島の壁竹

 
壁竹


このゴールデンウィークは久しぶりに多くの方が全国を旅されるとの事なので、瀬戸内国際芸術祭2022が開催されている直島あたりも大人気となっているのではないでしょうか。潮風香る島内を歩いて地元の方と交流しながら、点在するアートに身をゆだねる素晴らしい体験が待っていますので、もしまだ行った事がなければ是非オススメしたい場所のひとつです。


壁竹


さて、そんな直島にやけに風通しのよい建物を見つける事ができると思います。割竹を格子に組んで壁にしている斬新さに驚かれるかも知れません。ところが、これは何処かのアーティストが考案して創作したものでも何でもなくて、元々皆様さん日本人が暮らしていた民家そのままです。


土壁、小舞竹


そのままと言えば少し語弊がありますけれど、昔の住宅はこの竹格子を骨組みとして土を固定して壁にしていたのです。漆喰(しっくい)という言葉を聞いた事もあろうかと思います、お城や寺社の壁、土蔵などの白壁がそれにあたります。


直島


土壁の上に漆喰を塗って耐久性を高めると共に見た目の美しい建物にしていたのです。今回の竹格子は、壁竹(小舞竹)のみにして新しさを感じていただけるように工夫されていると同時に、日本伝統の暮らしの素晴らしさを改めて知る機会になっているのです。


壁面に使われた竹


坂道を下りた突き当りの民家には年期入って良い色合いになった竹壁がありました。日本唯一の虎竹も全てに色付があって一級品という訳ではありません。虎模様の少ない二級品も竹林管理のため伐採され山から出てきますので、以前はそのような竹で壁竹を製造しました。一丈(約3メートル)の長さに竹を割って出荷しますので丈割竹と呼んでいましたけれど、最盛期には毎週10トントラックに2台分も作って積み上げていた事を懐かしく思い出します。


フランス国内巡回展「日本の日常生活の中の竹」の展示作品が帰ってきた

 
パリの展示竹細工


2020年1月から開催されていたフランス国内巡回展「日本の日常生活の中の竹」(Bamboo exhibition in Japanese daily life)の竹細工達がパリから帰ってきました。思えば、ちょうど新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大直前からのスタートでしたので今度の展示はコロナと共にあったように思います。同年の10月からはリオンで、その次にはツールーズでの開催を予定していて皆様の反応を楽しみにしていましたものの、残念ながらそれは叶いませんでした。


それぞれの竹に作り手の顔が思い浮かぶ、日本人の暮らしの中から生まれてきた実用的で美しい竹細工ばかりを厳選していました。今では製作されていない籠も多いのでパリに荷物を送り出す時には、これが最高だと思っていましたけれど2年経って再会して見ると籠たちが変わったのか?自分が変わったのか?今度同じようにセレクトするとなると全く違う内容になるなあと感じますので面白いものです。




高知県高坂学園生涯大学

 
高知県高坂学園生涯大学での講演


高知には高坂学園生涯大学という60歳以上の方が集まり、毎月様々な講義を受講されている学びの場があります。知識を得る楽しみを持って何事にも関心を持たれて驚くほど沢山の方がご参加されているのは素晴らしいと感じています。そして、その講義の内容は多岐にわたりまさに人生の勉強をされているのだと思いますが、自分もそんな皆様の前で、についてのお話をさせて頂く機会を何度かいただいております。


虎竹の里の空撮


実は人生経験豊かな皆様ですので、竹の事についてはある程度をご存じの方も多いのでは?と思ってお伺いしていたのです。昔はご自宅近くにある竹林で遊んだり、竹トンボや竹馬を作る事も多くて今とは比べものにならないほど竹が身近で生活や仕事に関わるシーンもあったはずです。ところが、意外と竹の事について知らない方が多く、虎竹の里にいて竹に囲まれ、毎日竹に触れている自分達がマイノリティなのだと改めて感じさせられます。田舎の高知県でこれなので日本規模だと更に意識が違うのかも知れません。


虎竹の里でのインターンシップ


若い方なら尚更の事です、2000年より大学生のインターンシップを初めてから日本の竹文化が失われてしまうという危機感を強く持って毎年続けて開催しています。コロナ禍の昨年も初のzoom開催で海外からの参加もあり手ごたえを感じていますので今年もオンラインにせよ、オフラインにせよインターンシップを予定しています。


須崎市中学での授業


中学や高校の授業では地元に虎竹という珍しい竹があること、地域資源である竹をどうやって宝に変えて地産外商に繋げていくのかをお話します。日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」に乗って行ったり、虎竹アーマーで登壇したり、苦労は絶えません(楽しんでいるだけですが)。


ちなみに虎竹アーマーは胸を締め付けるので声が出しづらい時があります、普段と同じように息を吸い込めないのです。虎竹アーマーでもそうなのに昔の鎧など本格的な武装をして戦に出た武将はどうだったのか?戦場で声を上げられないと大変なので何か工夫があったのか?虎竹アーマーで声を張り上げながら思っていました(笑)。




高所恐怖症!四万十川ジップラインに竹虎四代目挑戦!

 
四万十川ジップライン


「四万十の鮎に大正の椎茸~♪」というコマーシャルソングが小さい頃からテレビで流れていましたので四万十(しまんと)と言う川の名前だけは耳について忘れる事がありませんでした。日本最後の清流と言われて全国から沢山のお客様が来られると知るようになると、今でも川漁師がいる全長196キロの雄大な流れは県外の方への自慢のひとつにもなっているのです。


道の駅四万十とおわ


そんな四万十川に久しぶりにやってきたのは、皆様のお陰で竹虎YouTubeチャンネル登録者数四万人突破で開催した「四万人突破・四万十ドラマ・四名様プレゼント!」企画のためでした。せっかく来たので、虎竹同様に高知の大自然が生んだ奇跡とも言える四国最長の川の恵みをご紹介できないものか?と考えたところコチラ方面に来れば誰でも立ち寄る道の駅四万十とおわの隣に新しくできたと聞いていた四万十川ジップラインを思いだしました。


四万十ジップライン


そこで、本当に軽い気持ちで体験してみようと思ったのでした(これが後で後悔することに)。


四万十川ジップラインに挑戦、竹虎四代目(山岸義浩)


観光の方も少なく平日でもありますので直ぐに滑ることができるだろうと思っていると「満」の文字が!いやいや、さすが四万十川だと感じます、これだけ人が少ないようでいても結構お客様がいるのでした。


四万十川ジップラインスタート地点


さて、ところでスタート地点に着てから思い出した事があります。実は自分は「高所恐怖症」だったのです!冬場は水量が少ないため川舟ではなく、車に乗ってスタート地点に向かいます。車のスライドドアが開いた瞬間に見上げた高櫓にクラクラとしました(涙)何故忘れていたのか...!?後悔しながら階段を上っていくのでした。(続きはYouTube動画にて)




馬路村農協東谷望史さん「組合長」ゆずぽん酢

馬路村東谷望史さん


高知県には、ゆずで有名な馬路村がある。実は明徳中学の時代から馬路出身の生徒がいて、元々山ばかりの土佐にあって更に山奥の不便な土地だと常々聞いており「馬路」というユニークな地名と共に印象深く思っていた村だ。その「馬路」を強烈に思い起こす契機になったのが馬路村農協組合長の東谷望史さんの言葉だった。


馬路村のチラシ、竹虎四代目(山岸義浩)


竹虎が深く沈んでいた当時、疲弊する中山間地域の中でスーパースターのように燦然と輝いて年間300組を超える視察団の来る村を語る東谷さんは「東京のデパートに売り出しに行った時、夜遅く帰ると近くのビルでは電気がついて誰か働いていた。田舎はもっと頑張らないと負けてしまう。」そう思って過疎化する村のため粉骨砕身したそうだ。


馬路村農協組合長


ごっくん馬路村や、ぽん酢しょうゆ等の大ヒットを飛ばし続ける有名な馬路村さんのそんなお話に勇気づけられた。同じ高知だから自分達も出来ない事はない、そう思って遠くに微かに見える光を追いかけて来たような気がする。今期で退任される東谷さんから届いた馬路村農協「組合長」ゆずぽん酢は、最高傑作だと思う。本当に旨い。


四万人突破で四万十ドラマのスイーツが四名様に当たる!

 
220305003.jpg


竹虎YouTube動画チャンネル登録者数「四万人」突破でピンと来ますのは、昨日の30年ブログで話しいたしましたように最後の清流四万十川です。「四万」という語呂合わせだけではありません、四万十川は土佐の自然が生み出した雄大な流れですし虎竹も土佐ならではの天然素材、どちらも特有の風土の中で育まれてきたという点で似た者同士です。


四万十ドラマ畦地履正、竹虎四代目(山岸義浩)


この四万十川にしっかりと根を張り、地域農産物を活かしたモノ作りをされている四万十ドラマさんに今回はご協力をいただく事ができました。田舎の小さな竹屋である竹虎にとりましてはもちろんの事、地方から地産外商を目指す全国の皆様にもお手本になるような素晴らしい会社様です。


四万十ドラマの人気スイーツ


登録者数四万人突破を記念して四万十ドラマの大人気スイーツが四名様に当たるプレゼント企画を開催させていただきます!お届けいたします賞品は、いも焼き菓子ひがしやま、焼きいもモンブラン、ジグリキントン、あうんアールグレイの四商品、それぞれ抽選にてラッキーな一名様にお届けいたしますので下のリンクからドシドシご応募ください。


四万人突破記念!四万十ドラマのスイーツ四名様プレゼント


いも焼き菓子ひがしやま


発売当初から洒落たデザインと評判でずっと気になっていた幻のにんじん芋をつかったスイーツです。ねっとりとした食感、クセになる甘さ、竹虎社員にもファンの多い逸品です。


焼きいもモンブラン


サクサクのサブレ生地に芋と栗のクリームがたっぷりのったお菓子。地元の芋と、宮崎県須木(すき)の栗が使われています。常温で食すことのできる新感覚。


ジグリキントン


とにかく濃厚と大評判、材料は栗と砂糖のみのシンプルさ。しまんと地栗の甘さを活かした「ジグリキントン」です。熱いお茶があれば、いくらでも食べてしまいそうなキントンです。


あうんアールグレイ


「あうんアールグレイ」は四万十川流域で作られる四万十紅茶と、ゆずの村として全国的に有名な馬路村農協のベルガモットのコラボで作られた香り豊かな味わい。自分も四万十川を眺めながら地元の栗を使ったスイーツと一緒にいただきましたが栗の美味しさを何倍にも引き立てると感じました。


四万十ドラマ畦地社長さんの、それぞれの製品へのこだわりと思いを語っていただいております。どうぞご覧ください。




世のお父さん方!お休みの日は作務衣でリラックス

 
藍染作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)


さて、本日は作務衣についてYouTube動画でお話させてもらいました。色落ちしながら、長く愛用していると傷みやすい箇所がいくつかあって、そこを修繕しながら楽しんでいる作務衣のお話です。自分の場合は35着ほどある中から25着をその日の仕事やスケジュールに合わせて選んでいますが、やはりその中でも洗濯終わればすぐに着たいという好きな作務衣があるので、どうしても傷みが早くなってしまいます。


虎竹の里、作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)


自分の場合は、仕事はもちろんなのですが...。


作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)


遊びでも


作務衣、中尾彬、竹虎四代目(山岸義浩)


虎竹アーマーとでも


高知県地場産大賞、竹虎四代目(山岸義浩)


フォーマルな受賞式でも


作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)


山歩きでも


作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)


ANAの機内でも


RKC高知放送


テレビ番組に出演時でも


作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)、インスパイア2019


竹虎プレゼンでも


メキシコ竹林見学、作務衣


「竹」気合の入った刺青とも


作務衣、よさこい祭り、竹虎四代目(山岸義浩)


よさこい祭りでも


竹虎四代目(山岸義浩)、世界竹会議


メキシコはハラパで開催された世界竹会議基調講演でも


作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)


海でも


作務衣、竹虎四代目(山岸義浩)


山でも


背負い籠、竹虎四代目(山岸義浩)、作務衣


籠とでも


作務衣、中学授業、竹虎四代目(山岸義浩)


地元中学の授業でも


silviafurmanovich、YOSHIHIRO YAMAGISHI


世界的デザイナーとでも


合宿、竹虎四代目(山岸義浩)


一泊の合宿でも


作務衣、結婚式、竹虎四代目(山岸義浩)


社員の結婚式でも


竹虎四代目(山岸義浩)、zoom


zoomでも


作務衣、スペイン、Vitoria、竹虎四代目(山岸義浩)


虎竹の車体でボックスカートレースに参戦したスペインでも


作務衣パンツ


365日着用しているからパンツも傷みます。特にポケット部分は虎竹長財布を入れるから穴が開きそうなほどです。


虎竹の里、竹虎四代目(山岸義浩)


襟に濃紺の筋が入っていますけれど、これはお洒落やデザインではありません。必要なので当て布して縫ってもらったのです、でもかえって格好がいいです(笑)。作務衣はこうしてツギハギしながら大事に着ていくものなのです。




神木隆之介さん主演!牧野富太郎博士がモデルのNHK連続テレビ小説「らんまん」

 
牧野植物園


2023年度前期、NHK連続テレビ小説「らんまん」モデルに、ご自身を「草木の精」と言われていた世界的植物学者・牧野富太郎博士が決定したという嬉しいニュースが飛び込んできました。しかも、主役を演じるのが神木隆之介さんと言いますから、何とも素晴らしいキャスティングをしていただいたものだと思っています。とてもユニークな一面を持たれていた牧野博士を、きっと日本中の皆さんに明るく楽しくお伝えいただけると期待しています。


虎竹の里


日本の植物学の父ともよばれた同氏ですが、実は何を隠そう日本唯一の虎竹の命名の父でもあります。精力的に活動されていた牧野博士も、この美しい虎竹の里に何度か足を運ばれたかと思うと感慨深いものがあります。焼坂の麓からの山道を虎竹を調査しながらきっと歩かれたと思います、そして峠から向こうに竹が全くなくなるのをご覧になられて一体どのように感じられたのでしょうか?


牧野植物園の虎竹


功績を記念して作られた高知市五台山にある牧野植物園(The Kochi Prefectual Makino Botanical Garden)。県外の方に「高知観光で何処が一番ですか?」と聞かれたら、必ず真っ先にオススメする場所が、この牧野植物園です!数年前からはパワースボットなどと若い方にも人気だそうですけれど、竹虎にとっては自分の生まれる前から特別な場所のひとつです。


牧野植物園温室


20数年前に建築家の内藤廣氏設計で建てられた記念館は見事です。オープン時に移植した虎竹の里の竹たちもありますので高知が初めての方なら是非にとご紹介すると、中にはあまりに気に入ってしまい飛行機の便を最終に変更してまで一日ゆっくりしたと大好評いただく植物園です(笑)。朝ドラの放送で沢山の方にお越しいただける事と喜んでいますが、今の時代にこそ必要な癒しのサンクチュアリかも知れません。