創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎 

[ 最終更新日: ]             


高知新聞 2016年5月9日



高知新聞 2016年5月9日

竹虎四代目(山岸義浩、YOSHIHIRO YAMAGISHI、TAKETORA)、高知新聞 2016年5月9日
竹虎職人、高知新聞 2016年5月9日


カメラリポート

"竹虎自動車"制作中

須崎市の竹材会社


町工場の真ん中で職人たちが自動車作りに精を出している。ここは竹材メーカー。須崎市安和の「竹虎 山岸竹材店」が、地元特産の虎斑竹をふんだんに使用して、一風変わった車を仕立てている。1894年(明治27)年創業の老舗、新たな挑戦だ。

「竹細工はよく言えば伝統産業。でも実際は地味やとっつきにくい、といったイメージを持たれ注目されることがない。今の若い人は青竹踏みも知らんのよ」4代目の山岸義浩社長(53)が"竹虎自動車"の発案者。「竹の持つ柔軟性、強さをアピールするのにぴったり。竹の車が公道を走れば、いろんな人に振り向いてもらえる」と意気込んだ。

車の骨格は富山県の光岡自動車が製造する三輪電気自動車(2人乗り)。フロントカバーなどを取り外し、社長の弟、山岸龍二専務(50)をリーダーとした職人がボディー制作に取り掛かった。外観はもちろん、内装の座席、床、後部の荷物置きに至るまで、全て竹で包んだ。座席下のスペースは厚さ0.5ミリほどしかない竹を、隙間のない「網代編み」で仕上げた。

5月中の完成を目指しており、今後ハンドルなど細部の詰めの作業に取り掛かる。販売の予定はなく、虎斑竹の自生地にお客さんを案内するときに使用する予定という。

「『笑』の字には竹が入っている。竹は人を笑顔に、幸せにできると僕は思っていますよ」。持論を口にする山岸社長。もちろんにかっと笑っていた。


(新聞「高知新聞 2016年5月9日」より転載)


















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご