牧野植物園、虎竹光悦寺垣と春

虎竹光悦寺垣、牧野植物園


今日の高知は最高ぜよ、空は青く晴れ渡り、陽射しはサンサンと降り注ぎ温かく過ごしやすいのです。道行く車は窓をあけて風を入れながら走っていきます、日当たりの良い部屋でも昼前になると締め切っていられないほどになるのではないでしょうか。


日頃はインドア派の人でも、ついつい外出したくなるような日なら是非散歩がてら訪ねてもらいたいところがあるのです。それが高知市五台山にある牧野植物園(遠くの皆様申し訳ございません)。緑や花々が美しい季節はまだまだ先かも知れませんがアップダウンのある園内を行けば軽く汗ばみそうな陽気の今くらいが心地よいのです。


牧野植物園


高知観光の隠れた名所として県外の方にいつもオススメしてきたのは虎竹の命名の父である牧野博士の偉業を顕彰する植物園であり、日本唯一の虎竹を移植させていただいているご縁がある事がひとつ。


牧野植物園


最近ではパワースボットとしても人気の場所ですが、そんな事を言われるずっと前からここは来るだけで気持ちがのよい癒しを感じる所だったことがひとつです。


牧野植物園、トサトラフダケ


そして、さらに先日は施工させていただいた6メートルもある虎竹光悦寺垣が完成しています。歩道にあわせて曲線を描くなだらかなラインは美しく多くの方の目を楽しませる事ができるのではないかと思っています。


高知に来られる機会がありましたら、観光名所は桂浜や高知城、日曜市ばかりではありません。84%を森林に囲まれた日本一の森林県である高知の真骨頂は山にあり、山の恵みと自然の豊かさを感じさせてくれる他にはない植物園が牧野植物園なのです。


トラックバック(0)

コメントする