お一人様?お二人様?淡竹椀籠


お一人様淡竹椀籠


夫婦二人だけになったからというお客様から小ぶりな椀籠を頼まれて通常の籠より直径が10センチ程度小さな籠を作ってみましたぜよ。サイズを変更すると簡単に言ってますが結構大変です、特にスケールダウンするのは熟練の職人でないと出来なくて数個製作してみましたが気に入るものが編み上がりません。


椀籠


何個か出来あがったサンプルを見比べて口巻を当て縁にする事にしました。ところが今度は深さが気になります、小さくした分高さをとって容量を増やした方が良いのかと思いましたが、実際使ってみると浅い方が良さそうです。


お一人様淡竹椀籠


そこで、高さを若干低めにしてもらってようやく完成したのがお一人様の淡竹茶碗籠なのです。格好も良いですが、食器の出し入れがしやすく機能的な籠になりましたぜよ。


碗籠


「お一人様」となっていますが実際にはご夫婦でお使いになられるように考えたのがスタートでもあり、「お二人様」とネーミングを変えてもよいくらいの十分な収納力があります。手に取られた方は匠の技に惚れ惚れしてしまうこと間違いなしの淡竹(はちく)籠です。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26843

« 牧野植物園、虎竹光悦寺垣と春 | Main | 棕櫚持ち手、伝統の箕 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.