素朴、山ぶどう手提げ籠バッグ


山ぶどう手提げ籠バッグ


秋も深まってくると恋しくなるのが山葡萄。海外からの輸入が増える中、やはり国産で昔ながらの素朴な籠を知ってもらいたいと古老の職人がコツコツ手編みしています。


山ぶどう手提げ籠バッグ網代編み


熟練の竹職人が自分の目利きした竹でないと使わないように、昔ながらの山葡萄の職人も自ら山に分け入り材料集めから始めています。地元の山の素材は色が違う、品な違うと誇りを持っているのです。


山ぶどう手提げ籠バッグ


山葡萄手提げ籠バッグの最大の魅力は素朴さです。


山ぶどう手提げ籠バッグ修理


そして強さ。こうして持ち手を修理すれば又何十年とご愛用いただけます。


山ぶどう手提げ籠バッグ


使っているうちに渋く変色し光沢を放つ山ぶどう、新しい持ち手部分は何年か経つと馴染んできます。


山ぶどう手提げ籠バッグ


自分も久しぶりに愛用している棚編みバッグで過ごしやすくなった季節を楽しみたくなりました。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27642

« 不思議、沖縄 | Main | 竹虎に美味しい山賊がやって来る »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.