新・鬼おろしを使ってみました

鬼おろし


リニューアルした竹の鬼おろしは形やサイズが変わったわけではありません、機能面や外見は全く同じですが竹素材そのものを変える事にしたのです。昨今の気候変動は皆様ご承知の通りですけれど、たとえば虎竹の里も霜が降りず寒くなければいけない時期が温かすぎるために虎模様の色づきが良くなかったりしているように当然ながら自然界の竹にも何らかの影響があるように感じています。


そのひとつが孟宗竹の虫害です。竹の質が変わったのか?伐採時期などにズレが生じているのか?まだ詳しいことは分かりません。しかし、明らかに虫の発生率が高くなっていますので孟宗竹を素材に使う製品は可能な限り炭化加工等の対策をして防虫を考えていかねばならないのです。ただ、鬼歯だけは炭化で素材がもろくなる場合があるため今までどおりです、竹の鬼おろしの命は鋭く硬い鬼歯だからです。


鬼おろしを使ったサラダ


鬼おろしサラダ、竹虎四代目(山岸義浩)


さて、今回は大根おろしの前にニンジンと玉ねぎを擦りおろしてみる事にしました。キャベツやレタスの上におろしたニンジンをのせて、擦りおろし玉ねぎを使った手作りドレッシングをかけると何と食が進みます!


大根おろしg


竹虎四代目(山岸義浩)


大根おろしは当然の美味しさ、おじゃこと鰹節に醤油があればゴハンがいくらでも食べられるのです。


鬼おろし、すりおろしリンゴ


鬼おろし、すりおろしリンゴ


最後にリンゴを擦りおろして毎日食べているヨーグルトに入れます。スーパーに行けばドライフルーツなども沢山売られていて簡単ですがやはり生の果実を使うと違います。鬼おろしは朝から晩までお役にたてるキッチングッズと言えます。





トラックバック(0)

コメントする