山葡萄の強靭な紐

山葡萄買い物籠


昨日に続いて山ぶどうのお話しをしてみたいと思っています、若い葡萄のツルが長い年月で得も言われぬような風合いに変わって行く様もご覧いただきました。


山葡萄買い物籠タナ編み


山葡萄手提げ籠バッグは自然な武骨さが魅力です、武骨さを強調しすぎる作風もあまり好きではありません。


山葡萄買い物籠


あくまでも自然に、山にあるように雄々しく。


山ブドウ手提げ籠バッグ


デザインを入れるにしても古老の編む山葡萄は優しさを感じます。


山葡萄ショルダーバッグ


先日まで珍しいショルダーバッグが一つだけ本店にありました。


山ブドウのロープ


ショルダーの紐に使われていたのも当然山葡萄です。この紐も水に強く自然素材では最強クラスの丈夫さを誇ります、先日ご紹介した竹縄と東西横綱かも知れません。ただ一つ大きな違いは竹素材の身近さでした、毎年ドンドン生える若竹を素材とした竹縄ほど山葡萄は豊富に収穫できなかったのです。


クルミ手提げ籠バッグ


クルミの手提げバッグも昔から作られ続けてきています。表皮とウラ皮の色合いの違いを活かして面白い表情のものが編まれていますが、傷みやすい持ち手とジョイント部分に堅牢な山葡萄を使っている職人が何人いるでしょうか?自然素材は長く使う内に真価が問われるものです。




トラックバック(0)

コメントする