続・竹と笹

ホウライチク


をお話しする時に、もうひとつ忘れてはならないのがバンブー類です、真竹や淡竹のように地下茎を伸ばして広がることがなく株立ちで成長する竹です。高知で良く目にします蓬莱竹(ホウライチク)は、元々は熱帯系の植物で日本には火縄銃に使うために入って来た竹ですが、株立ちで田畑に広がる事もなく、しっかり土壌を固められる事から護岸用として多用されてきました。


何度かお話ししていますように、川の流れの急になるポイントには良く植えられているので小さな頃からずっと不思議に思っていた竹なのです。高知ではシンニョウダケとも言われる竹、よほど川縁が好きな竹だと勝手に思っていたものの後から考えると全て人が防災を考えて植えたものでした。熱帯系の竹ですので南国土佐の暑い日差しの気候が合うのでしょう、この蓬莱竹もかなりの大きさです。蓬莱竹がこれくらいに成長するには100年近くかかっています、つまり長い間この川の流れを見守り続けてきてくれた地域の守り神とも言えます。

 
蓬莱竹


昔から台風銀座と呼ばれ大雨に悩まされてきた土地柄です、このような蓬莱竹の林は珍しくありません。知らない土地だとしても遠くからでも一目で分かります、こうして並んで繁る蓬莱竹に沿って川が流れています。もちろん護岸用として活躍するだけではなくて、その節間の長さを活かした竹細工にも使われてきました、蓬莱竹(ホウライチク)の竹ざるに少し書いていますので関心のある方はご覧ください。


竹類、笹類、バンブー類と竹と言っても色々と種類があることがお分かりいただけたかと思います。日頃何気にご覧いただく竹も日本人の暮らしに昔から深く関わってきただけに少し知っていると面白い事があるのです。孟宗竹と淡竹、普通の方からすれば太さ以外に見わけのつかない竹も、この動画で簡単に見分けられるようになります(笑)。





竹と笹

孟宗竹林


は木でもなく、草とも違う竹特有の丈夫さ、しなやかという特性を持ち、身近にあって手に入りやすく加工性も高いことから縄文の時代から籠の素材とした使われてきています。竹の生育域というと日本や中国を思い浮かべる方が多いかと思います、しかし東南アジアやオーストラリア、中南米、アフリカなどの温暖で湿潤な地域に広く分布して、世界に約1300種、日本には約600種があるのです。


雪と竹


もともと南方系の植物なので孟宗竹などは日本の北限が青森か函館あたりと言われてきましたが近年の温暖化で少しづつ変化しているようにも感じます。そう言えば30年近く前には北海道のデパートにも売り出しに行ったことがありました、クマザザなどは沢山あるものの大きな竹がなくて竹製品は結構珍しがられた覚えがあるのです。


孟宗竹


竹は他の木と違って、受精しなくても地下茎から毎年筍が伸びてきて生育域を広げていきます。ところが、60年とも120年とも言われる間に一度、竹が花を咲かせることがあります。竹の花が開花すると、群生している竹が一斉に枯れてしまいます。虎竹の里の古老に聞くと虎竹の林も一部で開花した時期があり、やはり一帯の竹がすべて枯れたそうです。


竹の花


では竹の花というのはどんなものでしょうか?実は竹はイネ科の植物です。なので竹の花もまるで稲穂のような姿をしています。日本の竹の品質が世界最高と言い続けています、ササニシキやコシヒカリといった世界最高レベルの美味しいお米ができる日本で同じイネ科の竹の品質が良いのは自然な事だと考えているのです。


孟宗竹皮


そんな竹ではありますけれど竹には仲間に笹もあって、皆さん日ごろあまり疑問も持たずにおられますけれど一体竹と笹の違いをご存知でしょうか?実は最初に答えを言ってしまいますと明確な違いは分かっていないのです。もちろん大まかな選別はされています。まず背丈で別れていて背丈の高いものが竹、低いものが笹。両方とも筍から成長していきますが、その筍の皮が稈からすべてなくなるのが竹皮がずっと残ったままなのが笹といった具合です。


メゴ笹、オカメザサ


メゴ笹洗濯籠


しかし、背丈の低い竹もあって例えば高知ではメゴ笹と呼ばれて洗濯籠などに多用されるものがあります。これは全長で1メートルから2メートル程度の高さで竹としては小さいものですが竹類なのです。浅草の酉の市でオタフクの面をつける素材なので「オカメザザ」とも神楽に使うので「カグラザザ」という呼び名もあります、すべて同じ植物のことで「ササ」と名前がついているのに竹類なのです。


スズ竹


背丈の高い笹もあります、たとえば昔は弓矢の矢にしたことに名前の由来のある「ヤダケ」高さは長いものだと5メートル程度になりますが笹類です。幕末に新選組の副長として活躍した土方歳三が「将来武士になったらこれで矢を作る」と武士になる決意をこめて生家の庭に植えたという話があります。また、数寄屋建築に使われるという事で竹虎でも結構取り扱っていたメンチク(メダケ)も稈の高さは4メートル程度になります、「ヤダケ」「メダケ」と竹のような名前がついているのに笹類です。現在一斉開花はが始まって竹林が枯れてしまっているスズ竹も「竹」と付きながら笹の仲間です。



スクエアバスケット登場です

スクエアバスケット、脱衣籠


虎竹を四ツ目編みした巾着籠を数年前より作っていましたけれど、底編み部分だけを小物入れにされたいというお客様からのお問い合わせもあり四角籠での商品化をしていました。色々なサイズ展開をしたら面白いと思って、まずA4サイズが入る書類籠や衣装籠などにも使っていただけそうな大きな籠から取り組むことにしたのです。


スクエアバスケット衣装籠


衣装籠と聞きましても、あまり耳慣れない若い方々もおられるかも知れません。一番分かりやすいのは旅館さんなどで浴衣やタオルを入れてあるもので衣装盆と呼ばれる木製のものなどもあります。


虎竹四ツ目編み籠


巾着籠は虎竹模様が外側に見えるように編んでいます。実はその後に四ツ目編み小物籠として製作した籠もすべて外側に虎竹模様がでるようにしています。


虎竹四ツ目編み


ところが、せっかくの虎模様が見えなくなることから今後の籠はすべて内側に虎模様が来るようにしました。竹ヒゴがL字型に曲り立ち上がっていますが、このあたりの熱したコテを当てて曲げていく工程は動画でも詳しくご覧いただけます。


衣装籠、竹虎四代目(山岸義浩)


普通なら「虎竹四ツ目衣装籠」と呼ぶところを「スクエアバスケット」と名付けていますのはシンプルでモダンな竹籠に仕上げで今の暮らしの中でお使いいただきいたという思いを込めてのネーミングです。





捨てる所のない竹素材

竹皮草履竹皮鼻緒


長い梅雨がようやく開けて竹皮の整理をしながら少しづつ編み始めている国産竹皮草履です。自分の一番好きな竹皮鼻緒は若干耐久性に劣るため最近ではあまり製造していません。地味ですが実はこれはが昔から主流に履き続けられてきた草履なので少しでも作れるようにしたいと考えています。


国産竹皮草履用の竹皮


しかし、こうして竹皮を天日干ししているのを眺めていると改めて思います。筍が竹へと成長する過程で脱ぎ捨てる竹皮は草履に編まれるほか、おにぎり弁当用の包材としての活用方法もあります。


竹根細工


竹根の部分も地下に埋まっている部分なので活用されていないかと言うと竹根の景色も美しい茶器に変身するのです。


虎竹茶


こうして竹皮、竹根、稈、小枝そして竹葉まで捨てる所なく使い切ることのできるのが竹の素晴らしさ。今年の虎竹茶は仁淀川上流沢渡で作られる紅茶をブレンドして今までで最高の美味しさ、この暑さです冷やしてお試しください。