虎竹アーマーで地元高校の授業?

虎竹アーマー


いよいよ今週になってしまいました。いよいよ、と言いますのは今週高校生の授業でお話しさせていただくのですが折角の機会なので虎竹アーマーでお伺いするとポロリと話してしまったのです!テーマは今年地元中学生にお話しさせていただいた「NO BAMBOO NO LIFE」なので分かりやすくて良いアイデアだと、その時は思っていました。


虎竹アーマー腕


あっ、もしかしたら虎竹アーマーをご存知ない方もおられるかも知れません。昨年の竹虎創業125周年記念で参加したスペインはビトリアでのボックスカートレースに日本唯一の虎竹カートを製作して参加したのですが、その時に着用するプロテクターとして作ったものなのです。細部まで職人がこだわりぬいた傑作です(笑)。


スペインでのレース


虎竹は土佐藩政時代に山内家への年貢として献上されていた歴史がある竹なので兜のモチーフは山内家初代の山内一豊公が被っていたものを再現しました。お陰でスペインでも拍手喝采でしたが、今の若い高校生には果たしてどうでしょうか?


竹虎四代目(山岸義浩)


この格好でドン引きされたら...。虎竹アーマーは本格的なので重量もあって重いのですが、鎧よりも気が重い月曜日です。





トラックバック(0)

コメントする