創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

虎竹の油抜き(矯め直し)

虎竹の油抜き



虎斑竹の特徴は何と言っても表皮に浮かぶ日本唯一の美しい虎模様です。しかし、その虎模様は群生している竹に鮮明に浮かんでいる訳ではありません。美しい虎竹細工をお届けするには、伐採後に竹の「油抜き」という加工や「矯め直し」と呼ばれる竹の矯正作業が必要なのです。竹の油抜きとは、どのような工程なのか?竹職人の伝統の技でもある竹の製竹作業を紹介していきたいと思っています。
竹虎四代目
なぜ「油抜き」の作業が必要か?
油抜きにはガスバーナーや炭火を使う乾式油抜き(火抜き)と、熱湯を使う湿式油抜き(湯抜き)があります。竹は油分の多い植物なので余分な油抜きをする事により耐久性を高めると共に竹表皮の汚れ落としやツヤだしという効果があるのです。
油抜き前の虎竹
矯正作業後の虎
こちらが矯正作業後の虎竹!真っ直ぐ伸びちゅうし、山に生えている時に比べて虎模様がこじゃんと綺麗になっちゅうががお分りいただけますろうか。それでは実際の製竹作業を更に詳しく紹介します!

そこで竹の油抜きをした熱を利用して竹の曲がりを一本一本矯正ししていくのです。竹は真っ直ぐというイメージがあるかも知れませんが一本として真っ直ぐな竹はありません「矯め直し」 という竹の矯正作業がないと、真っ直ぐな竹を利用した竹細工はできないのです。



ガスバーナー
日本唯一の虎竹は、この大型のガスバーナーを使い油抜きしていきます。5本のバルブからゴーゴーと音をたてて炎が吹き出す中は700度の高温になるのです。



竹の太さや個性もありますし、乾燥具合などにもよってバーナーに竹を差し入れるタイミングや火に炙る時間はバラバラです。焦がさないよう、それぞれ時間を微妙に調節しながら油抜き作業をしていきます。油抜き作業が始まると糖質豊かな竹からは鼻をくすぐる甘い香りが工場一杯に広がるのです。



短い竹はそれ専用の小型バーナーがあり効率よく仕事ができるようになっています。竹に付着していた汚れを落とし、虎模様をより美しくさせます。



竹の油抜き



天然の油成分を多く含んだ竹からは熱を加えると切り口や表面から竹瀝(ちくれき)と言って竹の油分が噴き出します。この油分を利用してウエスと呼ばれる布で竹を手際よく拭き上げていくのです。
竹からにじみでる油成分をウエスで、竹の汚れと一緒に綺麗に取り去り竹の自然なツヤを出していきます。 油と一緒に拭きとられた竹表面の汚れで、ウエスは真っ黒になり、油でカチカチに固まってしまいます。竹の油分を含んだウエスは火をおこす際の着火剤としても使われます。
腕前はウエスで分かる
竹虎では油抜き作業と言えば、まずこのウエスの扱い方を先輩職人から教わります。ウエスを上手に使うことができず、汚れた部分でぬぐってしまうと、竹に汚れが残ったまま綺麗に拭き上げることが出来ません。「油抜きの上手さはウエスを見ればわかる」と昔からの職人がつぶやきます。



湿式油抜き
虎竹はガスバーナーの火で油抜きをしていくがです。真竹の油抜きは湿式油抜きと呼ばれる熱湯を使うた湯抜きなのです。
湯抜き(湿式油抜き)は、苛性ソーダをごく少量入れた熱湯で真竹を煮沸していきます。虎竹の油抜きと同様に、1本1本様子を見ながら湯抜きも行わなくてはなりません。
沸き立つ湯気からも竹特有の甘い香りが漂います。湯釜から取り出した真竹を布で丁寧に拭きあげると、真竹は青みびかかった淡い若草色に変わります。
真竹から白竹(晒竹)へ
若草色をした湯抜き直後の真竹は、冬の天日に干すと美しい白色に。そのため湯抜きを終え天日干しをした真竹の呼び名は、白竹、または晒竹(さらしだけ)となるのです。
真竹から白竹(晒竹)へ
寒空を覆うように上る湯気や、一面にならべられた白竹の景色が見られるのは、竹の山出しと同じ冬の冷える季節のみなのです。
矯め直し作業に入るぜよ
これで油抜き作業は終わり。竹の汚れをしっかり落として、美しくなった竹たちは、曲がりを整える矯め直し作業に入るがぜよ!




竹は熱を加えると柔らかくなる性質があるため、油抜き後の竹が柔らかくなっている状態で矯め直し作業は行います。矯め木と呼ばれる穴の開いた大きな木に竹を差し込み、曲がりのある部分を一節ずつ押し曲げながら、竹を真っ直ぐにする作業です。



竹虎工場の矯め木には、よく見ると彫り込みが6箇所あります。彫り込みは、それぞれ幅を微妙変えてあり、太かったり、細かったりと、どのような竹の曲がりでも矯正できるように工夫が施されています。



竹虎の矯め木は、もちろん職人の手作り。一枚の分厚い木材からノミを打ち続けて作り上げます。手作りだからこその、この工夫。念入りに削り上げた矯め木は、10年近く使い続けられ、矯め作業を支えてくれます。



矯め直しは熱くなった竹の繊維を伸ばしながら整えていきますが、竹が熱いままでは、また元の曲りがある状態に戻ってしまいます。竹に水をつけて冷却しながら矯め直しをするのも、矯正作業の技のひとつです。竹を真っ直ぐに矯め直せるということは、反対に曲がりをつけることも出来るということ。縁台足元の支えに使う竹などは曲がりを入れたりもします。
日本唯一を届けるために
竹虎の工場ではこの製竹作業を4~5人のチームで行っています。竹枝の付け根部分を取り払う目打ち作業を行った後、油抜き、そして矯め直し...どの工程も日本唯一の虎竹を、そして豊かな竹のある暮らしを全国へ届けるために欠かすことのできない大切な仕事なのです。



動画で詳しく見る。


黒竹矯め直し動画こちら >>>



山出し、選別中の虎竹
こうして矯正作業を終えて...
日本唯一の美しい虎竹に!!
日本唯一の美しい虎竹に!!
伝統の技を繋ぐ。竹文化を考える。
竹の油抜きに矯め直し、竹の矯正作業は何百年と続く竹文化を守るための基本の技でもあると同時に、継承し続けねばならない伝統ある技でもあります。

群生している竹そのものが真っ直ぐ、そして美しい色をしていて、製竹作業が行われていること自体をご存知ない方も少なくありません。そんな方に少しでも竹文化と職人技を知ってもらいたい...そのため製竹作業は竹虎工場見学やインターンシップ、マスコミ取材でも必ずといって良いほどご覧いただいている工程。

一人でも多くの方と一緒に、地域の伝統を繋いでいくこと、竹文化を紡いでいくこと、それが100年後のかけがえのない宝物のひとつになると信じています。
竹虎四代目
虎竹についてもっと知りたい方はこちら
虎斑竹とは?>>> 虎竹の山出し>>> 虎竹の伐採方法(竹の切り方)>>>





















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご