竹の縁台について

部屋の乾燥具合にもよるかもしれませんが、座面の前後の竹にクラックが入ってきて、それがもう間もなく全部つながりそうです。割れてしまった状態で使用して危険はありますか?
天然の竹をそのまま使用しております為、空調による乾燥等で割れる場合がございます。割れの部分が拡がらないよう紐か針金で巻いて頂けたらと思います。なお、割れ具合により手を切る等、お怪我をしてしまう恐れがございます。十分ご注意ください。
湿気の多い土地での使用は問題がありますか?(竹製品は湿気には弱い等)
湿気の多い土地でご使用になるということですが、こちらの商品は、自然の竹と木を使用しております為、湿気に弱いです。また、直射日光や空調の関係でどうしても割れが入る場合がございます。
物置が無い為、適切な保管方法を教えてください。
虎竹縁台品は太陽の光(紫外線)や湿気などの影響により色褪せたり割れてしまう可能性がございます。未使用期間中は折り畳み、風通しが良い場所で軽くシートをかけるなどして保管していただけたらと思います。
庭での使用にあたって、注意点など教えてください。
虎竹縁台ですが、足の木材部分、座面の虎竹部分は素材の性質上、直射日光や空調の関係でどうしても割れが入る場合がございます。ご使用にさしつかえない程度であれば、針金等でしばって頂けたらと思います。また、湿気の多いところでのご使用は避けて頂き、踏み台としてのご使用は大変危険ですのでお避けくださいませ。
ベランダで使用しており、時々、固く絞った雑巾で水拭きをすると、竹の虎目が拭いた時は綺麗に出るものの、乾くと白っぽくなり模様の美しさが半減します。模様の美しさをキープする方法はありますか?(ニスを塗る・柿渋を塗る等)
長い間ご愛用頂いておりますと、太陽の光(紫外線)などの影響を受け、色褪せてしまい、どうしても白っぽくなってしまいます。どうしてもと言う場合にはニスなどの塗料を塗布する方法もありますが、テカリが出ますので、あまりオススメできません。

トラックバック(0)

竹の縁台についてもっと詳しく知りたい場合はこちらから

ご質問はページに掲載させていただく場合がございます。またメールにてご返答させていただきます。
ページに掲載する際は、一部編集させていただくことがございますのでよろしくお願いいたします。