そばせいろについて

底板がないようですが、水の受け皿はついていませんか?その場合、別途購入できますか?
当社のそばせいろは、水はけが良いようにと底板を付けておらず、すだれと縁枠のみで、水を受ける皿はついておりません。受け皿が必要な場合は、水切りの滴が落ちないよう底のついた「竹製箱型すだれ蕎麦皿」をおすすめいたします。

竹製箱型すだれ蕎麦皿 >>>
黒い小さい虫が竹に穴をあけていました。
当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、自然の風合いを活かした安心できるものをご提供できればと、薬剤処理(防虫処理)を一切行っていない為、きちんと管理されていても虫が入る場合がございます。対処法としては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけていただくと、完全ではありませんが防虫効果がございます。

※熱湯をいれた容器に浸けて頂きますと、より効果的です。熱湯を扱いますので火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして、水気をしっかりと拭き取り、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。

トラックバック(0)

そばせいろについてもっと詳しく知りたい場合はこちらから

ご質問はページに掲載させていただく場合がございます。またメールにてご返答させていただきます。
ページに掲載する際は、一部編集させていただくことがございますのでよろしくお願いいたします。