竹ブローチの花畑

2020年2月 7日

  竹ブローチ


先日、虎竹の里にお越しいただきましたSilvia Furmanovichさんを30年ブログに掲載した時にもご紹介した色鮮やかな竹ブローチが一足早い花畑のように咲き乱れています。


竹ブローチ


ひとつひとつのブローチを見ると細い薄く取った竹ヒゴを組み合わせて弾力を活かした編み込みにしています。これらの竹細工は60年以上も前に考案されたもの、奇跡的に竹工場の倉庫から45年ぶりに見つかったいわゆるデッドストックの数々なのです。


竹ブローチ


当時は非常に人気があり様々な形の竹編みが作られ全国で販売されていました。営業開始から50年の年月を経た竹虎本店にも同じようなアクセサリーが竹バッグなどと共にズラリと並んでいたことを懐かしく思い出されます。しかし今でも古さを感じさせないのは流石に本物、スカーフを留めるのに使ってもオシャレです。


竹ブローチ


「技術の進んだ現代なのに、どうして新しく製造できないのですか?」とお客様にたずねられます。竹を大量生産できていた時代には熟練の内職さんが多くいて分業化も確立されていて、このような手業の逸品が比較的お手頃価格で作られていました。ところが現代は機械技術やテクノロジーは進んでいるものの手仕事はすっかり消え去ってしまい職人もいません。古き良き頃を伝える竹細工のひとつなのです。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


新・鬼おろしを使ってみました

2020年2月 6日

鬼おろし


リニューアルした竹の鬼おろしは形やサイズが変わったわけではありません、機能面や外見は全く同じですが竹素材そのものを変える事にしたのです。昨今の気候変動は皆様ご承知の通りですけれど、たとえば虎竹の里も霜が降りず寒くなければいけない時期が温かすぎるために虎模様の色づきが良くなかったりしているように当然ながら自然界の竹にも何らかの影響があるように感じています。


そのひとつが孟宗竹の虫害です。竹の質が変わったのか?伐採時期などにズレが生じているのか?まだ詳しいことは分かりません。しかし、明らかに虫の発生率が高くなっていますので孟宗竹を素材に使う製品は可能な限り炭化加工等の対策をして防虫を考えていかねばならないのです。ただ、鬼歯だけは炭化で素材がもろくなる場合があるため今までどおりです、竹の鬼おろしの命は鋭く硬い鬼歯だからです。


鬼おろしを使ったサラダ


鬼おろしサラダ、竹虎四代目(山岸義浩)


さて、今回は大根おろしの前にニンジンと玉ねぎを擦りおろしてみる事にしました。キャベツやレタスの上におろしたニンジンをのせて、擦りおろし玉ねぎを使った手作りドレッシングをかけると何と食が進みます!


大根おろしg


竹虎四代目(山岸義浩)


大根おろしは当然の美味しさ、おじゃこと鰹節に醤油があればゴハンがいくらでも食べられるのです。


鬼おろし、すりおろしリンゴ


鬼おろし、すりおろしリンゴ


最後にリンゴを擦りおろして毎日食べているヨーグルトに入れます。スーパーに行けばドライフルーツなども沢山売られていて簡単ですがやはり生の果実を使うと違います。鬼おろしは朝から晩までお役にたてるキッチングッズと言えます。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


東秩父村の竹縄(たかなわ)作り

2020年2月 5日

竹縄


竹縄と書いて「たかなわ」と読む竹の縄は現在のようなナイロン製のロープや紐がない時代には本当に重宝されただろうと思います。自然素材の縄と聞いてまず多くの方が思い浮かべるのは藁を使った藁縄だと思います。稲作農家が多かった当時だと材料は身近にあって比較的容易に作ることもできますので安価に流通もしていたものです。


しかし藁は水に弱く耐久性も高くありません、藁を使った草履も雨降りに一日外で履くとダメになってしまう程。その点、竹の皮を使う竹皮草履は水にも強く藁とは比べ物にならない丈夫さを誇ります、同じように縄に使う場合にも竹縄は他の自然素材にはない圧倒的な強さが売り物だったのです。


竹縄材料


竹縄の材料は真竹や淡竹の新竹を使います。その年に生えた竹の枝葉が開いて3日目が伐採時といいますが、3.5メートル程度の長さに切り揃えて油抜きの加工をするのです。一度のこの作業を映画で拝見した時のことが忘れられません。虎竹の油抜きなどと違い豪快でした、まるで高知特産のカツオのタタキを思い出すような火の勢いでした。それもそのはずタタキは藁を燃やしますが同じように竹縄の新竹油抜きも大麦を使い一気に大きな火で炙るのでした。


油抜きしてその場でカマをつかい1.5センチ幅の小割竹(サッパ)を作り束にして運び1週間程度は夜露を避けながら天日干しした後、農閑期まで屋根裏で保管します。竹縄作りをする前にサッパの束は1週間水につけて柔らかくするのです。


竹縄


こうして水に浸けた素材をウスバという刃物で厚みのある竹材なら12枚、薄い素材でも6枚に剥いでいきます。


竹縄


これをメダケを芯にして片よりして一本の紐状のものを作り、クモデという木製の十文字の形をした道具に巻き付けます。


竹縄


竹縄


更に縄ぶちの作業、片よりした竹縄を三本ないにします。


竹縄


竹縄


木製のよりかけ機にかける準備をしています。


竹縄


同じように竹で作った竹縄の束子、これでより機で仕上げた竹縄をこすって縄目をつぶしていくのです。


竹縄


昔は菜種油が使われていたようですけれど、今はゴマ油をつけて擦っています。


竹縄


仕上げ前と後でこれだけの違いがあるのです。


竹縄


竹縄


こうして人々の暮らしを支え、地域としては貴重な現金収入でもあった竹縄が完成します。竹から縄というイメージはあまりないかも知れませんけれど、先人は柔らかい若竹を使うなど工夫をして最強のロープを生み出すことに成功していたのです。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


竹虎四代目(山岸義浩)と高知新聞

2020年2月 4日

高知新聞掲載、竹虎四代目(山岸義浩)


昨日は月に一度の全社会議があって職人も含めて社員が全員そろっていた。確かこの会議を始めたのは2006年の事で以来一度も休むことなく毎月続けていて社内では一番大事な仕事として位置づけている。そこで高知新聞朝刊に掲載されたばかりの記事を皆に見てもらった、若い社員はほぼ全員が新聞を取っておらず読んでもいないのでこのような機会にわざわざパワーポイントに映して読んできかせる事は非常に大事なことなのである。


実は高知新聞と竹虎の関係は深い、毎日お客様にお届けさせていただく大切な竹製品の緩衝材としてこの高知新聞を使っているのだ。もともとは安価に手に入ることから使っていたのだが今ではこの高知新聞を楽しみにされているお客様もいて、緩衝材であるはずの新聞を隅から隅まで読まれて高知の事を色々知ることができたと感謝のお便りまでいただくのである。


そんな地元の情報が詰まった新聞だから何かにつけて須崎支局の担当者の方には連絡を入れさせていただく。歴代の担当者の方々も良い方ばかりで今でもお会いさせてもらうと懐かしさと感謝の気持ちが入り混じる。インターネット全盛の世の中になっているものの、実は地域密着の新聞は自分以上の年代としては一番の情報源であり支持されている、だから高齢の方に多く支えられている竹虎は高知新聞に掲載されたいのだ。


竹の仕事はずっと社会的に低く見られていると言う。こんなに美しく、皆の暮らしに役立ってきた竹がどうして?小さい頃からずっと疑問に思ってきた。竹を生業にする人々は、もっと胸を張るべきだ、もっと声を大きくして良い。地元のニュースをどこよりも確実に届けてくれる高知新聞に掲載いただく度に、そう思う。社員も職人も内職も、そしてその家族も皆が見ているのだ。


「社長、この間新聞に載っちょったねえ」


自分の事ように嬉しそうに話してくれる人達の代わりにボクは新聞に載っている。竹が忘れられ、日の当たらない場所に追いやられそうになって下を向きそうになりがちな竹人の元気を奮い起こしてもらいたいと願うひとつのメッセージだ。


高知新聞掲載、竹の抱き枕


ほら見てみるといい、この新聞記事には大豊町でカレー屋を営むインド人の方が載っている。その腋にるのは間違いなく竹虎の白竹抱き枕、東北の大震災の際には都市部を中心に節電が叫ばれて自然の涼味を提供する竹枕を沢山製造したが、あんな知らない遠くで竹が活躍しているのだ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の魅力、経年変色

2020年2月 3日

白竹経年変色


竹細工の魅力の一つに経年変色があります。竹と言っても色々ありますので今回は白竹(晒竹)の竹編みで長く使うほどに飴色となり風合いが増していく様をご覧いただきたいと思います。それぞれ同じ加工をした白竹の竹籠ではありますけれど、ひとつづつ微妙に色合いに違いがあるのがお分かりいただけますでしょうか?これが経年変色であり、元々真っ白い色合いだった盛籠が30年、40年の間にこのように変わってくるのです。


白竹経年変色


この盛籠の縁巻には籐が使われています。白竹と同じように籐自体もこれだけ色合いが深まる事が良く分かります。そして長い間のご愛用でこれだけ進化あるいは成長とも言える姿に変わった籠はもう手放すことができないのです。


マタタビ細工経年変色


もちろん、このような経年変色は竹だけではなく米研ぎざるとして人気の高いマタタビ細工でも見られます。編み上がったばかりのマタタビざるは白竹と同じように真っ白い地肌をしています、さすが雪深い東北地方の籠は色白だと思うのですが、それも長く使っているうちにこのような飴色へと変わります。


マタタビ米研ぎざる


もっと分かりやすいようにと思い近くから写真を撮ってみました、こうして並べてみますと一目瞭然です。


オーバーナイター


最近復刻した白竹持ち手付籠オーバーナイターが誕生したのは50年も前の事ですから古いものは随分と良い見栄えになっています。これからの若い方に、こんな美しい飴色になるまで使っていただきたいと思うのです。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


「竹は未来」Silvia Furmanovichさん来社

2020年2月 1日

Silvia Furmanovich(シルヴィア・ファーマノヴィッチ)、竹虎四代目(山岸義浩)


は未来。」日本唯一の竹林でSilvia Furmanovichさんがそう言ったので思わず握手した。来社される当日までブラジルはサンパウロから訪ねて来られるという事以外は何ひとつ知らなかったが店舗で竹を見る目、話すしぐさが普通ではない。決定的だったのが竹林に続く山道に車から降りた時だ、吸い寄せられるように木立に進んでいく。都会的な装いと裏腹に自然に異様な興味と関心を持っているうように思えた。


Silvia Furmanovich(シルヴィア・ファーマノヴィッチ)、竹虎四代目(山岸義浩)


気になって後で調べてみたらナオミ・キャンベルやグウィネス・パルトロウなどセレブをも魅了する世界的ジュエリーデザイナーだった。インスタグラムには魅入られてしまうような美しい彼女の作品が並んでいる。「竹は未来。」なるほど、だから分かっているはずだ。


竹レトロブローチ


竹レトロブローチを沢山お求めいただいたが、この竹細工の技巧と難しさを見抜いていた。


Silvia Furmanovich(シルヴィア・ファーマノヴィッチ)、竹虎四代目(山岸義浩)


杉とヒノキが混在する林では、杉か?ヒノキか?訊ねられたが、こんな事はあまりないのである。


Silvia Furmanovich(シルヴィア・ファーマノヴィッチ)、竹虎四代目(山岸義浩)


淡竹の仲間である虎竹は節の輪が二本なのに対して孟宗竹は節の輪は一本なので誰でもすぐに見分けられる。多くの人にはあまり関心を持っていただけない話にも食い入るようだった。


虎竹


虎竹伐採は1月末まで、ちょうどこの竹林は竹を伐り倒したばかりでSilvia Furmanovichさんに今しかない竹林をご覧いただく事ができた。


Silvia Furmanovich(シルヴィア・ファーマノヴィッチ)、竹虎四代目(山岸義浩)


本当は前日にお越しいただく予定が、自分の都合が悪くなり翌日になった。しかし、そのお陰で天気に恵まれ最高の一日を過ごしていただけたと思う。竹に招かれている方は、いつ来られても最高のコンディションなのだとつくづく感じる。そして、世界を旅してインスピレーションを得て作品を作られているという事なら、もしかしたら虎竹も何かの形でジュエリーやバッグになるのだろうか?そうであれば心から楽しみだ。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


国産真竹の竹皮について

2020年1月31日

国産竹皮


竹皮」と普通に呼んでいて日頃から目にしていますので全く何とも思っていませんでしたけれど竹皮が一体何なのか?と疑問に思われている方も中にいると知って驚くことがあります。もしかしたら竹皮の名前が分かりづらいのかも知れません、竹の皮だから竹林に生えている竹のどこかに皮が付いていると想像されるようなのです。


孟宗竹の竹皮


竹皮とは正確には筍の皮の事です。筍は、たったの3カ月で20数メートルの竹に成長しますのでその過程で筍の皮を一枚、また一枚と脱ぎ捨てるようにして伸びていくのです。この脱ぎ捨てられた皮が竹皮です、季節に竹林に入ると筍から竹に変わりつつある竹があちらこちらに生えていますが脱ぎ切れていない竹皮は剥がしては竹が傷んでしまいます。


竹林の竹皮


完全に脱いだ竹皮だけを拾い集め天日干しして加工された物が皆様の知っている竹皮です。しかしこの竹皮を集める職人も高齢化が進み日本の竹皮の99%は竹林で朽ちているのが現状です。


竹皮職人


天日干しした竹皮は焼いたスルメのように丸くなりますので平らにのしていく作業が必要です。そして全て自然素材のため太さや色合い、キズなど見極めながら選別していく技がまた凄いのです。





今では見られなくなった神業とも言える熟練職人の技、こうして動画で見ていてもあの日の竹皮工房の空気感をつい先日の事のように思い返されます。手際よく選り分けていく職人の格好良さ、自信に満ちた表情、凛とした雰囲気、まさに圧巻でした。


国産竹皮弁当


竹林に行けばいくらでもあるものではありません。その季節に筍が落とした竹皮だけを集めて行きますから毎日のように竹林に入るのです。そうした手間をかけ天日干しして作られる国産竹皮、少なりつつあるものの出来る限りお届けできればと思っています。














| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹の里より、ありがとうございます。

2020年1月30日

台湾からの贈り物


台湾の黄さんより竹虎の社員も大好きな美味しいお菓子が届きました。冬筍餅はイラストでも分るようにサクサク感のある筍の入ったクラッカー、筍をお菓子にしているものは日本には無いと思いますので自分達にとっては嬉しいオヤツです。その他、台湾で有名なお茶やカラスミまでお送りいただいて本当に感謝しています、ありがとうございます。





竹筒を切り抜いて中に照明を入れ「2020竹山」と浮かびあがる提灯も気に入りました。今年は9/16日~9/22日の日程で第12回世界竹会議(World Bamboo Congress)が台湾桃園の国立中央大学で開催されますので是非お伺いしたいと思っています。


竹職人さんから野菜の贈り物


遠くから贈り物をいただく事があれば、近くの職人さんから自分が育てた野菜や釣ってきた魚、採ってきた貝などもいただく事があります。自然豊かな高知ならではですが本当に幸せだと感じるのです。


農村漁村の宝奨励賞


農村漁村の宝奨励賞


頂くと言えば、中国四国農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」奨励賞も頂戴しました。わざわざ賞状を届けていただきましたけれどこうして色々と頂くばかりではいけません、頂いた分はお返しできるように頑張らねばなりません。ありがとうございます!













| コメント(0) | トラックバック(0)


関ジャニ∞横山裕さん、安田章大さんからの手書きのおハガキ!

2020年1月29日

関ジャニ∞横山裕さん、安田章大さんからの手書きのおハガキ


長い出張から帰ると新聞やら荷物やら手紙類やらがデスクに積みあけられているのです。今回も海外から帰社して整理をしていると書類の中にキラリ!と輝くハガキが一枚!一体なにかと思ったら関ジャニ∞横山裕さん、安田章大さんからの手書きのおハガキでした!


日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」


実は先の関ジャニ∞須崎公演での差し入れへのお礼です、多忙極めていると思うのに凄い!第一線で活躍され続けている方々は違います。手書きの文字にも感激するのですが、横山さん、安田さんともにその日の撮影のことをつい先日の事のように書いてくださる優しい心づかいに感じいりました。


関ジャニ∞ファンクラブ入会


何を隠そう実は田舎者の自分は芸能界にとっても疎く数年に一度歌うカラオケは北島三郎。若いアイドルやら何やらほとんど知りません、そしてコンサートはおろか、ファンクラブなどこの歳まで一度も入会したことも無いのです。しかし、関ジャニ∞の横山さん、安田さんのお葉書には心が動きました!ハガキ頂いたその日に郵便局に走ってファンクラブに入会です。関ジャニ∞のファンの事を「eighter」(エイター)と呼ぶことも教えてもらいました、ということで新米エイターです。


関ジャニ∞須崎公演の事を知った休日の朝の様子はこんな感じでした。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


パリの竹細工展示会レセプションで「山田まん」

2020年1月28日

山田まん


パリのレセプション会場で異彩を放っていたのは青竹酒器や青竹盃だけではありません。実は「山田まん」という高知県立山田高校の皆さんが地元特産品で作ったお土産用お饅頭もゲストの皆様に食していただいておりました。


山田まん


一般的にヨーロッパの方々は餡子が苦手と聞いてましたけれど、そこはさすがに日本贔屓の皆様ひとつふたつと手を伸ばしていただいたのです。


日本唯一の虎竹


そもそも何故このようなお菓子と竹虎の接点があるのか?不思議に思われる方もいると思います。何を隠そうこのお饅頭には竹炭が使われており、この春リニューアルに際してもっと高知県産にこだわりたいとの意向で虎竹を使った竹炭で製造したいとお話しをいただいたのです。


山田まん、竹虎四代目


炭を食する文化は古くからヨーロッパにもあって、日本の竹炭パウダーはパリでも料理やスイーツに使われる事がありますので全く目新しいお菓子という訳ではありません。しかし、普通の竹炭パウダーに原料として使っているのは孟宗竹です。虎竹の竹炭を微粉末に加工して使った最初のスイーツという事で、ちょっと値打ちがあるのです。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.