創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

竹虎の歴史

竹虎の歴史
日本唯一の虎竹との出会い
明治27年、大阪にて創業 初代・宇三郎
竹虎の歴史は、明治27年(1894年)に初代である山岸宇三郎が大阪市天王寺区で竹材商として創業した時までさかのぼります。その頃竹は、人々の生活に深く根ざし欠かせないもので、どんな小さな村にも竹細工職人が一人はいると言うような時代でした。竹は農漁業、建築用材、庭園材等、日々の暮らしや仕事の道具として様々な用途に利用されており、多方面に竹を供給する竹材商として宇三郎は商売をはじめました。

そして、宇三郎が良質の竹材を全国をまわり探すうちに出会ったのが、竹の表面に虎模様の浮き上がる虎斑竹(とらふだけ)でした。虎竹は土佐藩の年貢として山内家に献上されたという記録も残る銘竹でありましたが交通の難所と呼ばれていた安和の土地柄と藩令による禁制品のため広く知られずにいたのです。
イト曾おばあさん 大阪から四国の高知までは現在とは比べものにならないくらい遠い遠い土地でありましたが、初代が足しげく通った竹への情熱は一体何だったのでしょうか?今となっては確かめる術もありませんが、宇三郎は虎竹の仕入れに度々訪れる虎竹の里安和の山主の娘を妻に娶りました、これが竹虎四代目からみてのイト曾おばあさんです。
牧野富太郎博士が命名、土佐虎斑竹 とさとらふだけ
宇三郎は神戸にも竹工場を持ち大正4年(1915年)より釣竿製造をはじめ海外輸出も盛んに行うようになりました。当時日本の竹は品質、加工技術共、ヨーロッパで高い評価を受けていて港のある神戸には数社の竹製造メーカーがありました。また、世界的な植物学者であられる牧野富太郎博士が虎竹を「土佐虎斑竹」と命名したのが翌大正5年(1916年)の事です。

調査に訪れた虎竹の里で牧野博士と宇三郎曾じいさんとは会った事があったのでしょうか?考えただけでワクワクしてきます。実は、虎竹は何故かここ安和の虎竹の里でしか成育しない不思議な竹なのです。他の土地では美しい虎模様にならない事を牧野博士も下記のように記していますので引用させていただきます。
「はちくの変種にて、高知県高岡郡新正村大字安和(現在の須崎市安和)に産す。凡の形状淡竹に等しきも、表面に多数の茶褐色なる虎斑状斑紋を有す。余は明治45年自園に移植し、目下試作中なるも未だ好成績を見るを得ず。」
竹虎の再建
太平洋戦争勃発
昭和に入ると二代目義治も家業を手伝うようになりました。虎斑竹が何故かこの安和の谷間でしか成育しないという事で杉や檜の植林の替わりに虎竹の成育と生産を地元山主と協力し竹林面積を広げていきました。大阪では商家の丁稚のことを「ぼんさん」と呼んでいましたが、ぼんさん含めて10名の天王寺にあった竹工場は高知から舟で運ばれてくる虎竹で大忙しの毎日でした。ところがそんな山岸竹材店に暗い戦争の影が忍びよります。
株式会社設立
二代目・義治とタネ子夫妻 二代目義治は昭和16年(1941年)召集され昭和21年(1946年)に復員してくるまで竹の入荷もなくなり竹材店は休業状態でした。跡形もなく焼け野原となった工場を見て義治は母の実家があり家族の疎開先でもあり、また竹の仕入れ先でもあった安和の虎竹の里に移る決心をします。創業当初の先代からの屋号「竹亀」から心機一転「竹虎」として夫婦二人だけの再建開始が始まりました。

ゼロからのスタート、お盆も正月もなく働いた当時の二代目義治、タネ子夫婦の苦労が今の竹虎の礎を築きました。苦労のかいあって昭和26年(1951年)10月6日株式会社設立、今の株式会社山岸竹材店が誕生しました。
竹虎 取り扱い商材も当初は製竹した竹材そのものを扱っていましたが、徐々に竹製品の製造を行うようになりました。縁台や庭園用品、生活用品にはじまり、竹花籠や茶華道具なども製造しては県外の問屋さんにまで卸しにいきました。

輸送手段も舟から鉄道、トラックへと変わり毎週2台の10トン車が交互に県外に向かって走るようになりました。
山岸竹材店
京都大学からの調査
いつの頃からハッキリしていませんが京都大学から植物研究の学者の方が2回、虎斑竹の調査に来られています。どうしてこの安和の虎竹の里の地でしか成育しないのか、虎模様がつかないのか?土中にある特殊な細菌のせいではないかと、その時の調査では結論づけられたそうですが、実は今でも本当の理由は解明されていないのです。
竹虎の大展示場「虎竹苑」の完成
昭和45年当時の竹虎本店 竹生産者向け展示販売場
昭和45年(1970年)3月二代目義治が安和の地域への報恩と竹生産者のみなさんに虎竹が全国でどのような竹製品になりお客様の元に届けられているのか知ってほしいとの思いから竹製品、竹細工を集めた展示販売場を完成させました。

展示場のお披露目をした際に二代目義治が関係各位の送付した手紙を書きに掲載します。
謹啓
私は過去二十年来当地の皆様の厚い御庇護を受け絶えざる御支援を頂いております事を常々心に銘じ竹こそ私を生かす道、私はこの道を征くの信念で誠心誠意一貫して竹材専業メーカーとして努力を続けて参りました。然しながら時としては竹材のある銘柄に関しては全く不振で売れないこともありましたが
「人の行く裏に道あり花の山」
の例へ積極的な研究と努力次第では却ってその銘柄の原竹不足と云ふ嬉しいしい花の山を見出す事も御座居ます。竹は草でもなく、木でもなく竹そのものです。私は私と共に歩んで来た竹を心から愛しております。「竹はセキモソウ(妬母草)とも云ふそして竹の子は生えると一旬と六日にして母とひとしくなる」と中国では昔から伝えられて居ります(五台山牧野博士文庫本草綱目に記されてゐます)竹と云ふ字は竹の葉の形です若竹の誇り高い生々しさわまことに魅力あるものですが形ばかりではなく竹のもつ優れた生長力弾力に富み、いかなる大雪にも折れないで低姿勢で雪を凌ぐ強い忍耐力、そして眞直ぐに正しく育つ素直な性格や大地にしっかりと四方八方に根を張る地下茎の頑強さそれに生えた年内に自分のからだを肥さず枝も遠くへ伸ばさないで自分でつくる生食分は自分の生きる限度にとゞめてあとはすべて子供の生長にまわしひたすら子孫の繁栄をはかる誠に珍しい健気な働きもの、この竹に対するやむにやまれぬ愛着が、そして私達の生活に溶け込んでゐる竹への親しみと広く一般の人々に一層竹への御理解を深めて頂ければと不本意な設備ではありますが此度竹の展示場を当社隣接地に設置致しました。
またどんなことでも最初にするといふことはむつかしい事ではありますが御利用下さる皆様の立場になってすることには間違いはないと確信致しまして竹の利用とはどんなものか、一見して御理解頂けるべくまたどんな事でも揃い創作し製造する日本の竹材専業メーカーとして開設致した次第で御座います。
創業以来七十数年竹材の製造加工にただただこれだけに黙々と努力を続けて参りました。
ここに平素の御愛顧を心から御礼申し上げますと共に重ねて展示場設置を御案内申上げます。竹材の製造とは製品とは如何なるものか百聞は一見にと申します何卒御暇の節は是非御気軽に御来居下さる様御待ち致しております。
敬具
昭和四十五年三月
株式会社 山岸竹材店
社長 山岸義治
竹細工の展示場「虎竹苑」が出来た1970年代になると高知市から四万十川へ続く唯一のルートである国道56号線の交通量が増えてきました。お客様も少しづつご来店される事が多くなりそれに伴い商品数も増え、様々な竹細工を生産するようになりました。さらに昭和47年にはお客様に更に沢山の竹製品をご覧にいれたいと日本最大級と言われる大展示即売場を作りました。天井から壁にいたるまで全部銘竹で装飾した竹の館と呼ぶにふさわしいお店でした。竹とは思えないような美術品、茶華道の竹器、趣味と実用をかねた竹籠、創作民芸品、装飾用建材、各種袖垣など子供心にも大迫力の店内でした。
イギリスBBC放送
虎斑竹の事をどこで聞きつけたのか、イギリスのBBC放送が取材に来たこともありました。虎竹の竹林はもちろんですが、店内をくまなく1日中かけて撮影していきました。

三代目・義継と純子夫妻 竹虎の苦難
ところが、昭和50年(1975年)には社員数66名、年間虎竹取り扱い数8万束を誇っていた業績も3代目義継の代になると安価な海外からの竹製品の輸入、日本人の生活スタイルの変化などがあり少しづつ卸売にもかげりが見え始めるようになってきます。

そんな矢先の昭和59年(1984年)夏、本社・本店が全焼するという大火災が発生します。
この時、ちょうど大学から帰省中だった義浩が火事の第一発見者となり、この時聞いたという不思議な「竹の声」に導かれ翌昭和60年(1985年)竹虎に入社4代目への道を歩み始めることになります。
下火になりつつあった竹材販売を物産展やデパートなどでの竹製品の販売に切り替えようとしましたがバブルが崩壊。百貨店業界の売上が低迷するのと同様に竹虎の売上も落ちていきました。竹が人々から忘れられ竹製品は日々の暮らしから遠のいてしまったようでした。
本社・本店が全焼
竹虎の挑戦~21世紀は竹の時代
無限の可能性を秘める竹
しかし、その一方で竹虎では「21世紀は竹の時代」とずっと言ってきました。それは、竹は成長はとても早く何と3ヶ月で親竹と同じ大きさになり、たったの3~4年で製品に加工できるというサイクルの早さ。持続して活用することのできる唯一の天然資源だと考えているからです。まさに無尽蔵の資源といっても過言ではなく環境問題が言われる中、花籠や竹ざるといった伝統的な竹細工や工芸品にとどまらず、竹の持つ抗菌性、消臭性という機能性や竹繊維の高度利用、竹パウダーの飼料など食への活用、竹炭まで含めて考えた時の農業利用、畜産利用等、無限の可能性を秘めています。
インターネットから情報発信 四代目・義浩
そんな竹の魅力と日本唯一の虎竹の事を、竹を忘れかけている日本で一人でも多くの方に知ってもらいたいと熱い思いでインターネットからの情報発信を始めたのは平成9年(1997年)でした。当初はまったくアクセスもなかったネットショップにも平成12年(2000年)を境にして少しづつアクセスも増えていき、翌年平成13年(2001年)5月「虎斑竹専門店 竹虎」としてインターネットでの営業を本格的に開始しました。
昔から延々と続いてきた竹文化を守ると同時に、新しい竹文化を創っていく。そしてお客様に幸せになっていただきたい。そんな思いで「竹文化の創造と発信で豊かな竹のある暮らし」を提案していく中、インターネットショップが認められ数々の受賞をいただきました。そして田舎の小さな竹屋としてはまさに奇跡とも呼べるできごとがおこるのです。
ユニクロコラボTシャツ
ユニクロコラボTシャツレディース それが平成20年(2008年)のユニクロとのコラボTシャツでした。インターネットの可能性を信じ、情報発信を続けていることが認められたと思いますが海外の大都市、そして日本中のユニクロにも竹虎のロゴマークがならんだことに感激しました。
ユニクロコラボTシャツメンズ
ユニクロ×竹虎コラボTシャツ >>>
インターネットショップ受賞履歴
2010年OSMC最優秀実践者賞受賞
イーコマース事業協会エビス大賞2009大賞授賞
IT経営実践企業認定
2008年夏・ユニクロ×竹虎コラボTシャツ
ベストECショップ大賞2007準大賞授賞
2006年新日本様式100選
WEB1グランプリ2006アイル賞授賞
第9回日本OLS選考委員特別賞授賞
第7回日本OLS最優秀中規模サイト賞授賞
「All About Japan」スーパーおすすめメールマガジン2003授賞
竹虎授賞履歴 >>>
これからの100年へ 竹虎マスコミ掲載
創業以来百数十年という歴史と日本唯一の虎竹は、どちらも先人から自分たちから託されたものです。お陰様で新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど沢山のマスコミ掲載をしていただけるようになりましたが、それも初代から二代、三代と竹虎が続いてきたがゆえのたまものです。

自分達にしか提供できない新しい竹あり方、豊かな竹のある暮らしを考え、新しい価値をお届けして竹で人を笑顔にし続ける、これからの100年へ。竹虎の挑戦はずっとずっと続いていきます。
竹虎マスコミ掲載履歴 >>>
竹虎四代目
世に生を得るは事を成すにあり



竹虎会社概要
竹虎会社概要 >>>


虎斑竹とは?
虎斑竹とは? >>>



2017年4月28日 ミラクルな筍、ミラクルな竹
それにしても驚異的な筍のパワーには何度みても圧倒されるのです。このように手入れされた美しい孟宗竹の竹林は多少人の手が入り管理されて  
2017年4月27日 官兵衛うどんの竹炭麺
炭を食べる猿、アフリカのザンジバルアカコロブスの話をしましたので本日は自分が竹炭を食させて頂いた話をしたいと思っているのです。場所  
2017年4月26日 「魔法の食べもの」とは!?アフリカの猿に教わる万国共通の知恵
テレビはあまり観ることはないのですが唯一楽しみにしているのがNHKの大河ドラマなのです。日曜日の夜8時からの放送なので自然とその前  
2017年4月25日 孝行竹
蓬莱竹(ホウライチク)を使った卓上使いしてもらいたい手の平サイズの可愛らしいミニ磯籠ができましたぞね。節間が長く、しなやかな性質を  
2017年4月24日 5月はANAの空の旅に竹虎が登場!機内放映のテレビを観とうせよ。
いよいよ今週末からゴールデンウィークぜよ!待ちこがれている方もおられませんでしょうか?5月最初の月曜、火曜をお休みすれば最長9連休  

30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」 >>>


















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご