虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)

竹椀かごのある家~食器の水切り、収納かごとしての魅力~



かつてはどこのお家の台所にも一つや二つはあった竹籠。加工しやすく、耐水性も高い竹は水回りでも大活躍していました。懐かしい竹の椀かごや水切り籠が、竹虎ではオススメです。だけど、どうして竹の食器かごなの?

竹虎四代目の思い出や、竹虎スタッフの感想、お客様からのお声を交えながら竹椀かごの魅力に迫ります!






高知には「お客」という文化があって、法事や神祭の度に親戚やら隣り近所から沢山の方が集まって宴会が始まるのです。襖を取り払って大広間のように設えた部屋に座卓が用意され、その上にはツマミからお寿司から羊羹まで大皿に盛り込まれた皿鉢料理がズラリと並びます。上機嫌の大人達の笑い声でいっぱいだった楽しい思い出。





来客には小皿数枚とお箸とコップを用意していたら後は勝手にやってくれますが、やはり人数が人数だけに台所は洗い物で大忙し。何人ものお母さん、お姉さん達の割烹着姿、そして、そんな脇にいつもあったのが竹の碗籠だったのです。




当時使われていたのは、今のような小ぶりなサイズではありませんでした。両手で抱えなければいけない程の大きな籠に沢山の食器を入れて庭先や縁側に並べられていたのです。台所で使われていた椀かごはもちろんですが、足りなくなったら手近にある竹籠や、いつもは野菜を干している竹ざるまで何でも使われていました。





竹籠にお茶碗や湯飲みが入れられているのを見て、何か心がホッと安らぐのは、きっとそんな賑やかで温かった子供の頃の事を、優しい笑顔と共に思い出すからでしょうか。懐かしい古き良き時代の台所にタイムスリップしてホッと心和んで頂きたいのです。



竹虎四代目:う~ん、懐かしいにゃ~。けんど話には続きがあるがよ。碗籠は気づくと職人さんがいなくなり、ある時出来なくなっちょった。これはイカン!何とか復活させたいと走り回ったのは、もう何年前の事やろうか...。

竹虎スタッフ:ええー!竹虎にはこんなに色々な竹籠があるのに、一時は消えちょったがですか?! 私も自宅では食器の水切りに使いゆうき、また蘇えって本当に良かったです。











自然素材の柔らかさが食器にも優しく水切れも早いのです。食洗機で洗えない、漆や金彩の入ったものなどを手洗いする時には食器かごがあると便利。しなやかな竹がクッションのようにデリケートな食器を受け止めてくれます。




竹が多少の水分を吸収してくれるのか、水切れが良くかんじます。水切りかご自体が乾きやすいので、水垢や、いや~なヌルヌルが付きにくく衛生的に使えます。






洗った野菜の水切りや、鍋料理の食材入れに等にもご使用頂けます。


茶椀籠として台所でお使いになるのもいいですが、パンかごとして、フルーツかごとして、小物いれなどとしてリビングなどでもアイデア次第で色々とご愛用いただけそうです。


食器はもちろん、キッチンタオル等の布類、キッチン雑貨などの収納にも便利です。棚の整理にも和んで、おしゃれです。





丈夫な作りですので、フライパンや鍋など重たいものもどんどん入れています。洗った食器を籠ごと日光にあてて乾燥させると乾きも早く、食器もホコホコ。洗い物から食器棚まで持ち運びできるのも良いのです。収納かごとしては、網目が細かく通気性も抜群ですので、何を入れても清潔に保ってくれます。




竹虎四代目:うんうん、ぎっちり使いゆうやいか~。若いのに感心感心!どうしても竹が水分含んじゅう間はカビやすいき気をつけとうせ。毎日使うものは傷みにくいけど、たまに熱湯をかけてやるとカビ菌や虫対策にもなるきおすすめぞね。意外とお手入れも簡単やお?

竹虎スタッフ:熱湯をかけると竹のいい香りがするがですよね~。最近はめっきりカビのくる気配もなくて...あの子(籠)、どんどんタフになりゆう。











茶わんかごとどきました。山口さんありがとうございます。おいておくととてもなごみ食器を洗うのも楽しくなります。まるでむかしのおばあちゃんの台所のようになりました。市場かごもイイネと...とても嬉しいです。(藤井 様)




籐巻椀かごを購入しました。竹と籐との相性が良くていい感じです。又、足の部分も細かく切ってあってしっかりしてて最高です。プラスチックにはない竹のあたたかみを感じます。(M.K 様)




手に持った時の、しっかりとした感触が なんとも言えず良いです。器も、水切れが金ざるよりも 早い気がしました。大切に付きあおうと 思います。(07まま 様)




マンションに住んでいながらオシャレなキッチンにしてみたいと思った時、竹製品でした。今回、竹茶碗かごを水切りかごに使いたいと、買い求めました。オシャレな感覚で購入したのに使いやすくて清潔で、とても良い物だと感じました。

日本の竹細工はみごとです。日本人で良かったと、そして大事に使いたいと思います。(匿名 様)





自然素材のものが身近にあると、とっても安らぎますよね。都会のマンションでも竹林の風や、竹の息遣いを感じて頂けると嬉しいです!

大切に使えば何十年でも長く使えるのも竹素材の魅力。わが子のように、伴侶のように愛情をかけるほど竹椀かごは成長していくはずです。




竹虎スタッフ:竹のある暮らしをおしゃれと感じてくれると、こじゃんと(とても)嬉しい!竹椀かごが皆さんにとっても、一緒に思い出を重ねていく道具になったらエイな~。

竹虎四代目:竹椀かごの魅力、お分かり頂けましたろうか?何?魅力的過ぎて混乱しちゅうって?つまり、こうゆうことぜよ!







古民家やレトロな台所に置かれていそうな竹の茶碗籠。ですが、今の現代的な台所でも竹の親和性は置けば、きっとお分かり頂けます。食器籠として、竹籠がひとつあればキッチンは随分と和んだ雰囲気になるものです。

家族皆が必ず使うためキッチンは特別な場所です。お母さんが台所にたって料理をする姿、つまみ食いをするお父さん、家族がご飯食べておしゃべりをする様子、子供が手伝ってくれる皿洗い。色々な思い出を傍らで竹椀かごが見ていてくれます。







現在登録されている商品はありません。

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 2022年竹虎カレンダープレゼント
  • 虎竹リース
  • 竹炭温感サポーター
  • 名人作 真竹しなり耳かき
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)