創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

竹編みの種類(竹の編み方)

竹編みの種類
竹編みの種類 竹は昔から身近にあり、強く、しなりと弾力があり、加工しやすい素材として利用されてきました。そして、編み上げるそれぞれの竹籠や竹ざるよって、実に様々な編み方が使われてきたのです。

ゴザ目編み、四ツ目編み、六ツ目編み、網代(あじろ)編み、亀甲編み(鉄線編み)、松葉編み、麻の葉編み、輪口編み(輪弧編み)、やたら編み、ねじり編み、クモの巣編み、千代田編み、片締め編み、櫛目編み、石畳編み、五ツ目編み(キキョウ編み)、八ツ目編み等多用な編み方の種類があります。また、底編みも菊底編み、網代底編み、四ツ目筏底編みなどがあり、仕上げの縁巻き(ふちまき)にも芯の竹を別の竹で巻いて仕上げる巻縁があり、巻縁の種類としては千段(せんだん)巻縁、矢筈(やはず)巻縁、返し巻縁があり、竹ヒゴを重ねて数カ所を縛って固定していく当縁(あてぶち)と言う縁巻きもあります。このページでは竹編みの種類を紹介していきます。

ゴザ目(笊目)編み



ゴザ目(笊目)編みは、縦に太目、横に細めと幅の異なる竹ヒゴを用いて編んでいく技法。必然的に縦ヒゴは少なく、横ヒゴが多くなるため、編み上がりがゴザやすだれのようにみえることから、ゴザ目編み、および笊目編みと呼ばれるようになった。

地域によっては簀のようにも見えることから、簀桶編みとも称される。六ツ目編み同様、強度があるため竹ざるや竹かごに昔から多く用いられる。
ゴザ目(笊目)編み

ゴザ目(笊目)編みの竹細工  虎竹新聞入れ(ストッカー) >>>

四ツ目編み(よつめあみ)



四ツ目編み 四ツ目編み(よつめあみ)は、竹編みの中でも初歩的な編み方のひとつ。竹ヒゴの幅が縦と横ともに同じ太さのものを交差させながら等間隔の隙間を開け、四ツ目形に編む技法です。通常よりも隙間をとったものをレンジ組、隙間を狭めたものを市松組とも呼ぶ。

また四ツ目編みが竹ヒゴを直角に交差させ編むのに対し、少し斜めに交差させ編んだものを菱四つ目編みと呼んだりと、同じ四ツ目編みでも微妙な違いがある。

四ツ目編みの竹細工  白竹四ツ目弁当箱 >>>

六ツ目編み



六ツ目編み 六ツ目編み
六ツ目編みは、編み目が六角形に見えることから他に六角編み、籠編みとも呼ばれる竹編みの中でもポピュラーな編み方。左右斜め、横の計6本の竹ヒゴを組み、六ツ目模様に編む技法。斜め編みを交えることで頑丈なつくりとなるので、負荷のかかりやすい竹ざるや竹かごにも昔から使われてきた編み方である。

六ツ目編みの竹細工  籐巻六ツ目かご(大) >>>

網代編み(あじろあみ)



網代編み 網代編み(あじろあみ)は、太目で平たく同幅の竹ヒゴを使い、交差を2本、または3本飛ばしにし、目をずらしながら編む代表的な技法。縦横の編み込みを隙間なく編んでいくため、非常に丈夫な竹編みに仕上がる。

編み方により独特な差異をつけることができるため、網代編み、枡網代編み、四方網代編み、開き網代編み、花網代編み、変わり編みなど様々な応用ができる。そのため竹細工のみならず、天井や屏風など多くの生活雑貨に用いられてきた。

網代編みの竹細工  白竹網代弁当箱 >>>

亀甲編み



亀甲編みは、編み上がりの模様が花のクレマチスを思わせることからクレマチスの別称である鉄線をとって「鉄線編み」とも呼ばれている。六ツ目編みと同様に6本の竹ヒゴで編み込んでいくが、竹ヒゴ同士の交点を組まずに小さな六角形を強調しながら編んでいくものである。 亀甲編み

亀甲編みの竹細工  虎竹亀甲盛かご >>>

輪口編み(輪弧編み)



>輪口編み(輪弧編み) 輪口編み(輪弧編み)は、山の竹ヒゴを放射状に組みながら編み上げる技法で中央に輪ができる編み方。丸盆や盛り籠の底編みとして使う場合には別に平編みした竹材を使って仕上げられる。

輪口編み(輪弧編み)の竹細工  白竹温泉かご(湯かご) >>>

やたら編み



やたら編みは、長短や太さの様々な竹ヒゴを使い、各方向から不規則に編み込んでいく技法。竹ヒゴのバランスや独特の編み方のため、みだれ編みとも呼ばれる。編み目を隠しながら、隙間を埋めるように編むことで美しい仕上がりになる。 やたら編み

やたら編みの竹細工  虎染やたらバッグ >>>

ねじり編み



ねじり編み ねじり編み
ねじり編みは、上下に波打つようなラインが特徴的な、独特の編み方。2枚重ねた竹ヒゴを1本とし、2本をそれぞれ交互に一目ずつ飛ばしすくいながら編んでいく。2本のうち1本をねじりつつ編み込む技法から「ねじり編み」とも呼ばれる。

菊底編み



菊底編みは、編み目模様が菊の花に似ていることが名の由来になっている。底が円状の竹ざるや竹かごによく用いられる技法。

基盤の竹を放射状に重ね、薄く剥いだ竹を中心から外に向かって互い違いに編んでいく。底面積の大きな竹かご等を編む場合には、耐久性を高めるために竹の本数を増して編んでいく、二重菊底編みという技法もある。
菊底編み

菊底編みの竹細工  虎竹ゴミ箱(大) >>>

網代底編み



網代底編み 網代底編みは、竹ザルや竹かごの底編みのひとつで、まず底編みを網代編みしにしてから竹ヒゴを立ち上げて、ざるや籠などに編み上げていく編み方。篠竹の米とぎ竹ざるなどが、この作り方で編まれており、細かい米粒が落ちないように目をキッチリと詰めて作られている。

網代底編みの竹細工  そばざる(渦)特大 >>>

筏底編み



筏底編みは、四角い形をした竹細工の広い底面を平らに加工できる比較的簡単な底編みなので、角底編みとも呼ばれ多用される底編みの仕方。四ツ目の間に幅広の竹ヒゴを入れて仕上げていく底編みの方法。

筏底編みの竹細工  ピクニックバスケット(大) >>>



竹について(竹の種類) 竹垣、袖垣の種類 竹の用語辞典 虎斑竹とは?
竹について(竹の種類) 竹垣、袖垣の種類 竹の用語辞典 虎斑竹とは?
虎竹の油抜き(矯め直し) 虎竹の伐採方法(竹の切り方)
虎竹の油抜き(矯め直し) 虎竹の伐採方法(竹の切り方)





















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご