虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)

姿を消す伝統の竹細工たち。

竹籠や竹ざる、竹箸など、竹は日本人にとって昔から暮らしの中でなくてはならない身近な素材でありました。現代でもその存在は多くの人を支える一方で、近年のライフスタイルの変容や新素材の登場、海外輸入品の流通、職人の後継者不足により姿を消しつつある竹細工もあります。日々の生活を支え続けてきた竹たちを、これからも少しでも伝えていきたい、そんな思いで現在は製造できなくなった竹細工をこちらに掲載しています。

魚籠(腰てご)は、昔ながらの実用的な作りの魚籠(びく)です



びく川が呼んでいる。
腰てごと昔から呼ばれてきた魚籠を腰にさげると、
釣りなど、あまりしないボクですが

「何だか魚が採れそうな気がする。」

ちょっと、そんな風にも思えてきます。



昔ながらの魚籠編み込み
ビク肩の編み込み
特徴的な魚籠の肩部分は幅の広い竹ひごでザックリ編まれています。
魚籠(腰てご)
びく(腰てご)竹編み編み込み
キッチリと編み込まれた中にも、よく見ると竹ひごの幅が微妙に違っていて、かえって竹かごの表情となっています。
底部分魚籠の底部分
 底の角に交差する竹と、底中央にクロスさせた力竹で傷みやすい底部分を補強しています。



職人
大好きな時間。
 とことん竹と向き合う、
ひたすらに編み込みを続ける。
丸竹、割竹、竹ひご、
竹の削りかす、竹の切れ端...

竹にうもれた工房に座っていると
清々しい竹の香りにつつまれて
ただ、黙々と細工を続けていた、
幼い日に見た竹職人を思いだす。

丸い竹が見ているうちに
ひとつの形になり、同じ形になり
並べられていく

竹を切る音 竹を割る音 竹を運ぶ音

エンピツを耳にさして
忙しげに通っていく、あのおじさん
前掛けをはたきながら
笑いあう、あのおばちゃんたち

薄暗い工場に高い窓から差し込む光
竹くずが、ゆっくり、ゆっくり舞っていた。
昔気質の職人さんの仕事場で
大好きな時間が過ぎていく。
職人の手



魚籠の蓋蓋付き
実用的な作りの魚籠だけあって、しっかり蓋付き。
棕櫚縄でくくっていて、
うっかり落とすこともありません。
蓋は竹ざる状蓋部分



ロープ付き丈夫なロープ付き
ロープを腰に巻いたらすぐに
お使いいただけます。



使い方、アイデア次第。
魚籠(腰てご)
昔ながらの実用的な魚籠(びく)ですが、花入れにしたりインテリアに使ったりアイデア次第でいろいろご愛用いただける竹かごです。



サイズ魚籠(腰てご)
 自然素材を手作りしていますので、色目やサイズ等に若干の違いがある場合がございます。
魚籠(腰てご)は、昔ながらの実用的な作りの魚籠(びく)です

魚籠(腰てご)

商品番号 sa00517
商品説明
魚籠(腰てご)は、昔ながらの実用的な作りの魚籠(びく)です。 蓋が付いており、釣りの時にはエサを入れる事もできるように、深さのある小さな竹ざる状になっています。この魚籠を腰にさげると、「何だか魚が採れそうな気がする。」ちょっと、そんな風にも思えてきます。
詳細情報
■びく(腰てご)
■サイズ:約W32×H35×D19cm
■素材:真竹
■原産国:日本製・国産

関連商品

前へ

磯籠

販売価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 父の日ギフト
  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭温感サポーター
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)