豊かな竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
酒席の彩り。



森の香りのワインクーラー 森の香りのワインクーラー
杉の香りも心地よいワインクーラーです。白い木肌を日本唯一虎竹の渋い模様がキリリッと引き締めます。自然で上品な雰囲気が楽しい宴席を更に盛り上げてくれそうです。



桶文化を守りたい。
美しい円形が出来るまで。
微妙な木片のテーパー 微妙な木片のテーパー
杉は水を吸うのでオヒツ、寿司桶等には適した素材です。昔ながらの製法を守る桶作りは、長方形の木片をピッタリとひっつくようにカマと呼ばれる木製のサシに合わせながら斜めに削りをいれる事から始まります。
木片の中央部分がほんの少しだけ微妙に多く削られるように一枚一枚の木片を作っていきますが、手に正直に削れていく事からこの工程は「正直合わせ」と呼ばれています。
米のり 米のり
接着剤の無かった昔から桶作りには米のりが使用されて来たと言います。何度も何度も米粒を練って粘着力のある米のりが出来るのです。
毛羽立ち 毛羽立ち
製作には四国産杉材を使用しています、丸い形に組んだ状態では指で触れると接着面もハッキリと判別できるほど。内側の木材には毛羽立ちも見えています。
手削り 手削り
内側の仕上げは機械を使う事なく全て手削りにこだわっています。カンナ掛けする事により木材表面の仕上げは更に美しく、水切れや黒ずみの少なさなど長くご使用いただく間に差がでてくるのです。
曲線美 曲線美
手削り前と、手削り後では見た目はもちろん手触りに驚くほどの違いがあります。自然素材の木材を見極めながらのカンナ掛けは正に職人技です。
曲線美
日本唯一虎竹のタガ 日本唯一虎竹のタガ
綺麗な杉の木目を日本唯一の虎竹タガが渋く引き締めます。



日本で唯一、土佐の虎斑竹(とらふだけ)
虎斑竹について
竹の刈りだし、選別
虎竹の山出し
虎竹の伐採
虎竹の選別作業
虎竹の製竹作業



四国産の杉材
森林率84%で日本一という高知県を有する四国には四国山脈、四万十川や吉野川など雄大な自然があり山の恵みが豊富です。そんな四国で育った杉材を材料にひとつひとつ手作りで仕上げられています。



継ぎ目部分 継ぎ目部分
木目の違いで継ぎ目は分かりますが、綺麗な仕上げで指で触れても継ぎ目が探せないくらいです。



虎竹タガ巻き 虎竹タガ巻き
ワインクーラーの底部分には三段の虎竹タガを入れています。安定感があり、ワインクーラーのワンポイントにもなる職人のあしらいです。



継ぎ目部分 継ぎ目部分
樽香(たるこう)が見直されて静かなブームとなっているようです。大手酒造メーカーさんの中には樽作りの職人さんを育成されるなどの動きもあって、 日本の手作り文化を継承していくとても喜ばしい事だと思っています。

樽酒の魅力は何といっても、その木の香。最近の研究では樽酒の方が料理のうま味をより引き出す効果があるとも言われます。昔は清酒は杉樽で育ち、運ばれ樽香酒が一般的だった時代がありました。現在では木製の容器に日本酒をいれて木の香りも楽しまれている宴席を拝見した事がありますが杉材を使ったワインクーラーも同じような使い方もできそうです。


※樽香酒をお楽しみいただく場合
はじめてご使用になる前に一度アク抜きを行ってください。全体を水洗いした後、中に酢水をはって行います。(米のとぎ汁でも良い)その後軽く水洗いをして乾いた布で表面の水分を拭いて乾かします。



大人の風格。



サイズ



※虎竹タガのワインクーラーの洗い方
スポンジやたわし等で洗ってください。洗った後は水気を切り布巾で拭き取り逆さにして乾燥させてください。

※虎竹タガのワインクーラーのお手入れ方法
日常のお手入れはサッと手早く水洗いして乾いた布で表面の水分をしっかり取り、直射日光をさけて風通しのよい場所で十二分に乾燥させてください。また乾燥は必ず日陰の室内で行ってください。水分を拭き取らずに乾かすと、木が急激に収縮し割れやタガ落ちの原因になります。濡れている時間が長いほどカビや黒ずみが早く出ます。 浸け置き洗いや食器洗い機、乾燥機などのご使用は絶対にお避けくださいませ。

※虎竹タガのワインクーラーの保管方法
保管の際には直射日光を避け、風通しの良い場所で十二分に乾燥させてから白い半紙など紙にくるんで逆さにして保管してください。ビニール袋など通気性の悪いものにいれての保管はカビ・黒ずみの原因となります。また、極端に温度が高くなったり、乾燥したりする場所での保管はお避けください。乾燥のしずぎはタガのゆるみやタガ落ちの原因となりますのでご注意ください。

※虎竹タガのワインクーラーの水漏れについて
保管する際に乾燥しすぎると木地が縮む事がありますので保管する際は、通気性と併せてご注意下さい。乾燥による木地の縮みで、継ぎ目から水がポタポタと垂れたり、じんわり浸み出してくる水漏れは手直しが可能です。水漏れが気になった際は、まず水が漏れても大丈夫な場所に、水を張った状態で2~3日置いてください。そうする事で縮んだ木地が元に戻ります。そして風通しの良い日蔭でゆっくり乾燥させてください。軽度の場合はこれで直ります。

※タガが緩んでしまった場合
自然素材の木は日常的に膨張と収縮を繰り返しています。季節や使用環境、頻度により違いますが木は水を吸うと膨張する性質を持っています。タガが緩んでしまった場合は、水をくぐらせ木に水分を吸わせて膨張させる事も一つの方法です。






杉の香りも心地よいワインクーラーです。白い木肌を日本唯一虎竹の渋い模様がキリリッと引き締めます。自然で上品な雰囲気が楽しい宴席を更に盛り上げてくれそうです。






杉は水を吸うのでオヒツ、寿司桶等には適した素材です。昔ながらの製法を守る桶作りは、長方形の木片をピッタリとひっつくようにカマと呼ばれる木製のサシに合わせながら斜めに削りをいれる事から始まります。木片の中央部分がほんの少しだけ微妙に多く削られるように一枚一枚の木片を作っていきますが、手に正直に削れていく事からこの工程は「正直合わせ」と呼ばれています。


接着剤の無かった昔から桶作りには米のりが使用されて来たと言います。何度も何度も米粒を練って粘着力のある米のりが出来るのです。


製作には四国産杉材を使用しています、丸い形に組んだ状態では指で触れると接着面もハッキリと判別できるほど。内側の木材には毛羽立ちも見えています。

内側の仕上げは機械を使う事なく全て手削りにこだわっています。カンナ掛けする事により木材表面の仕上げは更に美しく、水切れや黒ずみの少なさなど長くご使用いただく間に差がでてくるのです。


手削り前と、手削り後では見た目はもちろん手触りに驚くほどの違いがあります。自然素材の木材を見極めながらのカンナ掛けは正に職人技です。


綺麗な杉の木目を日本唯一の虎竹タガが渋く引き締めます。










森林率84%で日本一という高知県を有する四国には四国山脈、四万十川や吉野川など雄大な自然があり山の恵みが豊富です。そんな四国で育った杉材を材料にひとつひとつ手作りで仕上げられています。




木目の違いで継ぎ目は分かりますが、綺麗な仕上げで指で触れても継ぎ目が探せないくらいです。


ワインクーラーの底部分には三段の虎竹タガを入れています。安定感があり、ワインクーラーのワンポイントにもなる職人のあしらいです。




樽香(たるこう)が見直されて静かなブームとなっているようです。大手酒造メーカーさんの中には樽作りの職人さんを育成されるなどの動きもあって、 日本の手作り文化を継承していくとても喜ばしい事だと思っています。

樽酒の魅力は何といっても、その木の香。最近の研究では樽酒の方が料理のうま味をより引き出す効果があるとも言われます。昔は清酒は杉樽で育ち、運ばれ樽香酒が一般的だった時代がありました。現在では木製の容器に日本酒をいれて木の香りも楽しまれている宴席を拝見した事がありますが杉材を使ったワインクーラーも同じような使い方もできそうです。



※樽香酒をお楽しみいただく場合
はじめてご使用になる前に一度アク抜きを行ってください。全体を水洗いした後、中に酢水をはって行います。(米のとぎ汁でも良い)その後軽く水洗いをして乾いた布で表面の水分を拭いて乾かします。




天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。




虎竹タガのワインクーラー

商品番号 ki00012
販売価格 ¥ 15,800 消費税込 ¥ 17,380
商品説明
虎竹タガのワインクーラーは四国産杉材の香りが心地よいワインボトルクーラーです。日本唯一の虎竹の渋い模様が白い木肌をキリッと引き締めます。見直されつつある樽香(たるこう)ブームに杉の香り豊かな虎竹タガのワインクーラーで宴席を楽しむのもいかがでしょうか。
詳細情報

虎竹タガのワインクーラー

■サイズ:約直径18.5×H20cm
■重さ:約650g
■素材:四国産杉、虎竹
■原産国:日本製・国産

※木材の匂いが気になる場合は湯通ししていただくか、いっぱいに入れたお湯にお酢を適量いれて2~3時間置いておくと和らぎます。

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 父の日ギフト
  • 虎竹四ツ目弁当箱
  • 竹かごバッグの魅力
  • 竹製大根おろし(おにおろし)と竹皿のセット
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)