虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
大事な小物入れ



一閑張り行李(二段) 二段になった一閑張り行李
四ツ目に編んだ竹下地に高知県特産の土佐和紙を一枚、一枚貼り付けて柿渋で仕上げた本格派の少し小ぶりの行李です。上蓋を開けると二段底になっていて便利にお使いいただけます。



使い勝手のよい行李
竹と和紙を用いた一閑張り(いっかんばり)は古くからの伝統の技術ながです。この行李もそんな昔の技法をそのまま忠実に再現し、現代のお住まいでも便利にご愛用いただけるようなサイズに仕上げちょります。



竹職人の技
均等な幅割りした竹を箱形に編み込んでいきます。単純なように見えて蓋になる上の四角い竹籠が綺麗に下籠にはまるように仕上げるのは大変な技量を必要とする手業です。美しい四角形に仕上げられた形が熟練職人の腕を感じさせてくれます。
焼き留め 竹枠
一閑張り行李の生地の竹枠は節々に焼きを入れて竹のいがみが出来ないように工夫されています。
一閑張り加工の技
土佐和紙 いろいろな土佐和紙
水がきれいで豊かな高知県は土佐和紙の産地としても有名です。一閑張り職人は、好みの色合いに仕上げられた土佐和紙を使い加工を進めていきます。
重ね貼り 一閑張り行李
下地の和紙の上に色付きの土佐和紙に糊付けし、シワに気をつけながら貼り付けます。竹編みの力竹部分には特に丁寧に仕上げます。
柿渋仕上げ
土佐和紙を貼り付け乾燥させた後は、いよいよ仕上げの柿渋塗布。柿渋を使うことにより一閑張り行李は、更に強度をまし重たい中身を入れても長くご愛用いただける丈夫な行李となるのです。
竹・和紙・柿渋
日本に昔からあって、ずっと使われてきた素材たち。
だからでしょうか、竹、和紙、柿渋で作られた行李は使った事がなくても、どこか懐かしさがあり、温もりがあり、心の安らぎを感じるのです。



縁取り 縁取り
上蓋、収納籠、内籠とも口部分には色違いの和紙を張りつけ小粋なアクセントとなっています。



角部分 角部分
上蓋、収納籠、内籠、全ての底部分の角部分にも色違いの和紙が貼り付けました。



色合い 内籠の色合い
上蓋と本体である収納籠は同じ色合いに仕上げられていますが、二段底部分になっている内籠は別の渋い深緑の和紙を張り付け 職人の遊び心あふれる作りになっています。



表情豊かな竹編み
丁寧な和紙職人の仕事が、竹編み職人の美しい竹編み模様をクッキリと浮かび上がらせてくれます。それぞれの職人の共同作業ともいえる一閑張りの豊かな表情が ただの行李や収納箱と言うだけではなくてだけではない風格を与えてくれているようです。
手触り 本物の手触り
しっかりと編み込まれた竹編み、地元高知産の和紙を組み合わせて柿渋で仕上げた本物だけの手触り。大切なものだけを仕舞う、あなただけの収納箱なのです。



サイズ






四ツ目に編んだ竹下地に高知県特産の土佐和紙を一枚、一枚貼り付けて柿渋で仕上げた本格派の少し小ぶりの行李です。上蓋を開けると二段底になっていて便利にお使いいただけます。




竹と和紙を用いた一閑張り(いっかんばり)は古くからの伝統の技術ながです。この行李もそんな昔の技法をそのまま忠実に再現し、現代のお住まいでも便利にご愛用いただけるようなサイズに仕上げちょります。




均等な幅割りした竹を箱形に編み込んでいきます。単純なように見えて蓋になる上の四角い竹籠がきれいに下籠にはまるように仕上げるのは大変な技量を必要とされる手業です。美しい四角形に仕上げられた形が熟練職人の腕を感じさせてくれます。


一閑張り行李の生地の竹枠は節々に焼きを入れて竹のいがみが出来ないように工夫されています。



水がきれいで豊かな高知県は土佐和紙の産地としても有名です。一閑張り職人は、好みの色合いに仕上げられた土佐和紙を使い加工を進めていきます。


下地の和紙の上に色付きの土佐和紙に糊付けし、シワに気をつけながら貼り付けます。竹編みの力竹部分には特に丁寧に仕上げます。



土佐和紙を貼り付け乾燥させた後は、いよいよ仕上げの柿渋塗布。柿渋を使うことにより一閑張り行李は、更に強度をまし重たい中身を入れても長くご愛用いただける丈夫な行李となるのです。



日本に昔からあって、ずっと使われてきた素材たち。 だからでしょうか、竹、和紙、柿渋で作られた行李は使った事がなくても、どこか懐かしさがあり、温もりがあり、心の安らぎを感じるのです。




上蓋、収納籠、内籠とも口部分には色違いの和紙を張りつけ小粋なアクセントとなっています。




上蓋、収納籠、内籠、全ての底部分の角部分にも色違いの和紙が貼り付けました。




上蓋と本体である収納籠は同じ色合いに仕上げられていますが、二段底部分になっている内籠は別の渋い深緑の和紙を張り付け 職人の遊び心あふれる作りになっています。





丁寧な和紙職人の仕事が、竹編み職人の美しい竹編み模様をクッキリと浮かび上がらせてくれます。それぞれの職人の共同作業ともいえる一閑張りの豊かな表情が ただの行李や収納箱と言うだけではなくてだけではない風格を与えてくれているようです。




しっかりと編み込まれた竹編み、地元高知産の和紙を組み合わせて柿渋で仕上げた本物だけの手触り。大切なものだけを仕舞う、あなただけの収納箱なのです。




天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。





竹素地に土佐和紙、柿渋仕上げ
一閑張り行李(二段)

商品番号 sa00603
  • 送料無料
販売価格 ¥ 74,000 消費税込 ¥ 81,400
在庫数 3
商品説明
一閑張り行李(二段)は、四ツ目に編んだ竹下地に高知県特産の土佐和紙を丁寧に貼り付け、柿渋で落ち着きのある風合いに仕上げた少し小ぶりの行李(こうり)です。蓋をあけると二段底になっており、小物入れとしても整理かごとしてもお使い頂けます。
詳細情報

一閑張り行李(二段)

■サイズ:約W36×H20×D27cm
      (内籠 約W35×H6×D25cm)
■重さ:約800g
■素材:竹、土佐和紙、柿渋
■原産国:日本製・国産

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 杉蒸篭(せいろ)
  • 竹炭温感サポーター
  • 名人作 真竹しなり耳かき
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)