虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
竹風は最高級竹炭をたっぷり2.5kg使った竹の循環型空気清浄機

竹林の風を届けたい

虎竹の里の竹林には今日も心地よい風が吹き、ここにいるだけで安らいだ気持ちになり竹から元気をいただける気がします。最近の環境の変化や住宅事情により、家の中はシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドなど有害物質や花粉、ダニなど汚れた空気が蔓延しています。このようなお部屋に自分たちの竹林のような清々しい風をお届けしたい…。そんな思いから竹集成材のボディに土窯づくりの最高級竹炭を使う、竹にとことんこだわった空気清浄機が生まれました。

竹風

シックハウス症候群の原因ともなる有害物質はもちろん、ホコリやチリ、タバコや生ゴミなどの生活臭まで吸い取ってきれいな空気にしてくれる空気清浄機です。耳をすませば、竹の葉が風にそよぐ音。遠くで聞こえる楽しそうな小鳥たちのさえずり、爽やかな虎竹の里の竹林の空気をそのままあなたに…。

汚れた空気をきれいな空気に

汚れた空気を吸い込んできれいな空気を送る竹風

竹炭のパワーを活用

竹炭専用に改良した昔ながらの土窯で、熟練の竹炭職人が800度の高温で焼き上げた最高級竹炭の持つ力を最大限引き出し、自然の力で空気を濾過する他にはない全く新しい循環型室内浄化器です。本体の下部から室内の汚れた空気を吸い込み、モーターファンと竹炭フィルターを通って本体の上部よりきれいな空気が送風されます。

竹風

竹炭の吸着パワー

カートリッジの中には最高級竹炭粒を約2.5kgも入れました。下部のモーターファンで吸い込まれた空気は、竹炭の間を通り抜け、フィルターを通ってきれいな空気になってお部屋に送られます。この竹炭を通るときに竹炭の無数の細かい孔に有害物質が吸着され、浄化された綺麗な空気となります。1グラムの竹炭の表面積は備長炭の3~5倍、何と約700平方メートルにも達し、湿気の多いときには湿気を吸収し、乾燥してくると吸収した水分を放出して室内の湿度を調整する調湿機能にも優れているのです。

竹風

竹炭カートリッジ

空気清浄機「竹風」の心臓部分とも言える竹炭カートリッジには大量の竹炭粒を使用しても室内を汚さないようにスポンジシートや、脱臭フィルター、セキソークッションでしっかりと竹炭粒をホールドしています。

【国産】竹炭の製造とこだわり

国産孟宗竹

無農薬で育てた、四国産の孟宗竹

竹虎の竹炭は高知県は元より四国産の孟宗竹(もうそうだけ)を原料に昔ながらの土窯を改良した竹炭専用窯で熟練の竹炭職人が焼き上げています。原料に使用する良質の国産孟宗竹は、筍から親竹に成長し伐採にいたるまで、一切の薬剤、農薬、化学肥料等を使用していません。安心安全な竹炭を皆様にお届けするためにも、国産・日本製、そして無農薬の竹にこだわります。

本格土窯

なぜ「土窯」なのか

一言で竹炭といってもその品質は、原料の竹の性質(竹の品種と産地)、熱加工の過程(炭化方法と窯型式)、熱加工した最高温度(炭化の温度範囲)により、かなりの違いがあります。中でも窯の型式は竹炭の質を決定づける最重要な要因の一つです。窯は、土窯の他にも乾留炉、流動炉、キルン窯、耐火レンガ窯、移動式炭化炉などの種類があります。そして、土窯と言っても焼き方などにより白炭窯、黒炭窯があったり、鉄窯にしても工業用の炭化炉からステンレス製のもの、ドラム缶などを利用した簡易窯まで実に多種多様です。

最高品質の竹炭は土窯でしか焼かれない。

しかし、色々な炭窯を見て回り、沢山の炭焼き職人の方とお話をさせて頂く中で最高品質の竹炭は、やはり土窯でしか焼かれないという結論に達しました。経験の浅い人でも、比較的安定した品質の炭を焼くことができる鉄製窯などに比べ、高度の熟練技術と経験を要求れさる土窯づくりの竹炭。温度センサーなど現代の科学も取り入れながらの窯との対話ですが、最後は職人の技。窯を訪れるたび古人から受け継がれた知恵の深さ、随所に見られる職人技にただ驚くばかりです。

本格土窯

窯入れ(窯立て)

竹材料は、炭化度のバラツキを無くすため、割りそろえて約3ヶ月の間自然乾燥させ竹材含水率を調整させます。窯入れ作業は、窯の奥から1束づつ丁寧に詰めていきます。窯だてとも言うと聞いてなるほどと納得しました。何気ない、こういった工程一つ取ってみても経験に裏付けされた、上質の炭を焼き上げる為の竹炭職人の技が隠されています。

燻製熱処理

竹は表皮と内皮の比重の違いや、上下方向での含水率の違いがあり、これを均一にしておかないと炭にするプロセスで、ねじれや割れが発生します。燻煙熱処理は竹炭を焼く前に原料となる竹材をできるだけ均質なものにする為の非常に大事な工程です。200℃近い温度にした窯内で、理想的な炭材と言われる15%前後の含水率にするのは、まさに職人技。この作業は竹材の状態により3~5日に及びます。燻煙熱処理後の火入れは、最後の精錬(ねらし)と並んで一番大事な工程です。炭材により、窯の状態により、季節、天候により、微妙な調整が要求され、24時間体制で窯に泊まりこんでの作業となります。

燃焼温度

摂氏800~900℃

竹炭は土窯で焼かれる温度によって、その性質が大きく変わります。調湿用の場合は多くが低温で焼かれますが、食用竹炭の場合、800度以上の高温で焼かれたものでなければなりません。低温で焼いたものは、デトックス効果やミネラル補給といった竹炭ならではの効果が期待できないのです。

練らし

精練(ねらし)

窯入れから時間をかけて焼かれる竹炭ですが、最重要な精錬(ねらし)のタイミングはやはり長年のカンが頼り。精錬はいかにガスを上手くぬいて大量の空気を窯内に入れるかにかかっているそうです。1000℃近い温度に上がった窯で約4時間、竹炭の品質がここで決まる職人技の見せ所です。

選別作業選別作業

最高数値の精錬度

急激に炭化させると軽く、柔らかな炭になりますが、窯の中の水蒸気が急激な炭化を抑えます。反射熱、金属イオンの面からも、やはり土窯が群を抜いています。土窯で焼かれた竹炭の品質証明とも言える精錬度を測定すると当然ですが、最高の数値!土窯と精錬度、この2つがワンランク上の国産(日本製)の竹炭です。

竹炭粒

色々なサイズの竹炭粒は穴の大きさの違う選別機を通して選り分けられます。

無尽蔵の竹資源

無尽蔵の竹資源

孟宗竹の歴史は以外に浅く、江戸時代中頃だったと思いますが中国から伝わりました。初めて移植されたのが鹿児島とも京都とも言われますが、その太さ、長さから様々な有効利用(特に食用)に大変珍重され、又孟宗竹のたくましい生命力から瞬く間に日本全国に広まり、あたかも在来種であるがごときになっています。竹は、”タケノコから10日で竹になる”と言われますが、何と!親竹と同じ大きさになるのに、わずか3ヶ月しかかかりません。その凄まじい成長スピードと、毎年生えてくるサイクルの早さは他の木材などと比べ類を見ない唯一の持続的天然資源です。環境問題が言われて久しい今日、この孟宗竹を原料とする竹炭は、エコロジカルな観点からも注目も集めています。竹材料は、炭化度のバラツキを無くすため、割りそろえて約3ヶ月の間自然乾燥させ竹材含水率を調整させます。

虎竹

虎竹の魅力

空気清浄機「竹風」は竹集成材に日本唯一の虎竹を使用する事によって、落ち着いた高級感あふれる雰囲気に仕上げました。世界に二つとない自然の意匠である虎竹模様が「竹風」の大きな魅力になっています。

虎斑竹

日本で唯一 土佐の虎斑竹(とらふだけ)

「虎斑竹(虎竹)」は淡竹(ハチク)の仲間に分類され、高知県須崎市安和の虎竹の里でのみ、稈の表面に虎模様が浮かぶ不思議な竹です。この模様は、幹に付着した寄生菌や潮風の作用によるとの学説もありますが、科学的には未だ解明されていません。実際に各地方に移植を試みましたが、何故か模様が付く事はありませんでした。

明治44年、当時日本最高の植物学者達が絶滅寸前の虎斑竹の保護のために、建白書を時の政府に提出しました。これが今日の天然記念物条例発布の導火線となり、天然記念物保存法が発令され虎斑竹はその第一号の指定を受けたのです。

虎竹の油抜き,虎竹の里

イギリスBBC放送も取材に来た「ミラクルバンブー」

左の写真が、自然に生えている状態の虎竹です。この虎竹をガスバーナーで炙り、竹自身から出る油分で拭き上げると右の写真のように虎模様がはっきりと浮かび上がります。この珍しい虎竹(Tiger Bamboo)を取材するためにイギリスBBC放送までもが虎竹の里を訪れ神秘的な虎竹に「ミラクル!」を連発されていました。

竹職人と虎竹

竹職人達の想いが繋ぐ虎斑竹

竹は秋から1月下旬までが伐採のシーズンです。虎竹もこの期間に一年分をまとめて伐ります。竹職人達は急勾配の山道を運搬機と共に分け入り、一日中重たく長い竹を切り運び出すのです。そして、大きさや品質で選別したのち、ガスバーナーによる油抜き、矯め直しという製竹作業を行います。一本一本の個性を最大限に生かすために、熟練した職人の手で竹を炙り、まっすぐに矯正されるのです。こうして製竹された虎竹が、様々な竹製品へと生まれ変わります。

竹風ができるまで 設計図と初期デザイン案

何度も繰り返した試作

工業デザイナーの方に入っていただきタタキ台としてイメージが上がって来た当初。その頃は竹集成材を全面的に使い、虎竹をワンポイントであしらう形で考えていました。頭の部分をもっと大きくして、テーブルのようにも使えるデザイン等も描いてもらっていたと思います。

竹集成材でできた本体

竹集成材

竹集成材

竹を縦に分割して肉厚を整えて接着すると竹集成材ができあがります。木材を無駄なく有効利用するために、小さい角材の繊維方向を互いに平行にして接着した加工木材が集成材です。竹は非常に硬いため以前は加工の難しい素材でしたが工業技術の進歩によって竹にもこの加工技術を応用することが可能になりました。

孟宗竹

孟宗竹を使用

竹集成材には日本国内で最大の大きさの品種である孟宗竹を使用。竹の比重はナラよりも重く、頑丈でしかも弾力性があり曲げ、圧縮強度に優れています。竹の繊維は一定で、竹のものさしとして使われているように長さに対しての狂いがほとんどないのが特徴です。

竹は耐久性に優れているだけでなく、抗菌・脱臭効果があり、抗菌成分であるタケキノンは、杉、ひのきに比べ作用する菌の種類が多く、病原性大腸菌(O-157)や院内感染の元凶、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などへの抗菌効果も確認されていて、すでに病院などで使用されているところもあります。また、竹にはテルペンとよばれる芳香物質が含まれていてリラックス効果、精神安定作用を期待することも言われています。

竹集成材素材 竹集成材工場

竹ヒゴを貼り合わせて

細く割った竹ヒゴを貼り合わせることによって大きな板状の竹素材や角材できていきます。

本体フロント部分の虎竹

虎竹 虎竹

美しい虎竹模様

ラグジュアリーホテルにも似合いそうな美しい虎竹模様。

機械部分 モーター エンジニア

ここにも職人技あり

地元で全国の医療機関のために空気清浄機を製造を続けるメーカーさんは、県でも表彰されるような素晴らしい製品を作られています。こちらでは機械取り付けも全て手作りで、職人技が活きています。

竹集成材,虎竹

竹集成材×虎竹

機能性はもちろんのこと、今回の空気清浄機は竹素材にこだわりました。メインには竹集成材を使いつつも、フロント部分は竹虎ならではの虎斑竹を贅沢にあしらいました。お部屋のインテリアの一部としてお使いいただける高級感あるテイストです。竹ならではの清々しい色合いに集成材と節の独特の模様が美しく映えます。

竹風

前面に通風孔とスイッチ

竹風正面の上部にはきれいな空気が送られる通風孔、下部分にはスイッチがあります。

竹風

持ち手

側面には指を引っかけられる持ち手があり、持ち運ぶことができます。

竹風の底部分 竹風足部分

床を傷めない

床も本体も傷めることがいなよう底の接地面には緩衝材付きです。

竹風のスイッチと電源コード

竹炭カートリッジ

リニューアルした空気清浄機「竹風」は竹炭カートリッジを交換しながらお使いいただきます。今回から強弱の切り替えスイッチが付きました。

竹風のファン

静かなファン

寝室でも音が気にならない静かな風量だから朝までグッスリです。

竹風

最高級竹炭粒2.5キロ

竹炭カートリッジには高温で焼き上げられた竹炭粒が2.5キロタップリ入れられています。これほどの上質な竹炭を、沢山使用した製品は他にはありません。

カートリッジ交換の目安は半年~一年

カートリッジの交換目安は6~12ヶ月です。交換の際は下の写真のように裏蓋を開け、中にあるカートリッジを取り出して交換して下さい。交換した後のカートリッジは、中に竹炭が入っていますので土壌改良や生ゴミ、玄関の靴箱の消臭として再利用することができます。身近なことからエコ生活がはじまります。

竹風

裏蓋の上部にネジ留めが2ヶ所あるので、プラスドライバーを使ってこのネジを外してください。ネジを2つとも外しても、蓋の下に付けられている2つのツメが穴に引っ掛かって倒れない仕組みになっています。竹炭カートリッジ交換の際に蓋を完全に外す場合には、上に引き抜いてくたざい。

VOC(揮発性有機化合物)除去機能

シックハウス症候群の要因物質である「ホルムアルデヒド」と「トルエン」を吸着

暮らしの科学研究所 株式会社によるホルムアルデヒドとトルエンの吸着試験を行ったところ、こちらの空気清浄機を使うと、30分間でホルムアルデヒドを96%、トルエンを95%吸着するという試験結果が出ました。

【ホルムアルデヒド濃度変化】

  • ホルムアルデヒド自然減衰
  • ホルムアルデヒド機器運転

【トルエン濃度変化】

  • トルエン自然減衰
  • トルエン機器運転

主な特徴

家具建材等から発せられる揮発性有害物質等の除去(ホルムアルデヒド・トルエン等)
空気中の匂いの除去(たばこ、ペット、薬物等)
空気中の湿度の調整(多湿・乾燥状態の改善)
空気中の微粉塵の除去(ちり、ほこり、花粉、タバコの煙)

洋室ではモダンな雰囲気に

洋室,洋間,洋風,カフェ 洋室,洋間,洋風,ホテル

和室に馴染みながらも存在感を放つ

和室,日本家屋,和風,旅館 和室,日本家屋,和風,旅館 雑誌で紹介されました
    • monoマガジン
    • monoマガジン 2023年2月2日発行 No.909

      monoマガジンの花粉と新型ウイルス対策最新ギアのコーナーで空気清浄機「竹風」が掲載されました。最高級竹炭を2.5kg使った循環型空気清浄機で調湿機能にも優れており、本体正面に日本唯一の虎竹が使用されていることをご紹介いただきました。

    • 日経MJ
    • 日経MJ新聞 2023年1月10日

      日経MJの新製品のコーナーで空気清浄機「竹風」が掲載されました。竹風は最高級竹炭をたっぷり2.5kg使った竹の循環型空気清浄機です。下から入った汚れた空気がモーターファンとフィルターを通り、本体の上部よりきれいな空気が送られます。とことん竹にこだわって竹集成材と前面の虎竹張りでできており、インテリアにも映えます。

竹風 竹風のサイズ

サイズ

天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。

竹炭についてもっと詳しく見る

  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹炭の使用量と有効期間
  • 竹炭のよくあるご質問
  • 竹炭パウダーの効果と使い方
竹炭のお声
空気清浄機「竹風」
空気清浄機「竹風」

日本唯一の虎竹と最高級竹炭で
竹林の風を届けたい
空気清浄機「竹風」
8~12畳用

商品番号 su00214
  • 送料無料
販売価格 ¥ 137,500 税込
125,000円(税抜)~
Pin it
商品説明
竹風は最高級竹炭をたっぷり2.5kg使った竹の循環型空気清浄機です。下から入った汚れた空気がモーターファンとフィルターを通り、本体の上部よりきれいな空気が送られます。とことん竹にこだわって竹集成材と前面の虎竹張りでできており、インテリアにも映えます。
詳細情報

■竹炭カートリッジ式ファン循環
■適用床面積:8~12畳
■消費電力(50/60hz):6.2/5.7(W)
■サイズ:約W31×H54×D25.5cm
     (コードの長さ約190cm)
■重さ:約13kg(最高級竹炭:2.5kg)
■カートリッジの交換目安:6~12ヶ月
■原産国:日本製・国産
※ウレタン塗装仕上げ、竹オイル(虎竹部分)

日本唯一の虎竹と最高級竹炭で竹林の風を届けたい空気清浄機「竹風」8~12畳用 | 虎斑竹専門店 竹虎

関連商品

前へ
次へ
  • 空気清浄機「竹風」8~12畳用

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 【限定別規格】杉中華蒸籠(セイロ)18cm2段身蓋セット
  • 竹ライフ
  • キャッシュレス決済使えます
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • 工場長ブログ
  • スタッフブログ
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)