創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

四代目年賀 1995年【竹屋の仕事】

≪ 年賀状1994年 | 年賀状一覧 | 年賀状1996年 ≫

働いて強くなる
竹屋の仕事



毎日が修行の日々
竹ざる職人と竹林整備
花籠教室と土窯
竹皮弁当箱職人と動画撮影風景
矯め直しと竹ざる職人
虎竹命名筆職人と竹の選別
虎竹縁台職人と染め職人
修行の日々ぜよ!
竹帽子職人
うつぼ籠職人とおひつ職人
八割れ下駄職人とカトラリー工場
虎竹座敷箒職人と竹皮草履職人の手
竹のビアグラス職人と竹炭職人
竹籠職人
草履の整理整頓と竹職人
六ツ目編み職人
不可能なんてありえない



そんな竹虎の戦歴が写真集になった!?
竹虎写真集
なんと竹虎の活躍がこっそり写真集になっていたのをご存知ですか。今では入手困難な、知る人ぞ知る幻の一冊なのです。
虎竹の里の人々 まっこと可笑しいぜよ
「まっこと(本当に)可笑しいぜよ」
そういって大笑いして下さる人がいる。それだけで、土汚れも筋肉痛も勲章に早変わりするのです。
竹虎の写真集が、須崎市安和でブーム到来?見渡せば、虎竹の里の人たち皆が黙々と竹虎写真集を読んでいます...!
お子様にまで大人気の竹虎写真集。笑いあり涙ありのエピソードに話題は持ち切りです。「あれ読んだ?」「見た見た!」そんな噂が噂を呼び、なんとなんと...。
ついにコンビニデビューまで!?
竹虎写真集
夢のコンビニデビュー
まったく!はやくこの虎竹の里竹炭石鹸で顔を洗って、目を覚ますちや~!
虎竹の里 竹炭石鹸の購入はこちら



燃えよ!タケトラ
竹虎四代目の紹介はこちら >>>



2018年10月16日 日本唯一の虎竹、竹のサンクチュアリ
「うわーっ、これはヤバイ!」 後ろからついて登ってくる方の弾んだ声に思わず振り向きます。目がキラキラ輝いて、ワクワクされているのが  
2018年10月15日 大きな蓬莱竹とアンパンマン列車
自然豊かな風光明媚な所ほど災害になると被害が大きいそうです。高知の場合は、山が高く、平野部が少ないから川の流れが速い。大雨が降った  
2018年10月13日 朝日新聞に掲載いただきました。虎竹文様、世界へ駆ける
10月11日の朝日新聞に掲載いただきました。虎竹文様、世界へ駆けるという見出しとは裏腹に「デパートで土下座して買ってもらったことも  
2018年10月12日 炭を、どうして猿が食べるのか?
「昨年春頃、NHKダーウィンが来たで、どこかの国の野生の猿さんが、畑にまいた炭をとって食べている特集を放映していました。炭を食べる  
2018年10月11日 命を頂いて編む、棕櫚の木は生きている
日本各地で作られてきた箕(み)ですが土佐箕の突出した特徴は持ち手部分の棕櫚巻です。それぞれの地域で手に入りやすい素材を使って編まれ  

30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」 >>>



竹虎四代目年賀状一覧


















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご