創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

竹虎2017

≪ 年賀状2016年 | 年賀状一覧 | 年賀状2018年 ≫

竹虎四代目年賀状2017



明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます!今年の竹虎四代目の年賀状テーマは酉年にちなんで「2017年竹酉物語、はじまる。」ぜよ。 さて一体、どんなストーリーが幕を開けるのでしょうか。

2017年、今年も虎斑竹専門店 竹虎を何卒宜しくお願い致します。









2017年に翔ける。 2017年に翔ける。
今年は大きな変革の年、予想だにしなかった事が次々に起こり羽を休める暇もない一年の予感がしています。



竹トラッカーも最初から竹トラッカーではありませんでした。数ヶ月の時と数名の職人の手を経て卵をやぶって雛がかえるように、竹トラッカーが誕生したのです。



次へ羽ばたく。
そういえば鳥は恐竜が進化したと聞きます。最後に生き残るものは強い者でも頭のよい者でもない、常に変わり続けられる者だ。お陰様で長い歴史を持ち竹一筋にやってこさせていただいた竹虎に今年一番求められるのは、この進化かも知れません。






2018年12月14日 八重山の民具、籐ツルモドキの籠
籐ツルモドキ(クージ)は八重山に自生するカズラで、このような手提げ籠バックにも使われるなど色々な民具に利用されています。木を蔦って  
2018年12月13日 八重山の民具、続・月桃円座
乾燥させた葉を細く裂いて月桃円座に編み込めるようにヒゴにしています。触ってみると、適度なしなりと硬さがあり丈夫で円座や手提げ籠に適  
2018年12月12日 八重山の民具、月桃円座
月桃(ゲットウ)は高知でもたまにその名を聞くことがある植物です。しかし、殺菌作用があり、良い香りがある事などから円座や枕、手提げ籠  
2018年12月11日 八重山の民具、泥染めのアダン手提げ籠バック
終戦直後、竹富島のいたるところに自生しているンーマニという植物の茎を使った「やみかご」というものがあったらしいのです。現在では、こ  
2018年12月10日 八重山の民具、クバ笠
クバは石垣などでは、あちらこちらに自生しています。これほどあれば材料に事欠きはしないかと思いますが先人の方々はよくぞこの素材を探し  

30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」 >>>



竹虎四代目年賀状一覧


















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご