豊かな竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
虎竹四ツ目弁当箱は、日本唯一の虎竹で渋く四ツ目編みでつくり上げた竹ランチボックスです。

虎竹四ツ目弁当箱

モダンな形のお弁当箱ができました。通気性に優れた竹弁当の一番の良いところは蒸れないところ。虎竹特有の濃い色合いがいつものお弁当を更に美味しく引き立ててくれます。

虎竹四ツ目弁当,竹虎四代目
虎竹巾着籠,虎竹袋底

袋底をヒントに

虎竹スクエアバスケットシリーズは、巾着籠の「袋底」の四ツ目編みがヒントとなり誕生しました。

日本唯一の虎斑竹

日本唯一の虎斑竹

日本唯一の虎竹模様を100%活かしたいと思い表皮部分を内側にして編み込みました。虎竹の里でしか生育しない不思議な竹模様の向こうに創業1894年、竹虎の先人たちの物語が透けて見えてきそうです。

虎斑竹

日本で唯一 土佐の虎斑竹(とらふだけ)

「虎斑竹(虎竹)」は淡竹(ハチク)の仲間に分類され、高知県須崎市安和の虎竹の里でのみ、稈の表面に虎模様が浮かぶ不思議な竹です。この模様は、幹に付着した寄生菌や潮風の作用によるとの学説もありますが、科学的には未だ解明されていません。実際に各地方に移植を試みましたが、何故か模様が付く事はありませんでした。

明治44年、当時日本最高の植物学者達が絶滅寸前の虎斑竹の保護のために、建白書を時の政府に提出しました。これが今日の天然記念物条例発布の導火線となり、天然記念物保存法が発令され虎斑竹はその第一号の指定を受けたのです。

虎竹の油抜き,虎竹の里

イギリスBBC放送も取材に来た「ミラクルバンブー」

左の写真が、自然に生えている状態の虎竹です。この虎竹をガスバーナーで炙り、竹自身から出る油分で拭き上げると右の写真のように虎模様がはっきりと浮かび上がります。この珍しい虎竹(Tiger Bamboo)を取材するためにイギリスBBC放送までもが虎竹の里を訪れ神秘的な虎竹に「ミラクル!」を連発されていました。

竹職人と虎竹

竹職人達の想いが繋ぐ虎斑竹

竹は秋から1月下旬までが伐採のシーズンです。虎竹もこの期間に一年分をまとめて伐ります。竹職人達は急勾配の山道を運搬機と共に分け入り、一日中重たく長い竹を切り運び出すのです。そして、大きさや品質で選別したのち、ガスバーナーによる油抜き、矯め直しという製竹作業を行います。一本一本の個性を最大限に生かすために、熟練した職人の手で竹を炙り、まっすぐに矯正されるのです。こうして製竹された虎竹が、様々な竹製品へと生まれ変わります。

虎竹四ツ目弁当箱,縁部分

縁部分

縁部分は、当て縁に虎竹に合わせた染め籐でしっかりと留めています。

虎竹四ツ目弁当箱,側面

側面

側面は虎竹表皮と裏面部分が交互に編み上げられ綺麗な市松模様のようになっています。

虎竹四ツ目弁当箱,四ツ目編み

スタイリッシュ四ツ目編み

現代の暮らしに調和するバスケット作りを目指しました。縦と横の竹ヒゴの編み目が交差する洗練された編み方です。

四ツ目編み

表×裏

虎竹表皮と裏皮というコントラストも楽しい竹バスケットです。

虎竹四ツ目弁当箱,蓋

使いやすいデザイン

蓋の開閉がしやすいように蓋部分と本体部分の高さを違えて作りました。本体の底内側に竹表皮になるように編まれ、また蓋の内側は竹の裏側となっています。

虎竹四ツ目弁当箱,力竹

力竹

しっかり編み込まれた底部分には更に力竹を入れています。

虎竹スクエアバスケット竹職人

熟練職人

虎竹を編んで50有余年、熟練の竹職人が編み上げています。

虎竹スクエアバスケットの製造

竹編みと立ち上げ

まず平面に四ツ目編みをした後に竹ヒゴにコテで熱入れながら直角に立ち上げていきます。

虎竹スクエアバスケットの製造

竹枠

口部分に竹枠をはめ込み角籠の形に整えます。

虎竹四ツ目弁当箱,小物入れ 虎竹四ツ目弁当箱,小物入れ

デスク周りで

会社やご自宅のデスク周りで文房具やパソコンの小物などをスッキリまとめて整理整頓、仕事の効率も上がります。

虎竹四ツ目弁当箱,小物入れ

キッチンでも、リビングでも

キッチンの調味料をまとめてみたり、お茶の時間にも活躍しそうです。

虎竹四ツ目弁当箱,小物入れ
虎竹スクエアバスケットの組み合わせ

お好みのサイズで

虎竹スクエアバスケットはサイズを色々と増やしていきます。組み合わせることで多様な使い方ができそうです。

虎竹四ツ目弁当箱,サイズ

サイズ

天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。

※ご注意ください

ご注意下さい

底部分を立ち上げる際に、竹ヒゴに割れが生じてしまいます。ご了承の程何卒よろしくお願いいたします。

※虎竹四ツ目弁当箱のお手入れ方法
日常のお手入れは堅く絞った布などで軽く拭く程度にしてください。汚れがひどい場合にはサッと手早く水洗いして完全に水分を拭き取ったあと直射日光をさけて風通しのよい場所で十二分に乾燥させてください。浸け置き洗いや食器洗い機などのご使用は絶対にお避けくださいませ。

※虎竹四ツ目弁当箱の保管方法
保管の際には直射日光を避け、風通しの良い場所でお願いいたします。ビニール袋など通気性の悪いものにいれての保管はカビの原因となりますのでご注意ください。

お弁当を入れる前に

竹弁当お手入れ

自然の竹を使っています。内側にシミや汚れが付かないように、お使い前にまずキッチンペーパーやサランラップなどを敷いてください。綺麗にお使いいただけて、お手入れも簡単です。

虎竹四ツ目弁当箱
虎竹四ツ目弁当箱

虎竹四ツ目弁当箱

商品番号 be00028
商品説明
虎竹四ツ目弁当箱は、日本唯一の虎竹で渋く四ツ目編みでつくり上げた竹ランチボックスです。通気性に優れているため中身のご飯やおかずも蒸れず、美味しくいただけます。小物入れとしてもお使いいただけます。
詳細情報

虎竹四ツ目弁当箱

■サイズ:約W21.5×H6×D11cm
■重さ:約100g
■素材:虎竹
■原産国:日本製・国産

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 名人作 真竹しなり耳かき
  • 虎竹四ツ目弁当箱
  • 虎竹茶
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)