虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)

姿を消す伝統の竹細工たち。

竹籠や竹ざる、竹箸など、竹は日本人にとって昔から暮らしの中でなくてはならない身近な素材でありました。現代でもその存在は多くの人を支える一方で、近年のライフスタイルの変容や新素材の登場、海外輸入品の流通、職人の後継者不足により姿を消しつつある竹細工もあります。日々の生活を支え続けてきた竹たちを、これからも少しでも伝えていきたい、そんな思いで現在は製造できなくなった竹細工をこちらに掲載しています。

木彫と竹ヒゴで荒波が表現されているかのような迫力がある花入れで、高級感のあるオブジェとしても飾れる小田光陽作 波(漆)
小田光陽作 波(漆)、花籠、はなかご、花入れ、生け花、花器、かき、花瓶、竹細工、工芸品 小田光陽作 波(漆)、花籠、はなかご、花入れ、生け花、花器、かき、花瓶、竹細工、工芸品、竹ヒゴ 小田光陽作 波(漆)、花籠、はなかご、花入れ、生け花、花器、かき、花瓶、竹細工、工芸品、漆塗り、木彫り、木製、竹製、うるし 小田光陽作 波(漆)、花籠、はなかご、花入れ、生け花、花器、かき、花瓶、竹細工、工芸品、落とし、おとし、オトシ、竹筒、筒

竹工芸作家 小田光陽 [1909(明治42)~1996(平成8)年]

  • 1909年 大分県山香町に生まれる
    1938年 大阪市木製品展銀賞受賞
    1954年~日本輸出振興展
    1955年 全日本竹製品展
    1960年 西日本工芸展

  • 1961年 生活と工芸展
    1985年 西部工芸展 など

    ほか、別府市工芸研究所の指導員を10年間務めた。

小田光陽

竹と木の融合

小田光陽(おだ こうよう)、本名光雄(みつお)。大阪の指物師、三好弥次兵衛に師事し、指物大工をしていたが、50歳を過ぎてから竹工芸の世界に入る。竹を素材に木工技術を生かし、竹と木の組み合わせによる作品を手掛け、竹工芸の新たな可能性を追求した。縦ひごを渦巻状にして豪快な渦潮を表現した花器を多く手掛けた。

小田光陽,スケッチ
小田光陽作 波(漆)、小田光陽作 波、花籠、はなかご、花入れ、生け花、花器、かき、花瓶、竹細工、工芸品、竹花篭、竹花籠、花カゴ 小田光陽作 波(漆)、花籠、はなかご、花入れ、生け花、花器、かき、花瓶、竹細工、工芸品、サイズ

サイズ

天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。

※小田光陽作 波(漆)の保管方法
保管の際には直射日光を避け、風通しの良い場所でお願いいたします。ビニール袋など通気性の悪いものにいれての保管はカビや劣化の原因となりますのでご注意ください。

※ご注意ください
小田光陽氏の作品は20年以上前の古い作品です。小さなキズや汚れがある場合があります。現品限りの特別価格での販売です。

小田光陽作 波(漆)
小田光陽作 波(漆)

【一点限り】
小田光陽作 波(漆)
(Japanese bamboo art by Koyo Oda)

商品番号 ip00493
商品説明
小田光陽作 波(漆)は、竹工芸作家の小田氏が木と竹を組み合わせて制作した花籠です。木彫と竹ヒゴでうねる荒波が表現されているかのような迫力があります。漆塗りの深い色艶も高級感を醸し出し、お部屋のインテリアを格上げしてくれそうです。
詳細情報

小田光陽作 波(漆)

■サイズ:約W39×H25×D14cm
■重さ:1kg(落とし含む)
■素材:竹・木
■原産国:日本製・国産
■箱なし

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 父の日ギフト
  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭温感サポーター
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)