虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)

姿を消す伝統の竹細工たち。

竹籠や竹ざる、竹箸など、竹は日本人にとって昔から暮らしの中でなくてはならない身近な素材でありました。現代でもその存在は多くの人を支える一方で、近年のライフスタイルの変容や新素材の登場、海外輸入品の流通、職人の後継者不足により姿を消しつつある竹細工もあります。日々の生活を支え続けてきた竹たちを、これからも少しでも伝えていきたい、そんな思いで現在は製造できなくなった竹細工をこちらに掲載しています。

米ざる ふっくらと丸みを帯びた深さのある形まで、ため息のでるような美しさ



青物名人作、ため息のでるような美しさ。米ざるの底
この米ざるは、1本、1本丁寧にとられた竹ひご、薄く表皮を削った磨きの口巻き、ふっくらと丸みを帯びた使い勝手の良さそうな深さのある形まで、ため息のでるような美しさ。

青竹でしあげる竹細工を「青物」とよびますが、さすが、この道一筋の青物の名人。いつまでも眺めていたくなるような惚れ惚れする米ざるです。



食器かごとしてもお使いいただけます。米ざるとは
精米したお米はすぐに米びつにいれると味がおちるので、この米ざるにいったん入れて冷ましてからいれるのです。造り酒屋さんで蒸したお米を運んだりするのにも使われていたから昔から米ざると呼んでいます。

名前は米ざるですが、洗ったお皿やお茶碗などを入れる食器かごや、野菜の水切りざるなどにも重宝する、便利なざるです。



圧倒される職人の技。
抜群の水切れの秘密底の竹ヒゴの断面
米ざるの竹ひご取りが始まります。シャーシャー、シャーシャーと刃物を膝にあてて、手際よく竹ひごを引いていきます。竹ひごは角を面取りされてかまぼこ状のひごにすることにより水切りがよい竹ザルとなるのです。

底の竹ヒゴ一番強い竹表皮
凄みすら感じる熟練の米ざるを手にして底面を見ます。青々として規則正しく並んだ編み目が続きます。竹は表皮部分が一番丈夫なところです。米ざるは、その竹表皮を残して編み込まれます。



名人の竹ざる
 自分で山に入り、お気に入りの竹を選びます。竹ばかり密集した竹林より、このあたりの雑木林の中に点在する竹が性質もよく使いやすいと言います。山だしした青竹を荒割りし、ヒゴにとり、米ざるはじめ、椀かごや野菜かごに編み上げる、数十年来ずっと続いてきた匠の仕事です。
青竹
口巻き用の若竹
 
小魚の泳ぐ透きとおった清流につけているのは口巻き用の若竹。若い柔らかい竹を選んで細工に使っていくのです。
米ザル
「明治7年6月と書かれていた。」
 同じ青物細工をされている職人さんが言われた話を思いだします。
その方のおじいさんが作ったという米ざるが古くなったと言うので、使ってくれている農家さんのところへ、新しいものを作って持っていった時のことです。その古くなった米ざるを見ると、墨字で大きく「明治7年6月」と書かれていたそうです。
 それは農家さんが、ざるを買った年月日を
書き入れていたとの事だったですが、大切
に使えば竹ざるはそれだけ長く長く愛用で
きる生活の道具だと思うのです。

この米ざるも、年月を経るごとに青々とした色合いは落ち着いた色目に変わっていき、深みと風格のある竹ざるへと成長していきます。



この米ざるを、皆さんにご紹介できる幸せ。


思わず時間を忘れてしまいます。米ざる
ずっとそばに置いておきたくなる、そんな竹ざるです。口部分を両手で持ってみて、裏返して編み目を眺めてみて、触ってみて、なでてみて思わず時間を忘れてしまいます。

昔はどこのご家庭にも普通にあったであろう竹ざる。この国にずっとあった伝統の技、本物の竹職人の仕事をお伝えすることができる幸せ。ひざの上の米ざるを見つめながら、竹ってつくづく素晴らしいと思うのです。

ずっと続いてきた伝統のつくり


口部分の内側にはまった竹輪竹輪
米ざる内側の口部分にはうすく表皮をへいだ竹輪がはまっています。口部分の竹編みにお米などが目詰まりしないための先人からの工夫です。

あまりにもガッチリとはまっているので何かで留めてあるのかと思うくらいなんですが、実は竹の弾力だけで突き合わせているだけ。年数とともに乾燥して変化する竹の特性まで考えてあてがう匠の技です。



2枚ならべた縦ひご
縦ヒゴの折り返し
幅広の縦ひごを2枚ならべておき、細く面取りした横ひごで目をきっちりと詰めて編み込むゴザ目編み。整然とならぶ見事な編み込み、単調な編み目だからこそ職人の技量がより問われるのです。



米ざるのサイズ サイズは四種類
  自然素材を手作り
していますので、色目やサイズ等に若干の違いがある場合がございます。
米ざるのサイズ
米ざる ふっくらと丸みを帯びた深さのある形まで、ため息のでるような美しさ

米ざる

商品番号 sa00140
商品説明
米ざるのは青竹でしあげた竹細工「青物」。1本、1本丁寧にとられた竹ひご、薄く表皮を削った磨きの口巻き、ふっくらと丸みを帯びた深さのある形まで、ため息のでるような美しさです。
詳細情報

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 父の日ギフト
  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭温感サポーター
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)