豊かな竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
手付き田舎籠



竹虎四代目と手付き田舎籠 伝統の手付き籠
ずっと変わる事なく受け継がれてきた技で編み出され、生活の中で磨かれたシンプルな手付き籠です。最近では苺籠としても多用されている竹籠を深く編み込みました。



昔ながら竹籠職人
山に分け入り、竹を伐りだして籠を編む。ずっと昔から続けてきた竹職人の暮らし、代々受け継ぐ竹包丁。そんな毎日の中から生み出される本物があります。
苺籠制作 青物籠
青々とした自然な竹そのままに編み込む細工を「青物」と呼びます。この青さでいる時間は短く、だんだんと色褪せ落ち着いた色合いに変わっていくのも竹の楽しみ方なのです。



頑丈さの秘密
竹骨 孟宗竹の芯
竹籠を裏返してみると身の厚い孟宗竹で取った丈夫な竹が6本も交差しています。このような、厚み、幅ともしっかりとした竹が芯にあってこそ、このような堅牢な籠が生まれるのです。



足部分 足付き
平らな座面で安定して置けるように足付きにしています。



細やかな編み込み
整った竹ヒゴと美しく緻密な編み込みが職人さんの技量を雄弁に物語ります。自ら選んで伐採した淡竹の表皮をそのまま活かした青物細工。籠の原点を見るかのような一品なのです。



持ち手 持ち手
手に優しいように綺麗に仕上げられた持ち手です。本体部分とは竹センで片側2箇所づつ留められています。



縁巻き 縁巻
口部分の縁巻きも、さすが熟練職人さんならではの仕上げ。しっかりした仕事ぶりです。



使い方色々



サイズ







ずっと変わる事なく受け継がれてきた技で編み出され、生活の中で磨かれたシンプルな手付き籠です。最近では苺籠としても多用されている竹籠を深く編み込みました。














平らな座面で安定して置けるように足付きにしています。





整った竹ヒゴと美しく緻密な編み込みが職人さんの技量を雄弁に物語ります。自ら選んで伐採した淡竹の表皮をそのまま活かした青物細工。籠の原点を見るかのような一品なのです。





手に優しいように綺麗に仕上げられた持ち手です。本体部分とは竹センで片側2箇所づつ留められています。


口部分の縁巻きも、さすが熟練職人さんならではの仕上げ。しっかりした仕事ぶりです。











手付き田舎籠

商品番号 sa00646
販売価格 ¥ 4,800 消費税込 ¥ 5,280
商品説明
手付き田舎籠は伝統の技で編み出されたシンプルな手付き籠です。苺籠としても多用される竹かごを深く、安定感のある足付きにしました。整った竹ヒゴと緻密な編み込みが職人の技量を物語ります。淡竹の表皮を活かした青物細工。籠の原点を見るかのような一品です。
詳細情報

手付き田舎籠

■サイズ:約直径21.5×H17cm
      (持ち手までの高さ:約35cm)
■重さ:約310g
■素材:淡竹、孟宗竹
■原産国:日本製・国産

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 虎竹四ツ目弁当箱
  • 竹かごバッグの魅力
  • 竹製大根おろし(おにおろし)と竹皿のセット
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)