虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
竹虎四代目への道,竹虎四代目(山岸義浩、YOSHIHIRO YAMAGISHI、TAKETORA)
世に生を得るは事をなすにあり
竹の血のお陰ですろう,竹虎四代目(山岸義浩、YOSHIHIRO YAMAGISHI、TAKETORA)
竹の血のお陰ですろう
竹のように真っ直ぐ

竹虎四代目への道竹虎四代目(山岸義浩、YOSHIHIRO YAMAGISHI、TAKETORA)
竹虎四代目への道


手書きのとてもうれしいご感想をいただきました。

竹虎四代目への道を読みました。



竹虎社員の感想文

お客様に喜んで頂くことが一番♪


幼い頃から私にとって安和のシンボルだった竹虎の苦難と栄光の一部を垣間見る事が出来たような気がします。竹虎を立て直そうと打開策を模索する竹虎四代目がいたからこそ、今こうやって働かせて頂けている事に感謝しています。インターネットで成功されている方に必死で教えを乞い、誰でも出来る事を誰も出来ないくらいやり続ける四代目の姿に触れ、こんな姿勢で仕事に取り組んだ事があっただろうか?と考えずにはいられません。目の前にあるのは単なるお客様情報という文字の羅列ではないのです。お客様の意向に添える接客をしているだろうか?自分にはまだまだ努力が足らないと痛感しました。

この本を読み終えて思い出したのは「色んなお店で買ってみると良い」という竹虎四代目の言葉です。お礼は勿論の事、疑問点等メールをお送り様々な店舗様の接客の技を盗みたいと思います。

お客様に喜んで頂く、それが一番の願いですから私はもっと言葉のスペシャリストにならなければなりません。無能ではありますが読書は自分への投資という事を忘れず美しい日本語の使い方、時間配分のルール、物の伝え方等を熟読し心ある接客をしていきたいと思います。



難の有る人生は有難い人生


ここ数年ずっと、自分の今まで培ってきたこと、そして竹虎四代目として受け継いできた事を後世に残す為の一つの目標として本を書きたいとおっしゃっていた竹虎四代目へ、まずはお喜び申し上げます。 私は三代目の義継社長(現・会長)の代より竹虎で働かせていただいており竹虎四代目が専務として頑張っていた頃も見て来た社員の一人です。なので、この本を読んだ時は「何だ。竹虎四代目がいつも話している事ばかりだな」と言うのが、率直な感想でした。それと同時に竹虎四代目がこんな事を考えていたあの時、私はどうだったか、何を考えていたかが少しずつ甦ってきて、改めて私自身も竹虎の時間の流れの中にいたのだと実感しました。例えばインターネットを始めた時、3年間で300円の竹和紙が1セットだけとの話も実際に聞いたのは随分あとの話で、ある日突然事務所に大きなパソコンが、届いても事務所で使うのかなと思うだけで、まさかその何年か後に竹虎がネット販売主流に切り替わっていくことは夢にも思っていませんでした。

竹虎四代目は以前から良いと思うと後先考えず即実行するタイプなのはこの本を読んでもよく分かると思いますが、もちろんいつも順風満帆の訳もなく、悩んだり停滞する事も多くて、そんな時はジレンマもあったかと思います。正直私もインターネットを始めた当初不安でした。販売員としてたくさんのお客様と触れ合える楽しさや直接聞ける声、現金を手渡しでいただくときの達成感、満足感に比べると、ネット販売やカード決済を物足りなく感じたり、博打の様な浮き沈みの激しい世界という思いが強かったので心配したのも事実です。

竹虎四代目がもがき頑張っていても応援よりも分からない事への不安のほうがあの頃は大きかったのです。なので竹虎四代目は少しずつ売れる事で竹虎四代目も変わっていったとおっしゃています。実際、「売れる」という事はすごく重要で、竹虎四代目も「売れる」には絶対に理由があるとおっしゃています。私も少しずつですが「売れる」の為には、変わっていく事も大切である事や、パソコンの向こうのお客様がリアルのお客様と同様に見えて感じられる様になって、やっと竹虎四代目について行ける様になった気がします。

ある人が「難の無い人生は無難な人生」「難の有る人生は有難い人生」と言っていました。今の竹虎もいろいろな事があったからこそと感謝して、これからもいろいろな人に有難いという気持ちを忘れず、前へ進んで行ける会社になれば良いと思います。



成功と挫折は繰り返し訪れる


私は竹虎に入社するまで全く虎竹の事は知りませんでした。それに、この本を読むまで、竹虎が歩んできた道のり、苦労や努力も全く知りませんでした。

傾きかけた会社をなんとかして建て直す為、試行錯誤でインターネットへのチャレンジ。最初は大変な事、先の見えない不安があったと思います。初代、宇三郎の「竹亀」から始まり、二代目義治、三代目義継、四代目義浩と老舗として続けていく為の歴史。そして、自分の代で絶やしてはいけないという思い。土地が無く、周りから冷たい言葉をあびせられても、投げ出さずにやり続けた二代目義治の思いは本当に素晴らしいと感じました。自分に置き換えれば、きっと弱音を吐いて諦めていたかもしれないと思いました。しかし、コツコツ頑張って積み重なれば大きな物になる。そう信じて代々受け継がれ、今の「竹虎」があるのでは無いかと思いました。

大惨事に見舞われた時も、数多くの従業員にかけた言葉、そして、自分がやらなければ。という思いはそう簡単には出ないのではないかと思います。しかし、成功と挫折は繰り返し訪れるのでは無いかと私は思います。成功したからと言ってそれがずっと続くわけではないし、挫折しているから何も出来ないのではない、この本はその事も教えてくれたような気がし
ます。

成功し続ける為には、いつも新しい事にチャレンジし続けなければいけないけれど、その前に必ず、壁にぶつかる。でも、ぶつかったからと言って逃げるのではなく、どう乗り越えるのか、どうしたら超えられるのかを自分だけではなく、周りに相談して助けてもらう必要があると思いました。自分が高校時代に成し遂げた記録も、他の周りから見れば私自身の記録のように見えますが、自分だけでやりとげ、自分だけで成功し、壁が越えられたのではなく、周りの人の助けがあった、そして助けがあるからこそ、あの時、成功出来たし、今の自分がある。と再認識できた本でした。



次を考えて進まなきゃいけない


竹虎創業の1894年から、私が入社した2011年まで、何があって竹虎四代目が何をして、どういう想いで今ここまで来たのか…、全社会での話などでしか、知る機会がなかったのですが、今回の本で、今までに何があったのか、紙媒体で読む事ができました。

インターネット販売をはじめる前の事は、竹の需要が、昔と違うというのも確かにあるかもしれないけれども、今と違いすぎて想像できない事ばかりでした。デパートに売り出しで県外に行ったエピドードひとつ聞いても、あぁ、今では絶対できないだろうなと、考えてしまうくらいです。

虎斑竹、ここにある虎竹の里を知ってもらう、全国、世界へ向けてのインターネット販売も数年にして考えると、さほど前の様には思えなかったのに、やってきた事、ぶつかってきたカベはたくさんあったと感じました。だから、これから、3年、5年、10年でインターネットの常識も大きく違ってくるし、その時代の変化によって、自分達も答えなきゃいけない。以前にあった事を記録として残しつつ、その次を考えて進まなきゃいけないんだなと思いました。

竹虎四代目をはじめとする、色んな人の苦労や想いがあるからこそ、今の竹虎がある。そして、自分が毎日仕事に来て、仕事があるのはあたり前の事ではない。それを忘れず、心にとめて、電話やネットの向こうにいるお客様に、商品をお届けしたい。ただ、今の現状に満足せず、今まで変わり続けてきた竹虎の様に、これからも、変えようとして変わっていく事をやめてはいけないなと勉強になりました。



人生は思った通りになる!


私は竹虎にweb担当として入社して、今年で4年目になります。こんな事を言うと怒られるかもしれませんが入社した当時はSEOもページ作りのことも何ひとつ分からず、仕事が嫌で仕方ありませんでした。しかし振り返ってみると仕事や竹虎が嫌だったのではなく、何もできない自分自身がただただ嫌なだけだったんだなと思います。それでも今こうして諦めることなく竹虎で頑張れるのは、竹虎四代目が傍で引っ張り続けてくれるからです。「死ぬ気で働いてみいや、死なないから。」「将来はどうなりたい?言ってみい、人生は思った通りになるき。」そう言って、仕事中に何度も何度も前向きな言葉をかけられます。大火災や倒産の危機、著書で語られている以上に大変な思いをされている竹虎四代目の言葉だからこそ、私もそれにパワーをもらえ踏ん張り続けられています。

勤務4年目になる今、竹虎に入社して幸せだと改めて思うのです。そして今年創業121年となる竹虎の歴史に少しでも自分が携われることに、一社員ながら感謝と使命感を感じます。竹虎にはおかげさまで毎日ネットを通して沢山の注文が入ります。3年間で300円、月商16万円だったことは知っていても中々、想像がつきません。それがたった20年前のことです。ネット業界は真剣にやれば良い結果がでる、反対に生半可に手を出せば辛い思いをする、とてもシビアで正直な場所だと考えています。竹虎に毎日お客様の声が届くのは、決して当たり前のことではありません。本当にありがたいことです。竹虎四代目の口癖通り、死ぬ気で働き先人が築いてくれたからこそ、今があります。今を担う私たちも、その覚悟で竹虎を守っていかなければなりません。

竹虎四代目が竹虎四代目として躍進されるように、私はweb担当者として何ができるのか。ページや動画、ちらし作りに写真撮影、メルマガ制作はどれもやりがいがありますし、お客様の反応もいただける本当に楽しい仕事です。ですがそれはあらかじめ竹虎を知っている方だけに届くものかもしれません。先日、初めてインターンシップ説明会に参加させてもらい、人伝ではなく直接学生さんの声を聞かせてもらいました。まだまだ竹細工の良さや竹虎のことを知らない方は多いのです。「竹」を知らない方に竹を届けるためには、既存の仕事だけではなく、意外な接点や繋がりを生み出せるような新しい試みを考えていかなくてはなりません。竹は衣食住、人の生活すべてに携われるものなのですから、可能性は無限です。とさっこタウンをはじめ外部での催しへの参加やフォトコンやエッセイ、デザインコンペなどきっかけは沢山あります。新しい繋がりを見つけどんどん挑戦していく、それがweb担当の仕事でもあります。

著書で強く学んだことは、変わり続けていく精神や諦めずにトライし続ける姿勢が仕事では何より重要だということです。それが自分を生かしも殺しもします。かつて宇三郎が山主ひとりひとりに虎竹の可能性を説いてまわったように、竹虎四代目が死に物狂いで見知らぬネット世界へ飛び込んだように。私もその気持ちを大切に、今後も竹虎で成長し続けていきたいと思います。



毎日が忙しくて活気ある職場に


竹虎にお世話になって30年になります。竹虎四代目とは入社が同じです。入社した時には竹虎四代目は工場に、私は店の販売員として入社しました。入社当時は観光バスが1日何台も入ってくれ、毎日が忙しく売上げもありました。県外に出張売出しでもよく売れました。しかし、近くに道の駅が2ヶ所もできてバスが入らなくなり、店の方も大変になりました。

そんな時に竹虎四代目は高知県の西から東へ飛び回りホテルなどに商品を置かせて頂いていましたが、あまり売れませんでした。そんな時にインターネットの勉強をして少しずつ売り上げが上がって、今では毎日が忙しくて活気ある職場になってきました。今では全国、海外のお客様に発送するまでになってきました。インターネットを見て全国の方からもお電話注文もたくさん頂きます。マスコミ関係の方からもお問い合わせ頂き、テレビ・本などにもたくさん紹介して頂くようになりました。

竹虎四代目も毎日多忙です。インターネットをはじめてから一日も欠かさずブログを書いています。朝5時頃から出社し、私達が寝ている時間にブログを書いている事大変尊敬しています。海外、国外出張も多いですが身体に気を付けて益々の活躍願っています。従業員も協力をしますので竹虎四代目も頑張って下さい。



在職の長い私も知らなかった物語


書き方がエッセイ、随筆なので読みやすかったです。「全社会」でお話ししてくださる内容の集大成。真面目にいつもちゃんと聞いているはずなのですが 文章にすると読み直しもできるので内容も濃く感じました。インターネット販売への生い立ち。事の始まりは友人との会話の一言。それに挑戦しみようとの思い。まず私にはないしできない事だなあ~が一番最初に感じた事でした。商品を売り出す為の必死さが一文字一文字に感じられました。特に(本物の時代)(女の時代)(IT化)その3点を軸に勉強会参加。講演会の参加。読書による知識。知人に対する食い入る程の聞き込み。全て努力の下になった要因だと思いました。

又 会社の歴史は初めて知る事も多く大変興味を持って読まさせて貰いました。店長、竹虎四代目、同僚の山口さんと共に在職の長い私でも知らなかった物語があった事感じ入りました。そして老舗と言う故の厳しさ、難しさも又教えてくれた著書です。学生時代の悪ガキだった文面は非常に面白かったです。竹虎四代目も「人の子」だったんだと愉快に読ませて貰いました。私の目から見たらマイペースの竹虎四代目にもこんな心の葛藤、紆余曲折があって只一生懸命自分を信じて志してんだと読み終えて思いました。いつも身近に存在してたはずの企業だったのに改めて足元を教えて貰う機会を得た1冊でした。この業績が150年も200年も続く事を祈って感想終わります。



また買いたいと思える商品作りを


本を読んで自分の働く会社の歴史を知り、もっとがんばろうと思いました。入社して2年たったけど知識や技術まだまだですけど、お客様に竹のことや、商品の事で聞かれたら答えるようになりたいと思ったし、商品を作る時はお客様にまた買いたいと思えるような商品作っていけるよう努力していきたいと思いました。



原点を見つめ直す


本書を読んだことで、「竹虎」の成り立ちや歴史、そこに関わった人々について知ることができ、その一員として働く日々の自分の業務がなんのためにあるのかということの見直しになりました。何よりも、深く実感したことは、竹虎の歴史についてです。これまで竹虎四代目のお話や、ホームページに掲載されていることから大まかなことは知っていました。けれども、竹虎一代目の宇三郎氏が大阪から高知に来て虎斑竹を扱うに至るまでの当時の時代背景の中での困難さ、竹虎二代目の戦後の苦労による竹虎の礎、竹虎三代目から見え始めた竹業界の陰りと工場の火事。そして、時代の変化による竹業界の衰退の中での竹虎四代目の奮闘、インターネットとの出会いと成功。実際に竹虎四代目自身によって書かれたそれらの話は鮮明に感じられました。そして、何度も苦難に立たされた竹虎は、ある意味奇跡のような結果の中で、その実それぞれの方々の努力の結果により今の姿があるのだと実感しました。

そのような竹虎の歴史を知る中で、自分に何ができるのか、明確な目標を持って取組続けることが強みとなるのではないかと思います。竹虎一代目のように日本唯一の虎竹を見留め、その可能性を信じて根気よく買い付けを広げたこと、二代目竹虎のように竹の大展示即売所の建設は、私のように後の時代になって結果を知っているわけではない当人方にとっては実現すること自体難しかったのではないのではないでしょうか。竹製品やそれにかかわる人への理解、その行動がもつ可能性がどういったものであるかを分っていたからこそできたことではないかと思います。

また、今でさえ竹製品は生活の中で減少していますが、これまで竹は身近な素材であったことの他、竹製品がむしろ好まれたこともあったということを知ることが出来ました。竹が愛された時代があったのならば、これからも様々な人に好きになってもらえるという証拠だと考えます。私自身、化学製品の道具よりも木や竹などの自然の温かみがある製品が好きです。特に、竹虎に関わるようになってから竹の資源としての有用性を知ってからは、人々の生活の中に竹が増えていけばどれだけ素敵な未来になるだろうと度々考えることがあります。竹製品がまた人々の生活で身近なものになれば、環境にとっても、また将来の日本の生活においても私が見たい将来に近づくのではないのでしょうか。今回の読書で、竹虎に入りたいと思った原点を見つめ直すことが出来ました。

今の私自身でできることは、ネットページを通してお客様が竹の製品について知ってもらうための協力の一部分だけです。それでも、ただ一人でも、ほんの少しでもそれまで竹素材を意識していなかった人がその可能性に気付き近づくことのきっかけになることができるのならば嬉しいと思います。そのために、今はできることを一つ一つこなし、また新たなことを学ぶことで竹虎を通して竹製品を世の中に広めることに役立とうと考えております。



今までにない竹屋にしたい!


戦争が終わってから安和に来てから二代目義治さんとタネ子夫妻でやって今の竹虎があるのだと初めて知りました。初代、二代目、三代目、四代目では今までにない竹屋にしたいのだと思った。お客様にまずは品物をよろこんでもらってから、又ここで品物を買ってくれるように皆でできるかぎりのことをしていきたいと思います。





















竹虎社員の感想文

お客様に喜んで頂くことが一番♪

 
幼い頃から私にとって安和のシンボルだった竹虎の苦難と栄光の一部を垣間見る事が出来たような気がします。竹虎を立て直そうと打開策を模索する竹虎四代目がいたからこそ、今こうやって働かせて頂けている事に感謝しています。インターネットで成功されている方に必死で教えを乞い、誰でも出来る事を誰も出来ないくらいやり続ける四代目の姿に触れ、こんな姿勢で仕事に取り組んだ事があっただろうか?と考えずにはいられません。目の前にあるのは単なるお客様情報という文字の羅列ではないのです。お客様の意向に添える接客をしているだろうか?自分にはまだまだ努力が足らないと痛感しました。

この本を読み終えて思い出したのは「色んなお店で買ってみると良い」という竹虎四代目の言葉です。お礼は勿論の事、疑問点等メールをお送り様々な店舗様の接客の技を盗みたいと思います。

お客様に喜んで頂く、それが一番の願いですから私はもっと言葉のスペシャリストにならなければなりません。無能ではありますが読書は自分への投資という事を忘れず美しい日本語の使い方、時間配分のルール、物の伝え方等を熟読し心ある接客をしていきたいと思います。



難の有る人生は有難い人生

 
ここ数年ずっと、自分の今まで培ってきたこと、そして竹虎四代目として受け継いできた事を後世に残す為の一つの目標として本を書きたいとおっしゃっていた竹虎四代目へ、まずはお喜び申し上げます。 私は三代目の義継社長(現・会長)の代より竹虎で働かせていただいており竹虎四代目が専務として頑張っていた頃も見て来た社員の一人です。なので、この本を読んだ時は「何だ。竹虎四代目がいつも話している事ばかりだな」と言うのが、率直な感想でした。それと同時に竹虎四代目がこんな事を考えていたあの時、私はどうだったか、何を考えていたかが少しずつ甦ってきて、改めて私自身も竹虎の時間の流れの中にいたのだと実感しました。例えばインターネットを始めた時、3年間で300円の竹和紙が1セットだけとの話も実際に聞いたのは随分あとの話で、ある日突然事務所に大きなパソコンが、届いても事務所で使うのかなと思うだけで、まさかその何年か後に竹虎がネット販売主流に切り替わっていくことは夢にも思っていませんでした。

竹虎四代目は以前から良いと思うと後先考えず即実行するタイプなのはこの本を読んでもよく分かると思いますが、もちろんいつも順風満帆の訳もなく、悩んだり停滞する事も多くて、そんな時はジレンマもあったかと思います。正直私もインターネットを始めた当初不安でした。販売員としてたくさんのお客様と触れ合える楽しさや直接聞ける声、現金を手渡しでいただくときの達成感、満足感に比べると、ネット販売やカード決済を物足りなく感じたり、博打の様な浮き沈みの激しい世界という思いが強かったので心配したのも事実です。

竹虎四代目がもがき頑張っていても応援よりも分からない事への不安のほうがあの頃は大きかったのです。なので竹虎四代目は少しずつ売れる事で竹虎四代目も変わっていったとおっしゃています。実際、「売れる」という事はすごく重要で、竹虎四代目も「売れる」には絶対に理由があるとおっしゃています。私も少しずつですが「売れる」の為には、変わっていく事も大切である事や、パソコンの向こうのお客様がリアルのお客様と同様に見えて感じられる様になって、やっと竹虎四代目について行ける様になった気がします。

ある人が「難の無い人生は無難な人生」「難の有る人生は有難い人生」と言っていました。今の竹虎もいろいろな事があったからこそと感謝して、これからもいろいろな人に有難いという気持ちを忘れず、前へ進んで行ける会社になれば良いと思います。



成功と挫折は繰り返し訪れる

 
私は竹虎に入社するまで全く虎竹の事は知りませんでした。それに、この本を読むまで、竹虎が歩んできた道のり、苦労や努力も全く知りませんでした。

傾きかけた会社をなんとかして建て直す為、試行錯誤でインターネットへのチャレンジ。最初は大変な事、先の見えない不安があったと思います。初代、宇三郎の「竹亀」から始まり、二代目義治、三代目義継、四代目義浩と老舗として続けていく為の歴史。そして、自分の代で絶やしてはいけないという思い。土地が無く、周りから冷たい言葉をあびせられても、投げ出さずにやり続けた二代目義治の思いは本当に素晴らしいと感じました。自分に置き換えれば、きっと弱音を吐いて諦めていたかもしれないと思いました。しかし、コツコツ頑張って積み重なれば大きな物になる。そう信じて代々受け継がれ、今の「竹虎」があるのでは無いかと思いました。

大惨事に見舞われた時も、数多くの従業員にかけた言葉、そして、自分がやらなければ。という思いはそう簡単には出ないのではないかと思います。しかし、成功と挫折は繰り返し訪れるのでは無いかと私は思います。成功したからと言ってそれがずっと続くわけではないし、挫折しているから何も出来ないのではない、この本はその事も教えてくれたような気がし
ます。

成功し続ける為には、いつも新しい事にチャレンジし続けなければいけないけれど、その前に必ず、壁にぶつかる。でも、ぶつかったからと言って逃げるのではなく、どう乗り越えるのか、どうしたら超えられるのかを自分だけではなく、周りに相談して助けてもらう必要があると思いました。自分が高校時代に成し遂げた記録も、他の周りから見れば私自身の記録のように見えますが、自分だけでやりとげ、自分だけで成功し、壁が越えられたのではなく、周りの人の助けがあった、そして助けがあるからこそ、あの時、成功出来たし、今の自分がある。と再認識できた本でした。



次を考えて進まなきゃいけない

 
竹虎創業の1894年から、私が入社した2011年まで、何があって竹虎四代目が何をして、どういう想いで今ここまで来たのか…、全社会での話などでしか、知る機会がなかったのですが、今回の本で、今までに何があったのか、紙媒体で読む事ができました。

インターネット販売をはじめる前の事は、竹の需要が、昔と違うというのも確かにあるかもしれないけれども、今と違いすぎて想像できない事ばかりでした。デパートに売り出しで県外に行ったエピドードひとつ聞いても、あぁ、今では絶対できないだろうなと、考えてしまうくらいです。

虎斑竹、ここにある虎竹の里を知ってもらう、全国、世界へ向けてのインターネット販売も数年にして考えると、さほど前の様には思えなかったのに、やってきた事、ぶつかってきたカベはたくさんあったと感じました。だから、これから、3年、5年、10年でインターネットの常識も大きく違ってくるし、その時代の変化によって、自分達も答えなきゃいけない。以前にあった事を記録として残しつつ、その次を考えて進まなきゃいけないんだなと思いました。

竹虎四代目をはじめとする、色んな人の苦労や想いがあるからこそ、今の竹虎がある。そして、自分が毎日仕事に来て、仕事があるのはあたり前の事ではない。それを忘れず、心にとめて、電話やネットの向こうにいるお客様に、商品をお届けしたい。ただ、今の現状に満足せず、今まで変わり続けてきた竹虎の様に、これからも、変えようとして変わっていく事をやめてはいけないなと勉強になりました。



人生は思った通りになる!

 

私は竹虎にweb担当として入社して、今年で4年目になります。こんな事を言うと怒られるかもしれませんが入社した当時はSEOもページ作りのことも何ひとつ分からず、仕事が嫌で仕方ありませんでした。しかし振り返ってみると仕事や竹虎が嫌だったのではなく、何もできない自分自身がただただ嫌なだけだったんだなと思います。それでも今こうして諦めることなく竹虎で頑張れるのは、竹虎四代目が傍で引っ張り続けてくれるからです。「死ぬ気で働いてみいや、死なないから。」「将来はどうなりたい?言ってみい、人生は思った通りになるき。」そう言って、仕事中に何度も何度も前向きな言葉をかけられます。大火災や倒産の危機、著書で語られている以上に大変な思いをされている竹虎四代目の言葉だからこそ、私もそれにパワーをもらえ踏ん張り続けられています。

勤務4年目になる今、竹虎に入社して幸せだと改めて思うのです。そして今年創業121年となる竹虎の歴史に少しでも自分が携われることに、一社員ながら感謝と使命感を感じます。竹虎にはおかげさまで毎日ネットを通して沢山の注文が入ります。3年間で300円、月商16万円だったことは知っていても中々、想像がつきません。それがたった20年前のことです。ネット業界は真剣にやれば良い結果がでる、反対に生半可に手を出せば辛い思いをする、とてもシビアで正直な場所だと考えています。竹虎に毎日お客様の声が届くのは、決して当たり前のことではありません。本当にありがたいことです。竹虎四代目の口癖通り、死ぬ気で働き先人が築いてくれたからこそ、今があります。今を担う私たちも、その覚悟で竹虎を守っていかなければなりません。

竹虎四代目が竹虎四代目として躍進されるように、私はweb担当者として何ができるのか。ページや動画、ちらし作りに写真撮影、メルマガ制作はどれもやりがいがありますし、お客様の反応もいただける本当に楽しい仕事です。ですがそれはあらかじめ竹虎を知っている方だけに届くものかもしれません。先日、初めてインターンシップ説明会に参加させてもらい、人伝ではなく直接学生さんの声を聞かせてもらいました。まだまだ竹細工の良さや竹虎のことを知らない方は多いのです。「竹」を知らない方に竹を届けるためには、既存の仕事だけではなく、意外な接点や繋がりを生み出せるような新しい試みを考えていかなくてはなりません。竹は衣食住、人の生活すべてに携われるものなのですから、可能性は無限です。とさっこタウンをはじめ外部での催しへの参加やフォトコンやエッセイ、デザインコンペなどきっかけは沢山あります。新しい繋がりを見つけどんどん挑戦していく、それがweb担当の仕事でもあります。

著書で強く学んだことは、変わり続けていく精神や諦めずにトライし続ける姿勢が仕事では何より重要だということです。それが自分を生かしも殺しもします。かつて宇三郎が山主ひとりひとりに虎竹の可能性を説いてまわったように、竹虎四代目が死に物狂いで見知らぬネット世界へ飛び込んだように。私もその気持ちを大切に、今後も竹虎で成長し続けていきたいと思います。



毎日が忙しくて活気ある職場に

 
竹虎にお世話になって30年になります。竹虎四代目とは入社が同じです。入社した時には竹虎四代目は工場に、私は店の販売員として入社しました。入社当時は観光バスが1日何台も入ってくれ、毎日が忙しく売上げもありました。県外に出張売出しでもよく売れました。しかし、近くに道の駅が2ヶ所もできてバスが入らなくなり、店の方も大変になりました。

そんな時に竹虎四代目は高知県の西から東へ飛び回りホテルなどに商品を置かせて頂いていましたが、あまり売れませんでした。そんな時にインターネットの勉強をして少しずつ売り上げが上がって、今では毎日が忙しくて活気ある職場になってきました。今では全国、海外のお客様に発送するまでになってきました。インターネットを見て全国の方からもお電話注文もたくさん頂きます。マスコミ関係の方からもお問い合わせ頂き、テレビ・本などにもたくさん紹介して頂くようになりました。

竹虎四代目も毎日多忙です。インターネットをはじめてから一日も欠かさずブログを書いています。朝5時頃から出社し、私達が寝ている時間にブログを書いている事大変尊敬しています。海外、国外出張も多いですが身体に気を付けて益々の活躍願っています。従業員も協力をしますので竹虎四代目も頑張って下さい。



在職の長い私も知らなかった物語

 
書き方がエッセイ、随筆なので読みやすかったです。「全社会」でお話ししてくださる内容の集大成。真面目にいつもちゃんと聞いているはずなのですが 文章にすると読み直しもできるので内容も濃く感じました。インターネット販売への生い立ち。事の始まりは友人との会話の一言。それに挑戦しみようとの思い。まず私にはないしできない事だなあ~が一番最初に感じた事でした。商品を売り出す為の必死さが一文字一文字に感じられました。特に(本物の時代)(女の時代)(IT化)その3点を軸に勉強会参加。講演会の参加。読書による知識。知人に対する食い入る程の聞き込み。全て努力の下になった要因だと思いました。

又 会社の歴史は初めて知る事も多く大変興味を持って読まさせて貰いました。店長、竹虎四代目、同僚の山口さんと共に在職の長い私でも知らなかった物語があった事感じ入りました。そして老舗と言う故の厳しさ、難しさも又教えてくれた著書です。学生時代の悪ガキだった文面は非常に面白かったです。竹虎四代目も「人の子」だったんだと愉快に読ませて貰いました。私の目から見たらマイペースの竹虎四代目にもこんな心の葛藤、紆余曲折があって只一生懸命自分を信じて志してんだと読み終えて思いました。いつも身近に存在してたはずの企業だったのに改めて足元を教えて貰う機会を得た1冊でした。この業績が150年も200年も続く事を祈って感想終わります。



また買いたいと思える商品作りを

 
本を読んで自分の働く会社の歴史を知り、もっとがんばろうと思いました。入社して2年たったけど知識や技術まだまだですけど、お客様に竹のことや、商品の事で聞かれたら答えるようになりたいと思ったし、商品を作る時はお客様にまた買いたいと思えるような商品作っていけるよう努力していきたいと思いました。



原点を見つめ直す

 
本書を読んだことで、「竹虎」の成り立ちや歴史、そこに関わった人々について知ることができ、その一員として働く日々の自分の業務がなんのためにあるのかということの見直しになりました。何よりも、深く実感したことは、竹虎の歴史についてです。これまで竹虎四代目のお話や、ホームページに掲載されていることから大まかなことは知っていました。けれども、竹虎一代目の宇三郎氏が大阪から高知に来て虎斑竹を扱うに至るまでの当時の時代背景の中での困難さ、竹虎二代目の戦後の苦労による竹虎の礎、竹虎三代目から見え始めた竹業界の陰りと工場の火事。そして、時代の変化による竹業界の衰退の中での竹虎四代目の奮闘、インターネットとの出会いと成功。実際に竹虎四代目自身によって書かれたそれらの話は鮮明に感じられました。そして、何度も苦難に立たされた竹虎は、ある意味奇跡のような結果の中で、その実それぞれの方々の努力の結果により今の姿があるのだと実感しました。

そのような竹虎の歴史を知る中で、自分に何ができるのか、明確な目標を持って取組続けることが強みとなるのではないかと思います。竹虎一代目のように日本唯一の虎竹を見留め、その可能性を信じて根気よく買い付けを広げたこと、二代目竹虎のように竹の大展示即売所の建設は、私のように後の時代になって結果を知っているわけではない当人方にとっては実現すること自体難しかったのではないのではないでしょうか。竹製品やそれにかかわる人への理解、その行動がもつ可能性がどういったものであるかを分っていたからこそできたことではないかと思います。

また、今でさえ竹製品は生活の中で減少していますが、これまで竹は身近な素材であったことの他、竹製品がむしろ好まれたこともあったということを知ることが出来ました。竹が愛された時代があったのならば、これからも様々な人に好きになってもらえるという証拠だと考えます。私自身、化学製品の道具よりも木や竹などの自然の温かみがある製品が好きです。特に、竹虎に関わるようになってから竹の資源としての有用性を知ってからは、人々の生活の中に竹が増えていけばどれだけ素敵な未来になるだろうと度々考えることがあります。竹製品がまた人々の生活で身近なものになれば、環境にとっても、また将来の日本の生活においても私が見たい将来に近づくのではないのでしょうか。今回の読書で、竹虎に入りたいと思った原点を見つめ直すことが出来ました。

今の私自身でできることは、ネットページを通してお客様が竹の製品について知ってもらうための協力の一部分だけです。それでも、ただ一人でも、ほんの少しでもそれまで竹素材を意識していなかった人がその可能性に気付き近づくことのきっかけになることができるのならば嬉しいと思います。そのために、今はできることを一つ一つこなし、また新たなことを学ぶことで竹虎を通して竹製品を世の中に広めることに役立とうと考えております。



今までにない竹屋にしたい!

 
戦争が終わってから安和に来てから二代目義治さんとタネ子夫妻でやって今の竹虎があるのだと初めて知りました。初代、二代目、三代目、四代目では今までにない竹屋にしたいのだと思った。お客様にまずは品物をよろこんでもらってから、又ここで品物を買ってくれるように皆でできるかぎりのことをしていきたいと思います。

竹虎社員の感想文



田舎×インターネット×老舗
竹虎四代目への道

商品番号 sa00639
商品説明
田舎×インターネット×老舗、竹虎四代目への道は、創業明治27年の竹屋の四代目として生まれた山岸義浩の物語。一度は倒産に追い込まれながらも、インターネットビジネスに一筋の光を見出します。竹屋をしている、どこの田舎にもいそうな男の想いを綴った一冊です。
詳細情報

竹虎四代目への道

■出版社: 幻冬舎
■単行本(ソフトカバー):170ページ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭温感サポーター
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)