豊かな竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
天然藍染め女下駄

天然藍染め女下駄天然藍染めは夏にまぶしい大好きな色合い。
今回、限定で鼻緒に仕立てて桐下駄にすげてみました。
日本の青



白花小上粉にこだわる
藍師の技



竹皮草履ページの藍住み町写真 藍をつくる

■藍住町

徳島県藍住町はその地名からもわかるように、藍の生産の本場なんです。吉野川の北にひろがる、この一帯に数十軒の藍生産農家があるそうです。

堤防からながめる町は本当にのどかで、美しい景色でした。でも、藍の生産が広まった理由の一つには、藍の収穫が多くなる季節の前ということで、この吉野川の水害も要因としてあるとの事です。






竹皮草履藍染めページの藍の寝床 ■藍生産農家さんを訪ねて
この生産農家さんは、なんと十九代目!竹虎四代目も藍だけに真っ青という感じなんです。

しかも 卓越技能者、現代の名工、無形文化財の藍師として活躍されているんですが偶然出演していたラジオ番組を自分が聞いていたこともあり、話が弾みます。

その中でもまず、すごいと感じたのは「白花小上粉」。これはシロバナコジョウコと読むんですが藍の品種のひとつです。
藍染の原料の白花小上粉の花
藍と一口にいっても色々な品種があるそうなんです。他の種類や雑種は扱いやすく、収量もおおいものもあるそうなんですが、ここの農家さんでは


色素の質がちがう
と頑としてこの白花小上粉にこだわっています。



■すくもの製造
6~8月にかけてに収穫した葉藍を細かく切って乾燥させて
「寝せ込み」まで保管します。

寝せ込みをさせる寝床にも、その建物にも藍を大切に「育てる」工夫が
いっぱいで先人の知恵と藍えの熱い思いがストレートに伝わってきました。

寝床のある建物
■寝床のある建物。




藍染めを作るため、水へのこだわり  
水打ち回数(竹皮草履天然藍染め)  
寝床で藍を山積みしながら水を打ちます。
4~5日もすると発酵で摂氏65~70度もの高温となり目もあけられないくらいのアンモニア臭が立ちこめます。

水打ちを管理するひとの事を「水師」といって長年の経験がいるそうなんですが、写真の桶をつかって井戸水を使います。


水道水は薬品が入とるでぇ

…しびれました。
この水打ちのために井戸を5つ堀ったそうです。
昔は20メートル掘れば出ていた水がダムなどのせいでしょうか、現在80メートル掘るそうですから、凄いとしかいいようのない水へのこだわりです。


生きている藍(竹皮草履天然藍染め)熱いんです。生きているんです。

感動しました。
寝床につまれた藍の葉の事を一床というそうですが、
その一床が万遍なく発酵するように20回ほど水を打ったりしながら移動させるそうです。

この重労働を「切り返し」といい何と100日もつづくんですけれど、この間藍はずっと発酵を続けてるんです。床につまれた藍の熱さにふれてそう実感しました。



藍の葉(竹皮草履天然藍染め)生産農家の方が藍の葉をすこし手にのせてくれました。葉を発酵させることは紅茶とかと同じですから見た目もよく似ています。

その年にツバメをはじめて見たら…、あのイチョウの木の葉が全部いろづいたら…等々。仕事のサイクルは常にまわりの自然とともにあるんです。

10歳のころからこの仕事をしているご主人さんとお話していると藍といっしょにというだけでなく自然といっしょに生きているっていう感じを強く受けました。



飾られている御神酒(竹皮草履藍染め) 藍の葉は発酵を経て染料つまり「すくも」となります。すくもは、俵づめされ出荷を待ちます。

歴史を感じさせる敷地内は非常にきれいに清掃がいきとどいて少し神々しさを感じるほどでした。それを象徴するかのように床には、御神酒が飾られていました。


■すくも製造の職人さんたち



深く濃い藍染めの探求~天然灰汁発酵建て
染め師の技


白花小上花にこだわった藍師佐藤家の屋号「かくいち」が印字された俵
かくいち
■佐藤家のすくも 「かくいち」
白花小上粉にこだわった藍師佐藤家の屋号「かくいち」が
印字された俵をまずよく踏んですくもをほぐしていきます。
タライに出して1日風を通しておきます。
すくもをタライに出して1日中風を通しておきます。俵を踏んですくもをほぐす作業(竹皮草履天然藍染め)



竹皮草履藍染めを作る染め師の手が語る




愛染明王がお祭りされている神棚
藍建て
竹皮草履藍染めの職人の聖域
■御神酒(おみき)
神棚には「愛」と「藍」をかけて愛染明王がお祀りされています。藍建ての際に入れるお酒はこの御神酒を使います。
灰汁とすくもを入れて仕込む作業(竹皮天然藍染め)
75度のお湯を加える作業(竹皮草履天然藍染め)
■仕込み
一瓶に60リットルの灰汁とすくもを入れて仕込みをします。すくもを溶けやすくするために75度のお湯を加えるなど最初の仕込みだけで夏場で1週間、冬場だと10日もかかる工程です。





深く濃い藍染めの探求


藍染めは藍の葉ですべてが決まる



染め色にこだわる(竹皮草履藍染め) ■藍の華
藍は生き物だと言います。毎日、毎日3時間おきにかくはん作業を続けて藍の華の出来具合を確認し、染めを見極めます。


■染め色にこだわる
染めあげた出来や色合いが違うとかたくなに昔ながらの染めを守ります。苛性ソーダやぶどう糖などは使わず、頑なまでに灰汁と石灰だけ。

天然繊維にしか染まらない藍染め



染め
■天然繊維だけ
防虫、防臭、保温、保湿の効果があるという藍染め。
でも 「化繊は染まらない」自然のものだからか天然繊維しかそまらないと言います。



藍染めの初染め



藍染めは口に入れても大丈夫


藍染めは地下水にこだわっています 水道の水は塩素のニオイがつくからと地下水にこだわっています。
きれいで豊かな水があってこそのこだわりの仕事。



染め上がると藍のいい香りがしますよ


えっ?藍の香り…?

奥の深さに感心するばかりです。

合計24回も染めを繰り返して染め上げられた生地



鼻緒、前ツボの足に当たる部分にはフェルトを使用しています。
前ツボ部分


台は桐材天然藍染め女下駄の裏面
■桐材を使用
この下駄は桐材を使い「焼き磨き」という技法で製造されています。木肌のやさしさや
足入れの感触、足触りを大切にしていますので、あえて塗装をせずツヤだしワックス
で仕上げています。塗装ではだせない高級な質感と深い味わいがございますが、多
少の色落ちがある場合がありますのでご了解ください。
お手入れは乾拭きで結構です。



大切な方の贈り物に有料ラッピング
手書きメッセージ



熨斗をお付け致します
お中元やお歳暮、内祝など熨斗を無料でお付けいたします。熨斗をご希望のお客様はご注文の際に「お支払方法選択」ページの下にあります通信欄より表書きとお名前をお知らせ下さいませ。
熨斗の種類
表書きにご記入頂きましたご用途に合わせて熟練スタッフが熨斗をお付けします。詳しい熨斗の種類につきましては、下記をご覧下さいませ。

熨斗対応について >>>



天然藍染め女下駄







天然藍染めは夏にまぶしい大好きな色合い。
今回、限定で鼻緒に仕立てて桐下駄にすげてみました。









徳島県藍住町はその地名からもわかるように、藍の生産の本場なんです。吉野川の北にひろがる、この一帯に数十軒の藍生産農家があるそうです。堤防からながめる町は本当にのどかで、美しい景色でした。でも、藍の生産が広まった理由の一つには、藍の収穫が多くなる季節の前ということで、この吉野川の水害も要因としてあるとの事です。



この生産農家さんは、なんと十九代目!竹虎四代目も藍だけに真っ青という感じなんです。しかも 卓越技能者、現代の名工、無形文化財の藍師として活躍されているんですが偶然出演していたラジオ番組を自分が聞いていたこともあり、話が弾みます。その中でもまず、すごいと感じたのは「白花小上粉」。これはシロバナコジョウコと読むんですが藍の品種のひとつです。



藍と一口にいっても色々な品種があるそうなんです。他の種類や雑種は扱いやすく、収量もおおいものもあるそうなんですが、ここの農家さんでは「色素の質がちがう」と頑としてこの白花小上粉にこだわっています。



6~8月にかけてに収穫した葉藍を細かく切って乾燥させて「寝せ込み」まで保管します。寝せ込みをさせる寝床にも、その建物にも藍を大切に「育てる」工夫がいっぱいで先人の知恵と藍えの熱い思いがストレートに伝わってきました。




寝床で藍を山積みしながら水を打ちます。4~5日もすると発酵で摂氏65~70度もの高温となり目もあけられないくらいのアンモニア臭が立ちこめます。水打ちを管理するひとの事を「水師」といって長年の経験がいるそうなんですが、写真の桶をつかって井戸水を使います。



…しびれました。この水打ちのために井戸を5つ堀ったそうです。昔は20メートル掘れば出ていた水がダムなどのせいでしょうか、現在80メートル掘るそうですから、凄いとしかいいようのない水へのこだわりです。



感動しました。寝床につまれた藍の葉の事を一床というそうですが、その一床が万遍なく発酵するように20回ほど水を打ったりしながら移動させるそうです。この重労働を「切り返し」といい何と100日もつづくんですけれど、この間藍はずっと発酵を続けてるんです。床につまれた藍の熱さにふれてそう実感しました。

生産農家の方が藍の葉をすこし手にのせてくれました。葉を発酵させることは紅茶とかと同じですから見た目もよく似ています。その年にツバメをはじめて見たら…、あのイチョウの木の葉が全部いろづいたら…等々。仕事のサイクルは常にまわりの自然とともにあるんです。10歳のころからこの仕事をしているご主人さんとお話していると藍といっしょにというだけでなく自然といっしょに生きているっていう感じを強く受けました。

藍の葉は発酵を経て染料つまり「すくも」となります。すくもは、俵づめされ出荷を待ちます。 歴史を感じさせる敷地内は非常にきれいに清掃がいきとどいて少し神々しさを感じるほどでした。それを象徴するかのように床には、御神酒が飾られていました。











白花小上粉にこだわった藍師佐藤家の屋号「かくいち」が印字された俵をまずよく踏んですくもをほぐしていきます。タライに出して1日風を通しておきます。















藍は生き物だと言います。毎日、毎日3時間おきにかくはん作業を続けて藍の華の出来具合を確認し、染めを見極めます。



染めあげた出来や色合いが違うとかたくなに昔ながらの染めを守ります。苛性ソーダやぶどう糖などは使わず、頑なまでに灰汁と石灰だけ。



防虫、防臭、保温、保湿の効果があるという藍染め。でも「化繊は染まらない」自然のものだからか天然繊維しかそまらないと言います。








ウチは昔ながらの染め方。人にも生地にもやさしいから素手でも触れる、何回も染めて濃い色に仕上げられる。
真っ青に染まった指を口にいれてニコリ。
驚きました。なるほどこれなら安心。





水道の水は塩素のニオイがつくからと地下水にこだわっています。きれいで豊かな水があってこそのこだわりの仕事。


深く濃い天然藍染め、それがどんなに大変なことか初めて知りました。1日に12回、室内干しをはさんであと1日何と…









底面にはEVAスポンジを張ってあるから音も静かで疲れにくいのです。


この下駄は桐材を使い「焼き磨き」という技法で製造されています。木肌のやさしさや、足入れの感触、足触りを大切にしていますので、あえて塗装をせずツヤだしワックスで仕上げています。塗装ではだせない高級な質感と深い味わいがございますが、多少の色落ちがある場合がありますのでご了解ください。お手入れは乾拭きで結構です。





大切な方への贈り物や、親しい方、海外へのギフト、お土産等にもご好評頂いております。ご希望により、日本唯一の虎竹をあしらったオリジナル包装紙での有料ラッピングを200円(税抜)で承ります。


感謝やお祝いのメッセージがありましたら、心をこめて竹虎スタッフが代筆させて頂きます。ご希望の場合はご注文画面の「通信欄」にてご用命下さい。 ※ご用命のない場合にはメッセージはお付けしません。便箋はその時々で変わります。







天然藍染め女下駄 24cm

商品番号 zo00192
販売価格 ¥ 4,800 消費税込 ¥ 5,280
商品説明
天然藍染め鼻緒をつけた桐下駄。夏にまぶしいジャパンブルーは大好きな色合い。今回、限定で鼻緒に仕立てて桐下駄にすげてみました。
詳細情報

天然藍染め女下駄(げた/ゲタ)

■サイズ:約24×幅8.2×高さ4cm
■重さ:約300g
■素材:桐材、天然藍
■原産国:日本製・国産

※天然藍染めの為、こすれや水濡れ等で色落ちする場合があります。

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 名人作 真竹しなり耳かき
  • 虎竹四ツ目弁当箱
  • 虎竹茶
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)