虎竹のある暮らし
 0889-42-3201 平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)
七島藺渦巻円座 65センチは、大分県の国東半島でのみ収穫される希少な植物で作った自然素材のクッションです。 七島藺渦巻円座 65センチ

七島藺渦巻円座

七島藺(しちとうい)を畳一畳分も使って製作された七島藺渦巻円座です。「わろうだ」とも呼ばれ奈良時代からの歴史ある円座は、い草をはじめ藁や蒲、菅などでも作られてきましたが、七島藺製は国産円座の最高峰のように思います。

七島藺渦巻円座 65センチ

くつろぎ時間の演出

抜群の耐久性を誇る七島藺をふっくらとした渦巻状に編み上げています。見た目にも圧巻の迫力ですが、座ってみるとしっかりとした質感の中に適度な弾力があり、長時間くつろぐには最高の円座です。

希少な七島藺

七島藺(しちとうい)と聞くとご存じない方も多いですが、元々は琉球畳とはこの七島藺を畳床に縫い付けたものを言っていました。い草に比べて曲疲労強度、摩耗強度が5~6倍もあり、2倍以上の耐焦性があることから東京オリンピックまでは柔道畳として各地で使われていました。また、囲炉裏のある東北や北陸の農家でも広く愛用されてきた素材です。

七島藺の工房と職人

七島藺も、い草と同じように大変な労力をかけて生産されています。畳表の材料として使われる植物ですが、い草のようにイグサ科ではなく、江戸時代以前より琉球や薩摩で栽培されていたカヤツリグサ科の植物です。大分県の国東(くにさき)半島で350年という歴史を持ち、昭和の中頃までは全国に出荷され庶民の暮らしを支えてきました。しかし七島藺の一本一本の断面が三角形となっているため、い草のように栽培や製織の機械化することができず手間がかかり、現在では10軒足らずの農家さんが栽培するだけになっています。

七島藺円座

い草農家の思い出

七島藺を使う工房にお伺いすると、その香に幼い頃のい草の工房の記憶が強烈に蘇ってきました。母の実家はい草栽培をしていて、夏のうだるような暑さの中、刈り入れして乾燥される山のようない草、工場に入るとむせ返るほどの香り、泥の乾いた色、数台の機械から絶え間なく聞こえてくる大きな音…これが畳になるのか?不思議に思い眺めていました。

七島藺渦巻円座 65センチの縁部分とひっかける紐

縁かがりと飾り紐

縁かがりも丁寧に仕上げられています。飾り紐が取り付けられています、こちらが円座としてご使用される場合に後ろ側となります。

七島藺渦巻円座 65センチの編み

七島藺渦巻円座の表裏

七島藺渦巻円座には表裏があります、ふっくらと盛り上がって編まれた方が表です。独特の感触をお楽しみいただけます。

七島藺渦巻円座 65センチ 七島藺渦巻円座 65センチのサイズ

サイズ

天然素材を手作りしておりますので、形や色目、大きさが写真と若干違う場合があります。

※暑く湿気の多い時期にはカビにご注意ください。カビが発生した場合には掃除機で吸い取るか、雑巾で乾拭きして風通しの良いところで陰干ししてください。
製作時には素材に水分を含ませますので、毎年湿度の高い6月~9月までは品質管理のため製作できません。

七島藺渦巻円座 65センチ
七島藺渦巻円座 65センチ

七島藺を畳一畳分を使い製作された
七島藺渦巻円座 65センチ

商品番号 in00099
商品説明
七島藺渦巻円座 65センチは、大分県の国東半島でのみ収穫される希少な植物で作った自然素材のクッションです。畳一畳分の七島藺(しちとうい)を使いふっくらと編まれた大きな円座は大迫力。摩耗や火に強く、耐久性が非常に高い敷物です。
詳細情報

七島藺渦巻円座 65センチ

■サイズ:約直径65×H6cm
■重さ:約3.2kg
■素材:七島藺
■原産国:日本製・国産

関連商品

前へ
次へ

竹虎のおすすめ商品

商品メニュー

  • 調湿竹炭パック
  • 竹炭温感サポーター
  • 竹炭パウダー(15ミクロン)80g
  • 竹炭パウダーの効果と使い方(レシピ)
  • 竹ライフ
  • 竹炭の効果と使い方
  • 竹ライフ
  • LINE連携,300ポイントプレゼント
  • たけまが無料登録
  • 竹虎倶楽部
  • インターンシップ
  • 求人募集<竹虎>
  • 会社概要(The company explanation)
  • Tiger Bamboo's New Yorker bag
  • 第11回世界竹会議

なんでもお気軽にお問い合わせください。

 0889-42-3201(代)
平日 9:00〜17:30(土・日曜定休)